人気ブログランキング |

ブログ『Dorothy(レースアップブーツ)を作る時のオプション』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。

さて、少し前に本間先生がこちらのブログでレースアップブーツ≪Dorothy(ドロシー)≫を書いたおかげかちょっとお問合せが続いております。
そこで本日は『Dorothyってこんな感じで作れますよ~』と言う事を少し詳しくご案内しようと思います。


b0365069_18355774.jpg

まずは≪Dorothy(ドロシー)≫とはどんなモデルなのかご覧ください。


b0365069_18361516.jpg

b0365069_18362299.jpg

デザインは内羽根式のキャップトゥレースアップブーツです。
トゥキャップのパーフォレーション(パーツ淵の穴飾り)は最初から付いております。
内羽根式のレースアップブーツってレース部分のパターンを作るのが結構難しく、下から中間辺りまでは綺麗に羽根が開くのに、結ぶ部分が閉じちゃったりします。
これだとカッコ悪いんですが、≪Dorothy(ドロシー)≫は今の所そういったことが無く、履いた時に綺麗に見えます。

さてこちらの≪Dorothy(ドロシー)≫をオーダーして頂く際には決めなくてはいけないオプションがいくつもございます。
『お任せ!』でも良いんですが、仕様を決めるのもオーダーの醍醐味なので一緒に『あ~でもない、こうでもない』ってやりましょう!!

まずはラストを決めて頂きます。

b0365069_18364235.jpg
b0365069_18364857.jpg

上がドレッシーなセミスクエアトゥラストBR-1、下がトラディショナルなラウンドトゥラストBR-2です。
BR-2の方にはオプションでメダリオンを入れてあります。
カジュアルっぽくするなら入れても良いと思います。

続いてはソールです。

b0365069_18372745.jpg
b0365069_18374978.jpg
ドレッシーに見せたいならレザーソール、カジュアルに見せたいならラバーソールが良いでしょう。

b0365069_18400557.jpg

b0365069_18402066.jpg

カントリー調にするなら上のハーフミッドソールやダブルソール、下のスプリットウェルトなどもお勧めのディティールです。

続いて決めて頂きたいのがはと目です。

b0365069_18410849.jpg

b0365069_18411552.jpg

レースアップブーツの場合はこの意匠の持って行き方でかなり雰囲気が変わる重要なパーツです。

ドレッシーに見せたいなら上の内はと目、カジュアルに見せたいなら下の外はと目が良いでしょう。
外はと目は。。。

b0365069_18412509.jpg

色々なお色をご用意しているので、アッパーの色に合わせてお選びください。

あと≪Dorothy(ドロシー)≫は脱ぎ履きの事を考慮して、レースホールの上3つはホール1つ、フック2つで固定されています。

b0365069_18480016.jpg

b0365069_18480715.jpg

面倒なら一番上のホールは使わなくても問題ありません。
こちらもカラーを選べるようになっており、Black、Dark Brown、Silver、Antique Gold、Nickelからお選びいただけます。

どうですか?
かなり色々と遊べるでしょう?
男性のお客様だけでなく、本格的なブーツをお探しの女性のお客様も『ん~。。。欲しいなぁ。。。』と言う方がちらほらいらっしゃいます。

ぜひ実物をご覧になりにいらっしゃって下さい!!


by brosent | 2019-08-18 18:56 | ビジネスファッション