こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@





こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん大なり小なり靴に関する悩みがあると思います。
お金に糸目を付けなければ解決できるもの、ちょっと解決は難しいもの、様々です。
ですが中には知っていればあっさり解決できるものもあります。
本日はそんなお話です。

b0365069_18251963.jpg
突然ですが私は踵の骨が出ています。

b0365069_18253511.jpg

ですので靴で必ず最初に損傷が出るのが、腰裏、踵の裏側です。

b0365069_18260375.jpg

職業柄何度かビスポーク=木型から作るフルオーダーも行ったことがあるのですが、解決しませんでした(T_T)
『ラスト=木型のかかと部分を盛れば!』と思ったのですが、位置が高すぎて履き口が笑っちゃう(広がっちゃう)らしいんです。
この場合はいくらお金をかけても解決が難しいパターンです。
ですがある程度改善する方法ならあります。

革靴の踵の形状って調整できる、って知ってました?
どうやるかと申しますと。。。

b0365069_18264647.jpg
こんな感じで後ろから潰します。
で、今度は。。。

b0365069_18270230.jpg
横から潰して元に戻します。
これを繰り返すことによって踵が柔らかくなって当たりが軽減されるのです。

これ色々と応用が利きまして、例えば太ってらっしゃる方の場合、後から潰した状態にしてあげると履き口が広がるので、少し楽に履けるようになります。
逆に踵が細くて抜けやすいと言う場合は横から潰して細い状態のまま使用して頂くと効果的です。
私の場合は両方やって柔らかくして、最後に横から潰して踵後方を骨に当たりにくいように調節して履いています。


ただ2点ほど注意が必要です。
革靴の踵の内側には踵を形成、補強するためのにはカウンター芯=月形芯と呼ばれる芯が入っています。

b0365069_18273418.jpg
この方法はこの芯の形状、硬度を変化させることで行う調整法ですが、やり過ぎるとふにゃふにゃになってしまいます。
まぁよほどやらないとそうはなりませんが。。。(;^_^A
これが1点目。

もう1つは。。。
きちんとした部材を使っている靴の場合は大概上の写真のような革で出来ています。
その場合割れるものではないので調整可能なんですが、コスト削減のため紙を固めた芯を入れている場合があります。
その場合芯自体が割れてしまう恐れがあります。
革の芯か紙の芯かを見分ける具体的な方法は無いのですが、押してみて『硬った~!』と言う場合は紙である可能性が高いです。
この場合は止めておきましょう(-_-;)

これ知ってるだけで結構合わない靴が履けるようになったりするので、ぜひ実践してみて下さい。
くれぐれも上記の注意2点だけはお気を付けて下さい。
責任は持てませんので。。。(;^_^A


2017年11月6日掲載

[PR]
by brosent | 2018-07-01 18:33

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
明日2/1よりBROSENTのオーダーに新たなオプションが追加されることになりました。
今日はそちらをご紹介したいと思います!

b0365069_18455900.jpg
BROSENTのオーダーにはお客様が楽しめる(?)様々なオプションをご用意しています。
例えばブラインドブローグのClaire(クレア)に。。。

b0365069_18472566.jpg
パーフォレーションを追加したり。。。

b0365069_18474617.jpg
メダリオンを追加したり。。。

b0365069_18480018.jpg
スワロフスキーメダリオンを追加したり出来ちゃいます。

クラシックな装いから、ちょっと尖がった個性的な装いまで全方位で対応できるのがBROSENTのオーダーの強みです。
そのBROSENTのオーダーに新たなオプションが加わります。

昨年の春夏時に圧倒的な人気を誇ったモデルにJoan(ジョアン)と言うモデルがあります。

b0365069_18485614.jpg

サドル(ローファーの甲部の革のパーツの事)に穴のないシンプルなタイプのローファーです。
穴のないタイプのローファーはイギリスのビスポークメイカーなどでたまに見られるタイプで、シンプルなためドレス使用に対応しやすいスタイリッシュな雰囲気が特徴です。
クールビズなどに最適なローファーと言えます。

お洒落なお客様に中にはサドル部の革を変えてコンビにするお客様もたくさんいらっしゃいました。

b0365069_18493650.jpg

b0365069_18493235.jpg
クラシックな黒白のコンビや、カーフとスエードを使った個性派まで様々なオーダーを頂きました。
どれもカッコ良いですね!

とは言え昨年『カジュアルっぽく履きたいんだけど。。。』というご要望が多かったのも事実です。
そこでおじさん考えました!

『オプションでサドルに穴を開けられるようにちゃえばいいんじゃん!?しかも好みの型を選べたらもっと面白いんじゃん!?』と。
で、出来たのがこちらの3型です!

b0365069_18503394.jpg
こちらは最もクラシックなタイプです。
続いて。。。

b0365069_18504984.jpg
一番シンプルなのでこちらでしょうか?
最後に。。。

b0365069_18511062.jpg

一番個性的なタイプです。

これらを自由に選んで追加することが出来るようになります。
と、ここで止まるのが一般人です。
おじさんは更に考えました!
『折角穴開けたんだから、ここでも個性出すか!?』と。
で、考えたのがこちら!

b0365069_18515653.jpg

見えますか?
サドルの穴の中にちらりと見える黒のリザードが!?
中に違う革を入れてワンポイントのデザインにしちゃおうって寸法です!
サドル部分がポケット状になっており、取り換えが自由に効くようになっています!
ですからその日の気分によって色を変えることが出来るのです!
例えば、ブラウンのローファーが。。。

b0365069_18522776.jpg
b0365069_18523089.jpg
真ん中がライトブラウンの革を入れた例、右がレッドのリザードを入れた例です。
もう一つ見てみましょう。
グレーのローファーが。。。

b0365069_18525558.jpg

b0365069_18530541.jpg

真ん中がレッドのリザードを入れた例、右がシルバーのレザーを入れた例です。

どうですか?ちょっとした違いですが、十分に個性を発揮出来ていると思います。
いや、このちょっと位が絶妙に良いのです!
もちろん取り外せるので、単色でお履きいただくことも可能です!

革はたくさんご用意しているので、お店で一緒に選びましょう!!

b0365069_18535781.jpg

b0365069_18540088.jpg

気になる価格は以下の通りです。

≪サドルの穴追加≫
2,500円(税別) ※両足

こちらはBROSENTと銀座のBLESS☆Stellaさんで受注可能です。

≪サドルレザー≫
リザード、パイソン 1,500円(税別) ※両足
その他レザー    1,000円(税別)

こちらは目黒のBROSENTのみで受注可能です。

如何でしたでしょうか?
今年の春夏にローファーを新調しようとなさっている貴方!
靴の素材、色、サドルの穴のデザイン、そして穴の中の色と、色々と選べるBROSENTのJoan、是非候補に入れてみて下さい!!

[PR]
by brosent | 2017-08-19 18:57

こんにちは、BROSENTの清水です。
お気付きの方もいらっしゃたかもしれませんが、しばらく前から当サイトのメインメニューに『Webショップ』と言うページが存在しておりました。
クリックすると。。。『Coming Soon!』の文字が!!
で、しこしこと作業する事数週間。。。
遂にできました!!
本日8月10日(木)閉店後よりいよいよBROSENTのWebショップがオープン、ネットで靴のオーダーが出来るようになります!!

b0365069_11414233.jpg
ブログなどをお読みいただいている方はお分かりかもしれませんが、BROSENTはフィッティングに拘りを持ってやっております。
なので私自身は靴の通販に関しては懐疑派でした。(;^_^A
ですがここしばらく東京近郊以外の方からのお問合せが多いんですね。
そこで私考えました!!
『きちんとフィッティング出来るシステムがあれば良いんじゃないか!?』と。

そこで考えたのが【事前フィッティングシステム】です。

まずこのショップは【レディーメイド】と【オーダー】の2種類をご用意しています。

【レディーメイド】はサイズ交換が可能なので問題なしです。

問題は【オーダー】の方。
1足ずつお作りするんですが、折角作ってもサイズが合わなかったら意味がありません。
そこでご希望の方には【事前フィッティングシステム】をご利用いただくことが出来るようにしました。
詳しくは『ご購入までの流れ』をご覧いただくとして、とにかく失敗なくオーダーが出来るシステムとなっております。

b0365069_11423138.jpg
またご自身である程度サイズの判断が付けられるように、写真付きでサイズ選びの解説を入れてあります。
私と職人の本間君で実践してみましたが、ジャストのサイズを選択することが出来ております。

b0365069_11425030.jpg
ご購入いただいたお客様にはとことんお付き合いしていきますので、安心してお申し込みください。
ご来店できない全ての皆々様にも良い靴をお届けするべくこちらも頑張ってまいりますので宜しくお願い致します!!
自前通販&初の試みなんでバタバタするとは思いますが、その辺はご勘弁を。。。m(__)m


そして今回はWebページ開店記念として、9月15日(金)までにWebショップでご注文の方に漏れなく『ヒール交換(またはトップリフト交換)&クリーニングのサービスチケット』を差し上げちゃいます!! ※商品送付時に同梱いたします。

b0365069_11430792.jpg
あと。。。どう考えても当ショップではお店で出来るような様々なオプションの変更を再現することが出来ませんでした(T_T)
細かいオプション変更でのオーダーを希望される方はメールかお電話でお問合せ下さいm(__)m

[PR]
by brosent | 2017-08-10 12:20

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
好評のシューズボックスのカラーオーダーを開始いたします。
カラーは驚愕の全21色!

BROSENTの靴のオーダーには標準仕様でファイバーのボックスが付いています。※オプションで無しにすることも出来ます。
もちろん靴のオーダー時だけでなく単品としても販売しています。
『サイズは29㎝相当まで対応』『重ねても前から取り出せる引き出し式』『何が入っているか一目瞭然のカードが入る取っ手』『スタッキングに便利な滑り止め付き』と靴屋さんが考えた理想的なシューズボックスです。

b0365069_15245080.jpg
b0365069_15245193.jpg
b0365069_15245140.jpg
b0365069_15250742.jpg
b0365069_15245095.jpg

b0365069_15261595.jpg
今までは6色のボックスをご用意させていただいていましたが、今後は全21色からお選びいただけることになりました!
物凄い数です!

b0365069_15265340.jpg
インテリアに合わせてお好みのお色をお選びいただけます!
もちろんシューズボックスとしてだけでなく、様々な用途でお選びいただけます。


※ロングブーツなど大きなサイズの物もご相談に乗りますので、お気軽にスタッフにお申し付けください。
詳しくは下記URLにてご確認ください。
https://www.brosentshoes.com/%E9%9D%A9%E9%9D%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%81%93%E5%85%B73-%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/

[PR]
by brosent | 2017-03-13 15:29

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。

こんにちは。。。BROSENTの清水です。。。
以前英国王室ご用達メーカーでもあるTricker's社にレオナルド・ロビンソンなる名職人がいました。
現在は定年なさっていますが、私が若い頃から可愛がってくださり、色々と靴について教えてもらった靴のお師匠の一人でもあります。
今回はそんなお師匠から教えてもらった話です。。。

b0365069_15370038.jpg
レンさん(レオナルドさんの愛称)は『靴で一番大事なのはバランスだ』と言っていました。
バランスが悪ければどんなに良い木型を作っても、どんな良い素材を使っても意味が無くなってしまうからです。
自分で靴を作っている時や、外で靴を見かけると彼は良くバランスを確認していました。
どうやって確認するかと言うとヒールとソールの一番出ている部分を板の角などの水平な部分に当てるのです。
こんな感じです。

b0365069_15391278.jpg
では実際良いバランスと悪いバランスをどうやって見分けるのか?
下の写真で説明してみましょう。
まず良い例から。

b0365069_15395336.jpg
ヒール下の超小さい黄色の矢印の部分に注目してください。
良い靴は靴を並行に置いた時にヒールの最後部がちょっとだけ浮いた状態、ないしピッタリ付いています。
真新しい状態ではちょっと浮きが在って構いません。
この程度の浮きは店頭に置いてあるだけで自重で潰れてピッタリになります。
因みにこの靴はBROSENTの靴です(;^_^A

続いて悪い例を。

b0365069_15403345.jpg
悪い靴は、全体的にがたつきがあります。
特にヒールの最後部に大きな隙間が出来てしまっているものは良くありません。

青い矢印に関しては靴の特徴と言うか、目的によって差が生じるのでバランスにはあまり関係がありません。
青い矢印はトゥスプリングと言われ、その靴の持つ歩行に関する特徴が現れます。
これに関しては次回お話しますね。

と言う訳で靴をお買い求めになる際のチェックポイントの一つにしてみては如何でしょうか?
ただし店頭でこれやってると、うざったがられるか、不思議な目で見られるので、こっそりやりましょうね(;^_^A


[PR]
by brosent | 2017-01-29 15:41

少々遅くなりましたがが、明けましておめでとうございます!

こちらのブログではサイトの過去のブログを厳選して掲載しています。
色々と役に立つ内容もございますので、楽しんで頂けたら幸いです。

では。。。

こんにちは。。。BROSENTの清水です。。。

先日BROSENTの靴を作っていただいているセントラル靴さんに行ってまいりました。
で、素材の話になったのですが。。。

こちらBROSENTの靴の標準仕様で使っているフランス、アノネイ社のカーフ(=キップ)です。
b0365069_19555827.jpg
雑誌や店頭でよく『フランスの名門タナリー、アノネイ社のカーフを使用!』なんて書いてありますが、皆さん革にはランクがあるのをご存知でしたか?
革は天然ものです。人間の肌が一人一人異なるように、牛も1頭1頭皮が異なります。従って1枚たりともまったく同じ品質の革はありません。
その為革はランク付けがされて売られているのです。
いくら良いタナリーの革でもランクが下がれば、ちょっとランクが下がるタナリーの1番ランクが良い革の方が良い場合があるのです!

もちろんBROSENTでは1級と呼ばれる一番良い物を使用しています!
何枚もの革から厳選した1枚です。

因みにBROSENTでは当たり前ですが黒い靴用には黒い革を。。。

b0365069_19563707.jpg
その他の色は素仕上げを使用しています。

b0365069_19571066.jpg
この素仕上げの革がまた高いんです!
何故かと言うと素仕上げは革につきものの傷や血筋(血管の跡)などを色などでごまかせないので、どうしても良い原皮を使わなければならないのです。

黒にしてもカラーにしても最高品質の革でお作りしていますので、ぜひBROSENTの靴をお試しになってみて下さい!

[PR]
by brosent | 2017-01-08 19:57

BROSENTの本間です。

今回は革や靴では御座いません。
ブロセントこだわりのアイテム「喫煙具(ライター)」の紹介です。

BROSENTでは「ZIPPO」では無く少し変わったライター多数取り扱ってます。

いくつかのブランドの中でまずはこのブランドのご紹介です。
b0365069_14024269.jpg
「SAROME(サロメ)」

さすが日本の職人魂!フォルムの美しさや装飾の華麗さは圧巻です。
b0365069_14034925.jpg
b0365069_14041076.jpg
手に取った時の程よい重量感。着火(操作性)の良さ。
本当に素晴らしいライターだと感心させられます。

ご来店頂いたお客様の中で一目ぼれでご購入いただいた方も居る程に魅力的。

タバコの上にポンと無造作に置いても決まってしまいます。
b0365069_14075048.jpg
一度手に入れてしまうと「使い捨てライター」では物足りなくなる事でしょう。

ライターを購入する時にどちらにするか迷ったら自分の吸ってるタバコの上に置いてみると
イメージが解って良いかもしれませんね♪

如何でしょうか。

ライターに興味の有る皆様、是非ご来店をお待ちしております。

ホームページはコチラから

〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3
BROSENT
03-6886-1660

毎週水曜日が定休日


[PR]
by brosent | 2016-04-30 11:30

革の巻物?

BROSENTの本間です。

今回は少し変わったアイテムのご紹介です。

これ何だか解りますか?
革の巻物(・・?
b0365069_16354977.jpg
開いていくと
b0365069_16363106.jpg
実はペンケースなんです。
b0365069_16371760.jpg
クロコダイル調の型押しレザーはイタリアの「LIPARI」と言う革を使用してます。

最初は少し固めな印象を受けると思いますが使い続けると
柔らかくしなやかになっていきます。

全5色展開
b0365069_16391799.jpg
WINSFACTORY社製 ペンケース 12000円+税

すごくお洒落なペンケースをお探しの方!如何でしょうか☆



〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT


ホームページはコチラをクリック



[PR]
by brosent | 2016-04-26 12:30

BROSENTの本間です。

今回はBROSENTでこれから推していこう!!と言うモデルのご紹介です。

『Liley(ライレイ)74000円+税』
b0365069_10142068.jpg
このデザインはカッコイイです!!
ツマ先の形状をご覧ください。
b0365069_10152803.jpg
このデザインは「ダイヤモンドチップ」と言われ日本ではまだ少ないモデルです。
この「ダイヤモンドチップ」も以前紹介した「Vickey(ヴィッキー)」と同じようにストレートチップの変型判です。

「Vickey(ヴィッキー)74000円+税」

b0365069_13552768.jpg
ビジネスシーンであまり派手すぎずに少しだけ主張できるデザインは
これから人気が出るのではとBROSENTでは考えてます。
b0365069_10210577.jpg
私もBROSENTのファーストシューズとしてこのモデルをオーダーしました。
b0365069_10221841.jpg
「パープル」のグラデーションで「色気と華やかさ」をイメージして染めたのですが
お客様に「ナスみたいでキレイな色ですね」と・・・

ナス・・・確かに言われてみればナスっぽい。。。


詳しくはホームページをご覧ください
http://www.brosentshoes.com/




〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3
03-6886-1660
BROSENT
※毎週水曜日が定休日となります


[PR]
by brosent | 2016-04-24 12:30

BROSENT 本間です。

今回は商品では無く、「シューケア(靴磨き)」のご紹介です。

BROSENTでは当店で買った靴以外でも「靴磨き」「クリーニング」等のメンテナンスを
お受けしております。

通常の靴磨きでしたら10分程度でお渡し出来るので履いてる靴を
そのままお磨きなんて事も可能です。

下記の画像は「シューケア 1000円+税」と「ハイシャイン 500円+税」のメニューでの
before afterです。
b0365069_20425586.jpg
通常ケア(1000円+税)では
1、汚れ落とし
2、乳化性クリームで栄養&つや出し&補色

上記の内容で作業を行います。
ここまででもだいぶ靴はキレイになります。

さらにツマ先部分を鏡の様にピカピカにする「ハイシャイン 500円+税」
を行うとより美しい仕上げになります。

ハイシャイン30分程度の作業時間を頂きます。
※混雑時はお預かりになる事も御座います。
b0365069_20485171.jpg
「ちょっと靴が汚いからキレイにしたいな」とお気軽にお立ち寄り下さい。

b0365069_20515813.jpg
また、シューケア用品も充実のお取り扱いが御座います。
b0365069_20502012.jpg
是非ご来店お待ちしております。


詳しくはホームページをご覧ください
http://www.brosentshoes.com/

〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT

※水曜日が定休日になります





[PR]
by brosent | 2016-04-23 12:30