こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
短期連載『失敗しない靴選び』。
前回、前々回と『ソール』と『バランス)についてお話ししました。




さて、今回は最終回となります。
今回のお題は『成型』です。

b0365069_18491172.jpg
『え?素材は?』とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
メンズシューズの場合デザイナーものでない限り素材は価格に応じて良くなると考えて頂いておおよそOKです。
ですのである程度のお値段を出せばそれなりの素材を使った靴が買える、と言う事です。
ま、中には酷いのもありますが。。。(;^_^A
なので素材に関してはメーカーの善意を信用してここでは触れないでおきます。

と言う訳で参りましょう。

皆さんご存知通り靴は革を木型と言われる型を使って成型することで作られます。

b0365069_18512357.jpg

b0365069_18513203.jpg

平らな革を、立体的にしていくわけですから簡単には参りません。
この作業を『釣り込み』を言うのですが、悩ましいのが履きやすさを追求してより足の形状に近い複雑な形の木型を作ると、釣り込みが非常に困難になります。
逆に釣込みやすいように凸凹の少ない木型を作ると、履き心地が悪くなります。
上の写真のように上手な職人さんが手で釣込めばかなり複雑な木型にも対応できるのですが、作業効率が悪く、値段もかなり高額なってしまいます。
そこでBROSENTの靴を生産するセントラル靴さんでは、機械をメインに、必要に応じて手作業を加えると言うセミハンド的なやり方でこれを克服してくれています。

では店頭でより複雑な木型を使い、より上手に釣込み=成形が行われているかを判断するにはどうすれば良いか?
この3カ所をチェックしてみましょう。

まず靴を正面から見てみます。

b0365069_18561572.jpg
b0365069_18562341.jpg
足って正面から見ると左右非対称です。
更に外側はなだらかにカーブを描いています。

b0365069_18565850.jpg
ここに綺麗にアッパーが沿うようになっているとベストです。
正面から見てコッペパンのように丸く、左右対称な靴は履き心地も良くありません

続いてはから見てみましょう。

b0365069_18572673.jpg

b0365069_18573401.jpg

土踏まず部分が丸く立体的な物が理想です。
靴の中でも様々なカーブが集中する最も複雑な形状をした部分の一つです。
よってここをうまく成形するのは非常に難易度が高く、逆にここが立体的に出来ていればかなり技術の高いメーカーが作ったものだと判断できます。
比べてみましょう。
上がBROSENTの靴です。
違いは一目瞭然ですね。
この立体感がアーチをしっかりとサポートしてくれます。

続いてはです。
こちらは後ろからと横から見てみます。
まずは後ろから。

b0365069_19014364.jpg

b0365069_19014910.jpg

上がBROSENTの靴ですが、丸みがあり、しかも上に向かってすぼまっています。
この形状が踵をしっかりとホールドし、歩行時の踵の抜けを防いでくれます。
また比較はしづらいですがより小さい方が日本人の足には適しています。
下の靴も名前を聞けば誰でも分かる有名メーカーの靴なんですが、細かくディティールを見ていくと差がハッキリと分かると思います。
この丸みは横から見ても分かります。

b0365069_19023628.jpg
b0365069_19024249.jpg
と言う訳で大体この3ヵ所を見れば、その靴がしっかり成型できているか=履き心地が良いか判断がつきます。


以上で短期連載『失敗しない靴の購入方法』は終了です。
お買い物の際に是非お役立て頂けると幸いです。
そして最後にもう一度。
店頭でジロジロ見ると店員さんに怪しまれます。
そっとやりましょう。
そして怪しまれても責任は持てませんのでご容赦ください(笑)


[PR]
by brosent | 2018-11-11 19:18 | オーダー靴

こんにちは、BROSENTの清水です。
インスタなどでも登場しておりました2018A/Wの新作を、いよいよ明日6日(土)より販売を開始する運びとなりました!
そこで本日はその新型の全容をご紹介したいと思います!!

b0365069_12115006.jpg
ご承知の通り(?)今季は新作を2型ご用意いたしました。
では早速ご紹介していきましょう。

まずは。。。

b0365069_12122409.jpg
エプロンダービーの≪Leila(レイラ)≫です。
エプロンダービーと言う言葉はかなりの靴好きでないとご存知ないかもしれませんが、日本で言うユーチップです。
ユーチップは和製英語で、海外ではエプロンダービーとかエプロンフロントと呼びます。
以前から店頭でお客様から『ユーチップないですか?』とか、『外羽根の靴プレーン以外にないですか?』とのご要望が多く、満を持しての登場となりました!

b0365069_12132249.jpg
エプロンダービーの要モカは今回は俗に『拝みモカ』とか『合わせモカ』と呼ばれるタイプを採用しました。
『トライアングル』などと呼ばれる『手縫いのモカ』も検討したのですが、コストの問題や耐久性、汎用性の問題を考慮し、今回は実用的な『拝みモカ』を採用することにしました。
『手縫いモカ』や『すくいモカ』などと比べスッキリした見た目で汎用性が高いので、様々な用途でご利用できると思います。

b0365069_12135653.jpg
そしてBROSENTの靴と言えば『遊び心』。
今回も地味~にやっております。
カウンターパーツを波型カットにしました。
履いたら分かりません。。。(;^_^A
でもこの位が良いんですよ、丁度!


続いてはこちら。。。

b0365069_12141468.jpg
キャップオックスフォードレースアップブーツ。。。長い!内羽根式のレースアップブーツの≪Dorothy(ドロシー)≫です。
これも『レースアップブーツないですか?』と言う声にお応えした次第なんですが、恐らく外羽根式だと思います。。。(;^_^A
でもサンプル作ったらこっちの方が断然カッコ良かったんでこちらにしました!

b0365069_12143073.jpg
こちらのサンプルはちょっとカントリー調にしたかったので、オプションとなるメダリオンを入れてあります。
オリジナルデザインはパーフォレーション(縁沿いの穴飾り)のみとなります。

b0365069_12144523.jpg
デザイン的な最大の売りはセントラルの担当者君考案のこちらのステッチです。
BROSENTの≪B≫をデザイン化してあります。
言われなきゃ分からない、パンツがかかったら見えない、けど拘っている。。。気に入りました!

b0365069_12150262.jpg
先ほど私わざと『デザイン的な最大の売り』と書いたのお気付きになりました?
私が思うこの靴の最大の売りは実はデザインではありません。
フィッティングです。
内羽根のレースアップってバランスを取るのが非常に難しいんです。
羽根のバランスや、カットの高さを間違えると、写真の様に羽根が綺麗にVの字に鳴らないんです。
羽根が開かなかったり、開いてもOの字みたいに結ぶ辺りで閉じちゃったりします。
以前扱ったことのあるT社の物もC社の物もそうでした。
ですがこちらの≪Dorothy(ドロシー)≫は綺麗に開きます。
実はこれだけでもとても貴重なんですよ!!

これでデザインは全部で17型になりました!
開店当初は10型でしたからだいぶバリエーションが増えましたね。
予めある程デザインを決めておくことで、お値段をぐっと抑えられています。
今後も定期的に新型を登場させますのでお楽しみに。
因みに今回ご紹介したサンプルはどちらもラウンドトゥのBR-2を使用しています。
明日セミスクエアのBR-1も到着予定なので、そちらも今度ご紹介致します。
両方揃った時点でサイトのモデルのページもアップしますので、もう少々お待ちください。

では明日以降のご来店心よりお待ちしております!!

[PR]
by brosent | 2018-10-05 12:17 | オーダー靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
だいぶ暖かくなってきました。
もうすぐ春ですね。
暖かくなると洋服も軽い感じの物が増えてくると思います。
そうなると茶靴の出番です!
ご存知BROSENTのフリーカラーシステムを使えばどんな茶色でも出来ちゃいますよ!!


『デザインは良いんだけど、もう少し茶色が濃ければな~。。。』とか、『もう少し赤っぽいのがあれば良いのに。。。』という経験はありませんか?
BROSENTなら好みのデザインを好みの色でお作りすることが可能です。
雑誌の切り抜きや、ネットで見つけたものをプリントアウトして持って来ていただいてもOKです。
もちろん店頭には様々な色見本をご用意しているので、そちらから選んで頂いても構いません。
今回は店頭にある色見本、BROSENTのオリジナルカラーを茶系に絞り込んでご紹介致します。

まず茶系は赤が入っていないものと入っているものに分けられます。
前者は所謂ダークブラウンとかミディアムブラウンと呼ばれる仲間です。
比較的落ち着いた雰囲気が特徴です。

b0365069_19040478.jpg

一方後者はバーガンディとかボルドー、日本では赤茶と呼ばれています。
若干華やかな雰囲気となります。

b0365069_19050506.jpg

まず前者から見ていきましょう。

b0365069_19060322.jpg


その名もTraditional Brown(トラディショナルブラウン)。
所謂ダークブラウンです。
濃い茶色はどんな色の服にも合わせやすいので、最初の1足にお勧めです。


b0365069_19065137.jpg

色名はMarble Chocolate(マーブルチョコレート)。
ダークブラウンとミディアムブラウンの中間あたりでしょうか?
比較的古いオリジナルカラーですが、常に人気上位を保っているBROSENTの定番色です。


b0365069_19071571.jpg

色名はSunset Brown(サンセットブラウン)。
所謂ミディアムブラウンです。
ミディアムブラウンはそれこそ多種多様に有りますが、こちらはややオレンジがかった色味が特徴です。


b0365069_19073254.jpg

茶系の最後はライトブラウン、その名もHoney Masterd(ハニーマスタード)。
メンテナンス次第で経年変化を楽しめるカラーだと思います。

続いては赤茶系を見てみましょう。


b0365069_19080817.jpg

BROSENTの赤茶系で一番濃いのがこちらのDeep Purple(ディープパープル)です。
かなり濃いのであまり派手さはありません。
グレーなんかと合わせるとカッコ良いと思います。


b0365069_19082809.jpg

続いてはClassic Bordeaux(クラシックボルドー)。
『ALDEN(オールデン)のNo.8っぽい色が欲しい』と言うご要望から生まれた比較的新しいカラーです。
濃い目の赤茶で使いやすい色味です。


b0365069_19090005.jpg


ミディアムブラウンに赤を入れた感じのこちらはAmerican Cherry(アメリカンチェリー)と言います。
クラシック感は薄れますが、軽快な感じがするので春夏には重宝しそうです。


b0365069_19092991.jpg

もちろんズバリ赤も可能です。
色名はHot Red(ホットレッド)。
赤は茶系と同じ系統の色合わせが可能です。
意外と人気があるんですよ!
赤の良い靴って意外と無いので。。。


とBROSENTのオリジナルカラーを見ていただきましたが、このサンプルを見て『もう少し濃く(薄く)』とか、『もう少し赤みを強く(弱く)』といったご注文も可能です!

好みの靴を好みの色で!BROSENTのフリーカラーシステムを是非一度ご経験ください!!



[PR]
by brosent | 2017-12-07 19:09 | オーダー靴