コラム『ウィングチップのお話~革靴界のつばさ君』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こんにちは。。。BROSENTの清水です。。。

メンズシューズにはいくつかの定番デザインが存在します。
プレーントゥ、ストレートチップ、ウィングチップ、ユーチップ、モンクストラップと言ったところでしょうか?
今回はその中の一つウィングチップについてお話したいと思います。

b0365069_18334352.jpg
靴の興味を覚えた中学生のころ、REGALのウィングチップに憧れたものです。
当時は今ほどファッション誌が多くなく、ましてやネットもない時代。
情報はごく僅かでしたが、靴屋さんの高級ゾーンに飾られているその靴がとてもまぶしく見えたものです。
紳士靴のデザインの中で最も華やかなデザインと言っても良いのではないでしょうか?


さてその華やかなデザイン、ウィングは機能ありきのデザインだったことはご存知ですか?
19世紀頃から一般的に履かれるようになったようですが、元々は狩猟などのを歩くために開発されたデザインでした。
デザインを形成するギザギザや穴飾りは水はけを良くするための意匠です。
今でいうトレッキングブーツの役割ですね。
狩猟や釣りなどアウトドアでもジャケットを羽織っていた時代ですから、足元も革靴になる訳です。
そんなハードなウィングチップですが、現在ではスーツやジャケットスタイルは下より、カジュアルスタイルなど幅広いスタイルの中で利用されています。

b0365069_18344063.jpg
歴史に続いてはその名称についてです。
日本ではウィングチップの名で通ったこのデザインですが、海外では通じません。
海外ではフルブローグ、ブローグなどと呼びます。
内羽根ならフルブローグ・オックスフォード、外羽根ならフルブローグ・ダービー、と言った具合です。
海外でお買い物をする際はお気を付けください。

因み日本の職人さんたちは『おかめ』と呼びます。
『おかめ』の額の形が似ていためそう呼んでいます。

b0365069_18350982.jpg
このウイングチップの中でも様々なバリエーションが存在します。
まずはサイドのデザインが特徴的なこちら。。。

b0365069_18353298.jpg
ウィングのサイドが後方まで伸びたデザインで、通称ロングウィングと呼ばれます。
サドルシューズと並びアメリカントラッドの代名詞とも言えるデザインだけに、アメリカ靴に多く見られます。

続いてはこちら。。。

b0365069_18355272.jpg
穴飾りなどの装飾を全て取ったデザインで、ブラインドブローグと呼ばれます。
ブラインド=、見えない、と言う意味です。
中にはウィングをパターンではなくステッチのみで形成したものもあり、イミテーションブローグなどとも呼ばれています。
すっきりとした印象で、よりモダンな雰囲気となります。
幅広い用途に使えるのでもう少し広まっても良いんじゃないかな~、と個人的には思っています。

続いてはこちら。。。

b0365069_18361303.jpg
ウィングが短いのでショートウィングと呼ばれています。
日本はおろか海外でもあまり一般的なデザインではありませんが、主にビスポークなど高級靴と言われるブランドで見ることが出来ます。
靴好きなら是非持っていたい、通好みの1足です。
BROSENTでも人気のあるデザインとなっています。

最後はこちら。。。

b0365069_18363283.jpg
正確にはウィングとは言いませんが、その亜種と言うことで。
トゥのデザインがダイヤの形をしていることからダイヤモンドチップキャップと呼びます。
ウィングの進化版かと思いますが、より洗練された印象です。
BROSENTの二人も大好きで、自分たちが履く靴もまずはこのデザインで作りました。
オーダー数もBROSENTオリジナルデザインのVickey(=スライドキャップトゥ)とJoan(=ローファー)と並んでトップクラスのデザインです。
問答無用でかっこいい!と思います、私は!

如何でしたでしょうか?
ウィングと言っても色々あるのがお分かり出来たでしょうか?
BROSENTでは様々なウィングチップをお作りすることが出来るので、是非お気に入りの1足を見つけてみて下さい!


[PR]
by brosent | 2017-02-07 18:36 | 革靴