ブログ『クードゥーって知ってる~靴&ベルトでオーダー開始』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
いきなりですが皆さんクードゥーって生き物ご存知ですか?
BROSENTでは貴重なクードゥーのスエードを使った靴やベルトのオーダーを開始いたします!


まずクードゥーの説明からしていきましょう。
クードゥーは東アフリカ~東アフリカに生息するウシ科の生物でグルグルと巻いたような角と、縞のあるボディが特徴です。
一見鹿に見えますがれっきとした牛さんです。
体長は190~250cmと言うことなので、結構大きいようです。

b0365069_19285278.jpg
角がカッコ良いですね。
サッカーのワードカップ南アフリカ大会で『ブォ~』と言う音で有名になったブブゼラは元々この角で作った物だそうです。

話は変わりますが皆さんが履いている革靴に使っている牛革ってどんな牛の物かご存知ですか?
実はほとんど肉牛が使われています。
つまり養殖なんですね。
それでも生きている訳ですからところどころ傷が出来てしまいます。
ところがこのクードゥーはほぼ野生。
表側は結構傷入りまくりです( ゚Д゚)
まぁそれが雰囲気でもあるのですが。。。
ところがひっくり返してスエードにすると。。。これがまた素晴らしい!

b0365069_19292264.jpg

タンナーであるイギリスのCharles F Stead社の公式サイトによると、現在BROSENTでオーダーできるREPELLO CALFの厚みが1.2~2.0mmとなっていますが、こちらのクードゥーは1.4~2.2mmもあります。
店舗にサンプルがございますが、かなり厚い感じがします。

b0365069_19294381.jpg

しかもREPELLO CALFに比べるとかなり柔らかいです。
さてここで皆さんに質問です。
靴にとっての『良い革』とはどんな革でしょうか?

正解は『きめ細かく柔らかい、且つ厚みがある革』です。
きめ細かく=見た目が良い、柔らかい=履き心地が良い、厚みがある=長持ちする、と言うことですね。
この条件で言うとクードゥーのスエードは『良い革』と言えるのです!

こちらのクードゥーのスエード、正式名称クードゥーリバースの靴、ベルトのオーダーが出来るようになりました!
カラーはブラック、ダークブラウン、グリーン、ブルー、グレーの計5色。
最近では年間を通して履ける人気のスエードですが、日本には動物園にもいないと言われる貴重なこのクードゥーで他と差をつけてみませんか!?

≪価格≫
靴   オプション料金なし(!)
ベルト 基本価格+2,000円(税抜)

[PR]
by brosent | 2017-09-17 19:32 | 革靴