人気ブログランキング |

ブログ『Turner(ショートウィング)のドッペルゲンガー』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さんドッペルゲンガーってご存知ですか?
え?知らない?
では子供の頃雑誌『ムー』を愛読していた私がお教えしましょう!!
ドッペルゲンガーとはドイツを発祥とした古い都市伝説で、自分と瓜二つの人間を見た人間は死ぬ、と言うお話です。
本日はそのドッペルゲンガーのお話です!!


b0365069_18235568.jpg

さて違う意味でマニアックな話で始まった本日のブログ。
とは言え超常現象のお話ではございません。
もちろん靴のお話です。

ある日BROSENTに染替え依頼でとある靴が持ち込まれました。


b0365069_18305127.jpg


ご存知英国製の高級靴の代名詞≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫の≪Southwold(サウスウォルド)≫と言うモデルです。
結構珍しいモデルだと思います。
受けたのは本間君でした。
しばらく後、染替えの順番が来たので、本間君がマスキングテープを貼り始めました。
貼りながら本間君が。。。『これ≪Turner(ターナー)≫にそっくりですね。。。』
どれどれと私も見比べてみました。

。。。そっくりじゃん!!(@ ̄□ ̄@;)!!。。。

と言う訳で比べてみました。

まず全体像です。


b0365069_18313193.jpg

似、似てる。。。
デザイン、シルエット、バランス共にそっくりです!!
この角度から見た違いはウィングのバランスが若干と、ピンキングのあるなし位でしょうか。

あと実はフィット感が似ています。
ラスト、フィッティングを設定する際大きく分けて2つの考えがあります。
一つはバチっとフィットするラスト。
形が複雑になる為成型が難しく、大量生産のメーカーには不向きです。
合うと物凄く履き心地が良くなりますが、変わった足の方だと逆に履き心地が悪くなります。
もう一つがバチっとは来ないけど、特に合わない足もないというややルーズなラストです。
形は比較的単純なので、大量に作っているメーカーなどに多いタイプです。
もちろん高級靴と言われるメーカーにも存在しています。
どこがどっちだとはここでは書きませんが、少なくともBROSENTや≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫は前者と言えます。
証拠をお見せしましょう。


b0365069_18321130.jpg
b0365069_18322067.jpg


グイっと窪んだウェストです。
これが土踏まずをしっかりと支えます。
ただ≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫の場合幅が合わないと足長と異なるサイズを履くことになるので、このウェストの本当の良さを味わう事が出来ません。
BROSENTの場合は幅の補正で足長通りにお作りするので、確実にこのフィット感を味わうことが出来ます。


b0365069_18330169.jpg
b0365069_18330707.jpg
続いては後ろから見てみましょう。
共に小さくて丸みを帯びているのが特徴です。
この小ささと丸みがしっかりとした踵のホールド感を保証してくれます。

あと意匠で似ているのが。。。


b0365069_18332981.jpg
b0365069_18333533.jpg

パーフォレーションの穴の大きさです。
どちらもやや小ぶりにしてあります。
小ぶりにすることによって靴全体が華奢に見え、エレガントさがアップすると言う寸法です。

あ、ちょっと違うところを見つけました!!


b0365069_18340037.jpg
b0365069_18340882.jpg


違うっちゃ違うんですが。。。こういった所に遊び心を入れる辺りの考え方は似てますかね。。。(;^_^A

何から何までそっくりなこの2足。
まさにドッペルゲンガーです!!
何か起きなきゃ良いんですが。。。(;^_^A

因みに!!BROSENTならお値段は半額程度でお作りいただけます!!
残ったお金でジャケットでも買ってください!!(笑)

では。。。

by brosent | 2019-08-04 18:40 | ビジネスファッション