ブログ『シューレースの通し方~機能+見た目=機能美』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
『機能美』と言う言葉、ご存知ですよね?
因みに意味はご存知ですか?
見た目に拘ることなく、機能を追求した結果自然に表れる美しさ、の事を言います。
今回はシューレース=靴ひもの通し方に見る機能美のお話です。

b0365069_18430787.jpg

上の写真をご覧ください。
BROSENTの紐靴は基本的に上記の画像のように紐を通してお渡しさせて頂いております。
平行に通っていたり、クロスして通っていたりとちょっと複雑に見えますよね?
『この目立ちたがり屋が!!』と言われそうですが、実は違うんです。
お客様が靴を脱ぎ履きする際にやりやすくなるよう考え抜いた末に至った形、すなわち機能美なんです!

ちょっと解説していきましょう。

b0365069_18435013.jpg
脱ぎ履きをする時片側の紐だけ長くなって調節するのが面倒なことってありますよね?
通常レースはタンと言われる革のパーツの下を通っている為見えづらく、『この紐どこと連動してるんだ!?。。。うぉぉぉ!!(@ ̄□ ̄@;)!!』ってなことになりがちです。

でもBROSENTの通し方だと単純なルールを守れば簡単に緩めたり、締めたりすることが出来ます
もう一度この画像を見て下さい。

b0365069_18430787.jpg

基本のルールは【1+2+2+1】です。
最初の1と最後の1はそれぞれ、『結ぶ所』と『ベース』です。
緩める(絞める)場合は間の2と2をそれぞれ動かします。

b0365069_18452512.jpg
緩める場合まず上段の2を緩めます。
するとそれと連動してる1が同時に緩んでいきます。

b0365069_18460168.jpg
更に緩めたい場合が下段の2(=クロス)を緩めます。
するとそれを連動している上段の2が同時に、且つ均等に緩んで来ます。

これだけです!!
簡単でしょ!!

b0365069_18463029.jpg

戻す時はその逆、上段の2を締めると、連動して下段の2が締まります。
この時だけ一番上の1を抑えないとこっちも締まっちゃうので、軽く抑えるなどのコツが必要です。


b0365069_18470308.jpg
最後に一番上の1を締めて完成です。


下段の2をわざとクロスにしたのは上段の2とはっきり見た目で区別するためだったんです。
これならどこがどこと連動しているかなんて面倒なことを覚える必要がありません
どうですか?
これなら脱ぎ履きの際まごつくことが無く、非常にスマートに脱ぎ履きすることが出来ます。
カッコ良い靴を履いてスマートにふるまえば男前度が上がる事間違いなしです!!
ぜひ覚えておいて下さい!!



※2017年9月5日掲載

[PR]
by brosent | 2018-05-06 18:50 | 革靴