コラム『私と世界の靴vol.16~パリの靴事情』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
連載企画『私と世界の靴』も第16回を迎えました!
現在最長記録更新中です!!
今回は趣向を変えてフランスはパリの靴事情のお話をしたいと思います。
興味があったらお付き合いください。


b0365069_17010962.jpg

本間『終わってなかったんですか!?この企画!?』
清水『終わってねぇよ。まぁ実際の所ネタが尽きかけてるのは事実だけどな(-_-;)』
本間『イギリスからスペイン、ポルトガル、イタリア、終いには東欧まで行きましたからね~』
清水『基本的にメーカーさんと商談しに行ってるからな。ご紹介用の写真なんて意識してなかったし。。。よく粘ってる方だと思うぞ』
本間『そうですね~。でもこの企画意外と人気あるんでもう少し何とかして下さい!僕もコラム書かないで楽だし』
清水『。。。でも20回は厳しいかな~。。。』
本間『頑張れ!おじさん!』
清水『。。。』

清水『じゃあ始めてみようか。今回はフランスのパリです!』
本間『お!メーカーじゃないんですね?パリですか?シャレオツな感じしますね』
清水『確かにね~。あらゆる意味でパリってお洒落にイメージだよね。歴史、建物、ファッション。。。ただ靴となると?』
本間『イギリス、イタリアですかね、やっぱり』
清水『そうなんだよ。前にも触れたかもしれないけど、イタリアの靴の歴史ってイギリスの下請けから始まってるんだけど、独自の感性のせいか今やイギリスに並ぶ靴の本場みたいな立場になってるでしょ?でもねぇフランスはイギリスとはまた違った独自の靴文化があるんだよ。イギリスとフランス仲悪いから独自なのかな~、とか思ったりして』
本間『へ~』
清水『実際俺が見た街で一番革靴のレベルが高いのパリだと思うよ。流行を生み出す力だとか、革靴を履いてる人の割合も多いし』
本間『そうなんですか!?意外ですね。ロンドンとかかと思いましたよ』
清水『ロンドンは若い人はスニーカーが多いよ。昔マーチンとか流行ってた時は結構革靴履いてたけど』
本間『盲点でした。そう言えばファマコとかサフィールなんかもフランス製ですもんね~。。。そうなのかも』
清水『だからそうだって言ってるだろうが!では見てみよう』

清水『本間,、フランス靴で好きな靴は?』
本間『コルテですかね~』
清水『俺も好きだな、コルテ』


b0365069_17014231.jpg
清水『何と言っても洗練されてるよな、コルテ』
本間『フィッティングは足入れしたことないから分からないですが、見た目がかっこ良い!特にブランドのアイコンっぽくなってるこのプレーン!』

b0365069_17020966.jpg
清水『典型的なパリのスタイルだよな。俺はスクエアフロントって呼んでる。イギリスはVフロントって呼ばれるタイプが多いんだけど、パリはこっちが結構多いんだよ。因みにBROSENTのプレーンも敢えてこっちにしたんだ』

b0365069_17023385.jpg
本間『あ、ホントだ』
清水『最初にモデル決める時に説明したろうが!』
本間『そ、そうでした。。。(-_-;)と、ところで一般的に日本ではフランス靴と言えばあれだと思うんですが、実際パリではどうなんですか?』
清水『実は俺もそう思って何人か業界の人に聞いてみたんだよ、「あれってどうなの?」って』
本間『興味ありますね~』

b0365069_17025709.jpg
清水『。。。』
本間『どうしたんですか?』
清水『言いづらいんだよな~。。。(-_-;)』
本間『良いじゃないですか、人から聞いた話なんだから』
清水『まぁ、そりゃそうなんだけど。。。まぁいいか。まず「お洒落な靴好きが履く靴じゃない」って。俺が言ったんじゃないぞ!』
本間『お~!そう来ましたか!』
清水『「新しいのは良いと思うんだけど、昔からやってるタイプはお金持ちのお坊ちゃんが履く靴だ」って。俺が言ったんじゃないぞ!』
本間『はいはい。分かりましたよ。確かにお洒落とか色気って感じじゃないですもんね』
清水『まぁな~。。。素材とか作りは抜群に良いと思うけど。。。確かに日本とフランス以外ではあまり見ないもんな。。。ロンドンでもミラノでも。。。日本人の感性に合うのかね~?』
本間『ところで、それは良いとして、じゃあお洒落な靴好きが履く靴ってどこなんですか?』
清水『やっぱりさっき出たコルテとか、オーベルシー、ベルルッティ、しかもそれらのスールムジュール(オーダー)がベストだ、って言ってた』

b0365069_17033361.jpg
b0365069_17034443.jpg
本間『そうなんですか!?やっぱり現地の人間に聞いてみないと分からないものですね~!』
清水『現地の靴屋さんとか服屋さん、靴職人さんに聞いたからそうなんだろうな、実際』
本間『パリの人はエレガントな物がお気に入り、ってことですね?』
清水『そいう言うことだな。コルテ、オーベルシー以外にも例えば。。。』

b0365069_17040998.jpg
b0365069_17043060.jpg
清水『カルロス・サントスとか人気あるよ』
本間『以前書いてましたね!』
清水『ショップは無いみたいだけど、有名なマーク・ギヨとかシップトンとかでも売られてた。エドワード・グリーンだってフランス人のセンスで選ぶとこういう感じになる』

b0365069_17045255.jpg

本間『カッコイイじゃないですか!』
清水『だろ?凄いんだってパリ!カルミナだってパリに店出すの念願だったんだから!』
本間『恐るべしですね~。。。パリ。。。連れてって』
清水『頑張って売ったらな』
本間『けち』
清水『あ?』
本間『何でもないです。凄かったですね、パリ。イギリス、イタリアだけでなくフランスからも影響を受けているBROSENTの靴。是非一度お試しになってみて下さい!では、また次回!ってあるんですか?』
清水『た、多分な。。。(-_-;)』


[PR]
by brosent | 2017-06-27 17:09 | 革靴