こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
先日うちのお店に染め替え希望である靴がやって来ました。
その靴は何と懐かしいわが子だったのです!!
さてその正体とは!?

b0365069_18410337.jpg

その靴は染め替え希望でやって来ました。
じゃん!!

b0365069_18412021.jpg

対応したは職人の本間君。
横目でちらりと見た私。。。『お~!』。。。そして。。。( ̄ー ̄)ニヤリ
ブランドは皆さんご存知の英国のCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)。
モデルはCRAWLEYと言って2アイレットの外羽根プレーンです。
でもって木型は#360と言う木型を使用しています。
『ん?#360?』と思った方はちょっとだけ靴に詳しい方。
同社では#337や#348、最近では#363あたりが有名です。
#360を知っている方は結構マニアックな方だと思います。

b0365069_18414887.jpg
やや長めのラウンドトゥが特徴のこの木型。
実は私が前職時代に手掛けたラストなんです!!
一般的に雑誌などに書かれている『別注木型』。
実はその多くはメーカーが開発したものを『これうちだけの独占販売にして』なんて言うのがほとんどで、『この木型でトゥ丸くして』だったらかなり良い方です。
ですが基本設計からメーカーにお願いしちゃったのがこの木型です。
メーカーのスタッフに分かりやすく『踵はD、ウェストはC、ボール(一番広い所)はEで作ってちょうだい!』とお願いしました。
社長のジョナサン超苦笑いでした(;^_^A
ただやったことが無いらしく、調整はかなりおっかなびっくりで、『もっと小さく!!』をかなりの回数繰り返しました。
1年半~2年くらいかかったでしょうか?
ようやく出来たのがこのラスト、#360でした。
だから他のC&Jの木型とは履き心地が違います。
かかとが小さく日本人向きなんです。
最近はこれに影響を受けてだいぶ踵の小さい木型が増えているようですが。
スタッフから『差別化でソールやライニングを緑(店舗のイメージカラー)にしたい』と言う意見があったのでそうしましが、私個人はそんなことどうでも良くて、とにかく履き心地の良い木型を作りたかったんです。
当初は私が働いていた店だけでの展開でしたが、その後革靴文化のレベルの高いフランス・パリにあるC&Jの直営店などでも販売され人気となりました。

そんな苦労をして作ったわが子が里帰りのようにうちのお店にやってきてくれたのです。

b0365069_18423058.jpg

b0365069_18423614.jpg

水染みでしょうか?
全体的に汚れてしまっています。
ライトブラウンは日常使いするとどうしてもある程度汚れてしまうので致し方ないです。
ですがそこはわが子!
『本間先生何とかして下さい!!(T_T)』
と言う事で先生頑張ってくれました!!

じゃじゃん!!

b0365069_18425619.jpg

見事にダークブラウンとなって復活です!!
流石本間先生です!!
また元気になったのでご主人様の足元でしっかり活躍してもらいたいと思います!!
頑張れ~!! \(T_T)/


と、昔からそうやってメーカーに我儘を言ってきた私です。
2018年現在かつてないほど我儘を言って作ったのが今のBROSENTの木型です。
是非その履き心地を体感しにいらっしゃって下さい!!

因みにC&Jではその後商談しにショールームへ行くと『トム(←私の事)が来たからサンプル隠せ!』と冗談を言われるようになりました(;^_^A
ですが、『こんなサンプル(木型)の試作作ったんだけどどう思う?』と言う相談も受けるようにもなりました(^_^)v
とさ。。。


2018年2月9日掲載

[PR]
by brosent | 2018-10-07 18:46 | 靴磨き

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴にクリームを塗る時何を使っていらっしゃいますか?
靴クリームを塗る専用のブラシ、ペネトレイトブラシを使うと便利ですよ!

b0365069_18574248.jpg

靴クリームを塗る専用のブラシ、ペネトレイトブラシ。
『布じゃダメなの?』とよく聞かれますが、ダメではありません。
ただ布がクリームを吸ってしまうので、1回に使うクリームの量が増えてしまうと言う欠点があります。
少なくなって来たクリームを取る時にビンの淵に付いたクリームで手が汚れたりします。
そんな時このペネトレートブラシがあると大変便利です。

b0365069_18580635.jpg

従来の商品がこちら。
一般的に売られているペネトレイトブラシです。
ですがこれちょっとした弱点があります。
例えばモゥブレイのように浅い瓶のクリームなら問題ないのですが。。。

b0365069_19024102.jpg

イングリッシュギルドやサフィールのように深い瓶に入ったクリームだと。。。

b0365069_19030359.jpg

ヤバいです!ギリギリです!
これだとうっかり手に付いちゃう可能性も出てきます!
そこで登場するのが今回の主役、イングリッシュギルドのペネトレイトブラシ、その名もスプレッドブラシです!

b0365069_19032560.jpg

これなら瓶の深いクリームでも余裕です。
しかも見た目がカッコイイ!!

b0365069_19034854.jpg

通常のペネトレイトブラシは400円ですが、こちらは700円です。
300円の差で味わえるこの優越感。
お得です!!
是非一度味わってみて下さい!!

b0365069_19042294.jpg


[PR]
by brosent | 2017-12-01 19:04 | 靴磨き

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴のお手入れはきちんとやっていますか?
BROSENTで扱うM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)、先日お客様から『国産なんですか?』と聞かれました。
いやいや、このモゥブレイちょっと複雑なんですが、実は侮れないブランドなんです!

【ブラシでほこりを取り】【リムーバーで汚れを取り】【乳化性クリームを塗って】【ブラシで馴染ませつつ、入りきらないクリームを除去し】【グローブで仕上げる】。
今では当たり前となっていますが、その当たり前を世の中に広めたと言われているのが、シューズメンテナンス用品の商社R&Dさんだと言われています。(BROSENTの本間が以前働いていた会社でもあります)
そのR&DさんのオリジナルブランドがM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)です。
その為国産と思われている方が多いようです。
ですが、実際は違います!!
M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)はクリームならクリーム、ポリッシュならポリッシュと世界中にある良いと思った商品をオリジナルネームのM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)の名で販売しているのです。

例えばクリーム。
私がこの業界に入ったころR&Dさんではロイヤルワラント(英国王室ご用達)ブランドでもあったMELTONIAN(メルトニアン)を主力として扱っていました。
靴が好きな方なら一度はお世話になったことがあるブランドだと思います。
昔はクリーム=メルトニアン、ポリッシュ=KIWIと言うのが常識でした。
と言うか昔はその位しか無かったんです。
メルトニアンは元々イタリアの工場で手作業で作られていましたが、KIWIなども手掛けるアメリカのサラ・リー社が買収し、中味が変わってしまいました。
下の写真水色缶は既に中身が変わった時代の物だと思います。
それ以前の缶はネイビーでした。

b0365069_17315457.jpg
その後2002年に一時ブランドが消滅。
現在は化粧品なども手掛けるSCジョンソン社がブランドを引き継いでいます。
とにかく2000年代には往年のメルトニアンは手に入らなくなってしまっていたのです。
で、往年のMELTONIAN(メルトニアン)の製法を復活させたのがM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)のクリームなのです。

b0365069_17322331.jpg
現代では考えられない手間暇をかけた昔ながらのクリームです。
そりゃ良い訳ですよね!

続いてはポリッシュ
クリームはイタリア製ですが、こちらはフランス製です。
『中身サフィー○かぁ。。。』と思った貴方、甘いです( ̄ー ̄)
世界には日本人が知らないだけで良いブランドが数多く存在します。
それがプロユースのブランドなら尚更です。
このポリッシュを使っているメーカーはFAMACO(ファマコ)と言います。

b0365069_17325093.jpg

もしご存知でしたらかなりの通だと思います。
このファマコに私が初めて出会ったのは2006年、当時働いていたお店でCARMINA(カルミナ)のトランクショーを開催した時でした。
その頃カルミナのパリ店の店長で、パティーヌの名手と言われたミゲール・フォントさんがトランクショーに合わせて来日しました。
店でパティーヌの実演を行うためです。
そのミゲールさんがパティーヌ用に使っていた染料がファマコ製だったのです!

b0365069_17334709.jpg
その後M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)ブランドでポリッシュの開発を行っていたR&Dさんがファマコに目を付け、生産にこぎつけたのが、こちらのM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)/TRADITIONAL WAXと言う訳です。

b0365069_17341629.jpg
光沢具合は人それぞれ好き嫌いがあると思いますが、なにせこのポリッシュ乗るまでがメチャメチャ早いです!
初めてポリッシュをする方にも是非お勧めしたい一品です。

と、世界の良い所だけを取り入れた若干反則な気もする拘りブランドM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)、是非一度お試しになってみて下さい!


[PR]
by brosent | 2017-11-14 17:38 | 靴磨き

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴のお手入れはきちんとやっていますか?
BROSENTで扱うM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)、先日お客様から『国産なんですか?』と聞かれました。
いやいや、このモゥブレイちょっと複雑なんですが、実は侮れないブランドなんです!

【ブラシでほこりを取り】【リムーバーで汚れを取り】【乳化性クリームを塗って】【ブラシで馴染ませつつ、入りきらないクリームを除去し】【グローブで仕上げる】。
今では当たり前となっていますが、その当たり前を世の中に広めたと言われているのが、シューズメンテナンス用品の商社R&Dさんだと言われています。(BROSENTの本間が以前働いていた会社でもあります)
そのR&DさんのオリジナルブランドがM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)です。
その為国産と思われている方が多いようです。
ですが、実際は違います!!
M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)はクリームならクリーム、ポリッシュならポリッシュと世界中にある良いと思った商品をオリジナルネームのM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)の名で販売しているのです。

例えばクリーム。
私がこの業界に入ったころR&Dさんではロイヤルワラント(英国王室ご用達)ブランドでもあったMELTONIAN(メルトニアン)を主力として扱っていました。
靴が好きな方なら一度はお世話になったことがあるブランドだと思います。
昔はクリーム=メルトニアン、ポリッシュ=KIWIと言うのが常識でした。
と言うか昔はその位しか無かったんです。
メルトニアンは元々イタリアの工場で手作業で作られていましたが、KIWIなども手掛けるアメリカのサラ・リー社が買収し、中味が変わってしまいました。
下の写真水色缶は既に中身が変わった時代の物だと思います。
それ以前の缶はネイビーでした。

b0365069_17315457.jpg
その後2002年に一時ブランドが消滅。
現在は化粧品なども手掛けるSCジョンソン社がブランドを引き継いでいます。
とにかく2000年代には往年のメルトニアンは手に入らなくなってしまっていたのです。
で、往年のMELTONIAN(メルトニアン)の製法を復活させたのがM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)のクリームなのです。

b0365069_17322331.jpg
現代では考えられない手間暇をかけた昔ながらのクリームです。
そりゃ良い訳ですよね!

続いてはポリッシュ
クリームはイタリア製ですが、こちらはフランス製です。
『中身サフィー○かぁ。。。』と思った貴方、甘いです( ̄ー ̄)
世界には日本人が知らないだけで良いブランドが数多く存在します。
それがプロユースのブランドなら尚更です。
このポリッシュを使っているメーカーはFAMACO(ファマコ)と言います。

b0365069_17325093.jpg

もしご存知でしたらかなりの通だと思います。
このファマコに私が初めて出会ったのは2006年、当時働いていたお店でCARMINA(カルミナ)のトランクショーを開催した時でした。
その頃カルミナのパリ店の店長で、パティーヌの名手と言われたミゲール・フォントさんがトランクショーに合わせて来日しました。
店でパティーヌの実演を行うためです。
そのミゲールさんがパティーヌ用に使っていた染料がファマコ製だったのです!

b0365069_17334709.jpg
その後M.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)ブランドでポリッシュの開発を行っていたR&Dさんがファマコに目を付け、生産にこぎつけたのが、こちらのM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)/TRADITIONAL WAXと言う訳です。

b0365069_17341629.jpg
光沢具合は人それぞれ好き嫌いがあると思いますが、なにせこのポリッシュ乗るまでがメチャメチャ早いです!
初めてポリッシュをする方にも是非お勧めしたい一品です。

と、世界の良い所だけを取り入れた若干反則な気もする拘りブランドM.MOWBRAY(エム・モゥブレイ)、是非一度お試しになってみて下さい!


[PR]
by brosent | 2017-11-14 17:38 | 靴磨き

靴の染め替え

BROSENTの本間です。

今回は靴の染め替えのご紹介です。

例えば
「この茶色の靴、もう履かないな・・・」
と思ってる靴が有るとします。
b0365069_16545781.jpg
そして
「この靴、黒だったら履くのにな・・・」
と思ったりする事有りませんか?

そしたら、黒に染めちゃいましょう。
b0365069_16562111.jpg
BROSENTでは靴のカラーチェンジをお受けできます。

基本的には薄い色から濃い色に染めなおす作業になりますので

黒い靴を茶色に染めなおす事は出来ませんのでご注意ください。

画像の靴程度の「茶靴」なら、「黒」以外にも「濃茶」「緑」「ネイビーブルー」「バーガンディー」
辺りへのカラーチェンジは可能です。

※エナメル・爬虫類・スエード等の染められない素材も御座います

是非BROSENTでご相談下さい。

カラーチェンジ 8000円+税~
部分染め等はお見積り致します。

〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT


ホームページはコチラをクリック

[PR]
by brosent | 2016-04-29 12:30 | 靴磨き