人気ブログランキング |

コラム『私と世界の靴vol.8~エドワード・マイヤー(独)』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは。。。BROSENTの清水です。
私が前の会社に入社した当時、当時ノーザンプトン最古と言われたロータスと言うブランドを扱っていました。
記憶が正しければ1818年だか1819年だったかと思います。
そのロータスは惜しくも無くなり、現在の最古は1829年のトリッカーズでしょうか。
しかし世界は広い!1596年(日本で言うと豊臣秀吉とかの時代です!)創業のメーカーが存在します!
それが今回の主役ドイツ・ミュンヘンに拠点を構えるエドワード・マイヤーです。


本間『メチャメチャ古いですね~!』
清水『そうね。それだけで怯むね。。。20代だかなんか遡れるらしいよ、ご先祖。サーだし、サー』
本間『グッドイヤー製法ってそんな昔からありました?』
清水『ないね。グッドイヤーの歴史はせいぜい150年くらいだから。当時のファッションはほとんど誂えだったんじゃない?ビスポークなんて概念さえ無かったと思うよ』
本間『桁外れですね』
清水『そう桁外れ』

b0365069_18032763.jpg
本間『靴好きの間では知られたメーカーですけど、何でまたマイヤーをやろうと思ったんですか?』
清水『ちょっとオーソペディックに興味があった時期があって。。。
本間『オーソペディック?』
清水『オーソペディックって直訳すると「整形外科の」みたいな意味なんだけど、矯正靴のことをオーソペディックシューズって言うんだ』
本間『へ~』
清水『で、その元祖、みたいな事をどこかで聞いて是非やってみたいと』
本間『でも当時既に日本に入ってましたよね、マイヤー』
清水『そう。でもあれは既製のラインで、製法は某イギリスメーカー製なんだよ。俺がやりたかったのは、ハンドソーン製法の上級ライン・レッドタンていうコレクションだったんだ』
本間『出た!マニアック!』
清水『で、本店まで乗り込んでいった訳』
本間『どうでした?お店』

b0365069_18034025.jpg
b0365069_18034510.jpg

清水『重厚そのものだね。何と言ってもバイエルン王朝ご用達様だから!現在の店舗はこの当時から移転したらしいけど』
本間『何か凄く高そうですね。。。』
清水『高いね。でもミュンヘンって街中にガチで民族衣装着た人がいたりして、街自体が歴史的な感じがするんだよね。高くても本当に良い物を、っていう気質があるんだと思う。昔の後輩だった奴でミュンヘンでビスポークやってる奴がいるんだけど、その辺も関係してるんじゃないかな?聞いたことないけど。。。』

b0365069_18040777.jpg
本間『へ~』
清水『展示してある靴なんかもビッキビキにポリッシュ掛けてあるし、入りにくいんだけど、店員さんは女性でフレンドリーだったよ』

b0365069_18042612.jpg
清水『靴はこの辺で』
本間『終わり?』
清水『靴はね。本間オクトーバーフェスタって知ってる?』
本間『有名なビール祭りですね?』
清水『そう!毎年600万人以上が集まると言われている世界最大のビール祭り!行ったよ~』
本間『行ったんすか!?どの位飲めました!?』』
清水『あれどの位入るのかな~?4リットルはいったはずだ!腹いっぱいになったんで後はワイン飲んでた』
本間『まぁまぁいきましたね!』
清水『とにかく凄い人でさ!マイヤー卿のゲストってことで、一般人が入れないパビリオンだったんだけど、凄いね、ゲルマン人、飲むと』
本間『どう凄いんですか?』
清水『普段は真面目なんだけど、飲むと歌うわ、立つわの大騒ぎ!』

b0365069_18090421.jpg
清水『ま、俺たちは一応仕事で行ってるし、おとなしく飲んでたけどね』
本間『ですよね~』

b0365069_18095042.jpg
清水『しかしな~』
本間『はい?』
清水『トイレの便器が異常に高いんだよな~。。。ドイツ。。。』
本間『はぁ。。。』

本間『締まりのない終わり方でしたが如何でしたか?有名じゃなくても良い靴って世界中にあるんですね?さて、次回はどこでしょう?お楽しみに!』



by brosent | 2017-04-03 18:13 | 革靴