ブログ『茶靴のススメ~どんな色でも出来ちゃいます』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
だいぶ暖かくなってきました。
もうすぐ春ですね。
暖かくなると洋服も軽い感じの物が増えてくると思います。
そうなると茶靴の出番です!
ご存知BROSENTのフリーカラーシステムを使えばどんな茶色でも出来ちゃいますよ!!


『デザインは良いんだけど、もう少し茶色が濃ければな~。。。』とか、『もう少し赤っぽいのがあれば良いのに。。。』という経験はありませんか?
BROSENTなら好みのデザインを好みの色でお作りすることが可能です。
雑誌の切り抜きや、ネットで見つけたものをプリントアウトして持って来ていただいてもOKです。
もちろん店頭には様々な色見本をご用意しているので、そちらから選んで頂いても構いません。
今回は店頭にある色見本、BROSENTのオリジナルカラーを茶系に絞り込んでご紹介致します。

まず茶系は赤が入っていないものと入っているものに分けられます。
前者は所謂ダークブラウンとかミディアムブラウンと呼ばれる仲間です。
比較的落ち着いた雰囲気が特徴です。

b0365069_19040478.jpg

一方後者はバーガンディとかボルドー、日本では赤茶と呼ばれています。
若干華やかな雰囲気となります。

b0365069_19050506.jpg

まず前者から見ていきましょう。

b0365069_19060322.jpg


その名もTraditional Brown(トラディショナルブラウン)。
所謂ダークブラウンです。
濃い茶色はどんな色の服にも合わせやすいので、最初の1足にお勧めです。


b0365069_19065137.jpg

色名はMarble Chocolate(マーブルチョコレート)。
ダークブラウンとミディアムブラウンの中間あたりでしょうか?
比較的古いオリジナルカラーですが、常に人気上位を保っているBROSENTの定番色です。


b0365069_19071571.jpg

色名はSunset Brown(サンセットブラウン)。
所謂ミディアムブラウンです。
ミディアムブラウンはそれこそ多種多様に有りますが、こちらはややオレンジがかった色味が特徴です。


b0365069_19073254.jpg

茶系の最後はライトブラウン、その名もHoney Masterd(ハニーマスタード)。
メンテナンス次第で経年変化を楽しめるカラーだと思います。

続いては赤茶系を見てみましょう。


b0365069_19080817.jpg

BROSENTの赤茶系で一番濃いのがこちらのDeep Purple(ディープパープル)です。
かなり濃いのであまり派手さはありません。
グレーなんかと合わせるとカッコ良いと思います。


b0365069_19082809.jpg

続いてはClassic Bordeaux(クラシックボルドー)。
『ALDEN(オールデン)のNo.8っぽい色が欲しい』と言うご要望から生まれた比較的新しいカラーです。
濃い目の赤茶で使いやすい色味です。


b0365069_19090005.jpg


ミディアムブラウンに赤を入れた感じのこちらはAmerican Cherry(アメリカンチェリー)と言います。
クラシック感は薄れますが、軽快な感じがするので春夏には重宝しそうです。


b0365069_19092991.jpg

もちろんズバリ赤も可能です。
色名はHot Red(ホットレッド)。
赤は茶系と同じ系統の色合わせが可能です。
意外と人気があるんですよ!
赤の良い靴って意外と無いので。。。


とBROSENTのオリジナルカラーを見ていただきましたが、このサンプルを見て『もう少し濃く(薄く)』とか、『もう少し赤みを強く(弱く)』といったご注文も可能です!

好みの靴を好みの色で!BROSENTのフリーカラーシステムを是非一度ご経験ください!!



[PR]
by brosent | 2017-12-07 19:09 | オーダー靴