人気ブログランキング |

コラム『私と世界の靴vol.6~スプリング・ライン(英)』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは。。。BROSENTの清水です。
靴を作るための型の事をラスト、日本では木型と言います。
靴はラストでほぼ勝負が決まると言っても過言ではありません。
見た目だけでなく、フィッティングの特徴もこのラストで決まります。
イギリスの靴の聖地と言われるノーザンプトン、そこにある多くのメーカーが同じラストメーカーにラストを発注しているってご存知でしたか?
それが今回の主役スプリング・ライン社です。


本間『へ~、それは知らなかったですね~』
清水『だろ?かなりの通でも知らないと思うぞ、多分』
本間『ですね~。で何しに行ったんですか?』
清水『ラスト屋にラスト作りに行かないで何しに行くんだよ?』
本間『え!?そんなとこにまでラスト作りに行ったんですか?』
清水『そう。もちろんオリジナル商品のじゃないよ。当時トリッカーズのドレスをやりたかったんだけど、どうしても純正のラストが気に入らないって言うんじゃないな、癖が強すぎると思えて、一から作れないかと思ったことがあってさ』
本間『また我儘言いますね~』
清水『ラストに拘らなくなったら靴屋辞めるよ、俺』
本間『普段から「ラストが一番大事」って言ってますもんね』
清水『で、連れていかれたのがスプリング・ライン』

b0365069_19332225.jpg
清水『残念ながら外観の写真は無いんだけど、流石に中はラストだらけだったよ』
本間『で、出来たんですか?ラスト?』
清水『時間かかったけどね~!ヒール・トゥ・ウェイスト(踵から土踏まずまで)を細くするってのが今ほど当たり前じゃなかったから、「何でそんなことすんだ?」「この位か?」とかやってたら半年かかった。。。(-_-;)』
本間『執念ですね』
清水『そこだけは手を抜けないからな。で、出来たのがこちら』

b0365069_19341046.jpg
本間『お~!』
清水『ヒールを小さくしてウェストを絞り込み、捻った感じのラストって海外でもごく一部の高級メーカーしかやってなかったから、当時としては画期的な既成靴だったと思うよ』

清水『あと関係ないけど、さすがUK!ポール・マッカートニーの個人ラストが置いてあったよ。ほら』

b0365069_19343749.jpg
本間『尖ってますね~!衣装ですかね?』
清水『そうじゃない?ウェスタンみたいな感じじゃない、ラストだけ見ると』
本間『ですね。凄いっすね~。他に有名人のラストと見たことあります?』
清水『何件かあるよ。ここじゃないけど、チャールズ皇太子でしょ、ロロピアーナさんでしょ、あとエトロさんとか。。。写真あったかな~。。。探しとくわ。最後にもらったお土産で今回はお終い』

b0365069_19350901.jpg
本間『今回のスプリング・ラインは如何でしたか?ラスト魔人清水を垣間見ることは出来ましたか?次回はどこでしょうね?お楽しみに!』



by brosent | 2017-03-09 19:35 | 革靴