ブログ『フィッティング用シューホーンのお話~ここまで拘る』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは。。。BROSENTの清水です。
先日SNSに『商売道具』と題して靴と一緒にデバイスとシューホーン(靴ベラ)の写真を掲載したのですが、シューホーンについてお問合せが多かったので、以前掲載したブログを再掲載したいと思います。
決してサボりではありません。。。(;^_^A

b0365069_18423490.jpg
皆さん靴を履く時にシューホーン(靴ベラ)は使っていますか?
最近ではマイシューホーンをお持ちになる方も増えてきています。
良いことです。
もちろんBROSENTでもフィッティング時にシューホーンを使用していますが、そこはプロショップのBROSENT。
そんじょそこらのシューホーンとは訳が違います!

b0365069_18431340.jpg

BROSENTで使用しているシューホーンは私が前職時に当時取引先だった現BROSENTの職人本間君が勤めていた会社に別注で作ってもらったプロ仕様の逸品です。
高級靴を筆頭に現代の靴は踵回りが小さく、丸みを帯びたものが増えてきています。
特にBROSENTの靴のように踵の小さい日本人に合わせた木型で作られた靴は特にそういう傾向にあります。(下写真左がBROSENTの靴です)

b0365069_18441960.jpg

b0365069_18443145.jpg


その当時私は『靴が進化しているのに、それに対応したシューホーンがない』と常々思っていました。
靴の踵回りに対してシューホーンの幅が広すぎるのです。
そこで本間氏に相談してオリジナルで作ってもらいました。
他社のシューホーンと比べてみましょう。

b0365069_18452167.jpg

横幅が全然違うのが分かると思います。
耐久性を出すのに苦労しましたが(本間君が。。。)、構想から半年かけて完成したのがこちらのシューホーンです。
使ってみるとその違いは明白です!

b0365069_18455407.jpg

b0365069_18460175.jpg

一般的なシューホーンが踵周りに対し広すぎるため、足を落とす際に踵にストレスがかかってしまうのに対し、BROSENTのシューホーンは幅が狭いため、ストレスを与えることなく、足を落とすことが可能となっています。

靴の為に出来ること、BROSENTはこれからも拘り続けていきます。



※2017年7月24日掲載


[PR]
by brosent | 2018-03-25 18:47 | 革靴