人気ブログランキング |

ブログ『うちのVictoria(ヴィクトリア)なら大丈夫!』

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
長い事靴屋さんをやっているとどうしても人の足元に目が行ってしまいます。
完全に職業病ですね。。。(-_-;)
因みに革靴を履いている方の半分以上はサイズ合ってないと思います。
残念なことです。。。(T_T)
で、先日お仕事で外出していた先で、『そうなるよね~』というシーンを目撃してしまいました。

b0365069_18103854.jpg
さて、最近ちょっとショート丈のチェルシーブーツ=サイドゴアブーツが流行っているようです。
秋~冬~春と3シーズン履けちゃう便利さと、スリッポンのような脱ぎ履きの容易さが売りです。
私元々このデザインが好きで、過去にはC&Jでこんな靴も扱っていました。

b0365069_18111439.jpg
因みにこちらはデザインby私、ではありません。
木型は企画しましたが、その木型を使ってC&Jのパリ店の方が考えたモデルです。
これもカッコ良いですよね~!!
と言う事でBROSENTでもこれに負けないようなモデルを考えようと思って作ったのがこちら!


b0365069_18113729.jpg

チェルシーブーティ(!)の≪Victoria(ヴィクトリア)≫です。
今回こちらのモデルを作るにあたり、ちょっと一工夫凝らしました。

b0365069_18115538.jpg
チェルシーの命とも言える両サイドのゴムにデザインを入れてみました。
しかもこれ単なるデザインではありません。
カットを低くした分弱くなる抑えを補うため、敢えてゴムが細くなる部分を入れたのです。
これにより足首のホールド感が高めることが出来ています。
見た目と機能を両立させたBROSENTらしい仕様かと思います。

あと全てのショート丈ブーツに言えるんですが、パンツの納まりが良いんです。
で、最初の話に戻るんですが、先日ちょっと用事がありまして、外出していたのですが、駅のエスカレーターでこんな足元を見てしまいました。。。

b0365069_18120662.jpg


丈が長いとこうなりやすいんです。。。(T_T)
丈が長いとどうしても履き口が広がります。
これを克服しようと履き口を細くすると、今度は足が落ちづらくなります。
でも広いままだと写真の様にパンツの裾がかかっちゃんです。。。

と言う訳で長く履けて、脱ぎ履き楽々、足元スッキリなチェルシーブーティの≪ヴィクトリア≫。
要注目ですよ!!



by brosent | 2019-10-27 18:16 | ビジネスファッション