ブログ『部材が豊富。。。な事に気付きました』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
先日何とはなしに修理屋さんのサイトを巡っていてハタと気付きました。
『うちの修理の部材のパーツって多くね!?』と。。。

b0365069_19001015.jpg
例えばドレスシューズのオールソール交換。
普通の街中にある修理屋さんだと、革底1種類+ラバーソールが数種類と言う感じが一般的な様です。
ちょっと凝ったところだと、革底にプラス高級素材が加わる、感じですね。
ではBROSENTはどうでしょう?

まず革底で3種類あります。

b0365069_19004275.jpg

標準的なイタリアのベンズを中心に、高級素材のドイツレンデンバッハ社のオークバーク、滑り止めの付いたラバーポイントの3種類をご用意しています。
更にそこからハーフミッドやダブル、オープンとヒデュンの選択が可能です。


b0365069_19011424.jpg

お客様によっては革底に滑り止めのハーフラバーを貼る方もいらっしゃいます。
こちらは全部で3種類ございます。
カラーも豊富に揃っているので、お色に合わせてお選びいただくことが可能です。

b0365069_19015092.jpg


b0365069_19015836.jpg
ドレスに適したラバーも4種類ご用意しています。

b0365069_19021619.jpg
製法や履き心地の好みなどを伺って最適な部材をお勧めさせて頂きます。

続いてはカジュアル用のラバーソールです。
こちらは全部で8種類ご用意しています。

b0365069_19025069.jpg

タウン用からプロの登山家や消防士が使うような本格的な物まで種類は多種多様です。
きっと好みのソールが見つかると思います。

修理工房も大きくなるとどうしても流れ作業になってしまうので、あまり上手ではない人に当たっちゃうなんてことも。
その点こちらは良い悪いか、それほど大きな工房ではないので、少数精鋭です。
技術的にも任せてOKな訳です!

サイトのリペアのページに細かいメニューが掲載されているので、興味のある方は是非覗いてみて下さい!
ではまた!

https://www.brosentshoes.com/%E9%9D%A9%E9%9D%B4%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%90%86/


※2017年6月22日掲載





[PR]
by brosent | 2018-02-18 19:07 | 靴修理