こんにちは。。。BROSENTの清水です。。。

今回はちょっと修理の事についてお話ししたいと思います。
BROSENTの店頭には修理前の見本が置いてあるのですが、それを見たお客様に『これ直るんですか!?』と言われることがあります。
『もちろん直りますよ!ただし。。。』と言うのが今回のお話です。
b0365069_15321756.jpg
こちらが修理前の見本。見事にソールに穴が開いてしまっています。
これ直るんです。ただし条件があります?

条件と言うのは製法です。これグッドイヤー製法であればまず確実に直ります。
『グッドイヤー製法かどうかなんて素人には分からないよ~』と言う方の為に簡単に靴の製法の見分け方をお教えしておきましょう。

条件としてはまずコバと言われるソール脇上面に縫い糸があること。
ただしこれはダミーの可能性もあります。機械製では最も高級とされているグッドイヤー製法に見せかけるため、安価な製法の靴にダミーで付ける場合があるのです。
b0365069_15333108.jpg
続いての条件は底面に縫い糸が出ていること。
こちらもただしが付くのですが、高級靴の場合は縫い糸が見えないようにするため、革の表面を少し剥がし、その下で見えないようにしている靴もあります。これをチャネリングと言います。
この場合は見えないこともあります。
b0365069_15340025.jpg
更に達人になるとアッパーのソールへの入り方で見分けます。これ以外と靴屋さんでも知らない人が多いので結構通だと思います?
グッドイヤー製法は製法の特性上アッパーが内側に巻き込みながらソールに入っています。
他の製法の場合垂直に近い感じでストンと入っています。
b0365069_15342878.jpg
因みにマッケイ製法の場合は、中を見ます。
中の際沿いに縫い糸があったらマッケイ製法と判断してまず間違いありません。
b0365069_15350736.jpg
上記のどれも無い場合はセメンテッド製法、ボンドでアッパーとソールを貼っただけの製法だと見て問題ないと思います。


上記のように見てみて、グッドイヤー製法だと判断されたら迷わず修理に出しましょう!
靴によっては上手に化けていたりする場合もありますので、分からなかったら気軽に持って来ていただいてご相談ください!

で、穴の開いた状態がどのように変身するかと言うと。。。

『靴大好きです!』という貴方ならこちら!先ほどの話でも出てきた縫い目を隠すチャネル使用のレザーソール、これがお勧めです。
b0365069_15362828.jpg
『そんなに拘ってはいないけど、同じようにレザーソールで直したい』方ならオープン仕様で直しましょう。
b0365069_15370764.jpg
『滑るの何とかしたい。。。』と言う方には、まずはレザーソール&ラバーヒールをお勧めします。
踵がゴムになるだけでだいぶん滑らなくなります。見た目もチープにならないのでお勧めです。
b0365069_15364954.jpg
『もっと滑らない方法は無いのか?』と言う方にはハーフラバーと言ってレザーの上にゴムを貼る方法もあります。
b0365069_15375467.jpg
革に似た色のゴムもあるので、これなら見た目も安心です。
b0365069_15382011.jpg
『雨の日も快適に履きたい』と言う方の為にラバーソールも多数ご用意しているので、靴の種類や用途によってご相談に応じさせていただきます。

詳しいソールの種類や、金額については当サイトの『革靴の修理』に掲載されていますので是非ご覧になって下さい!
ではまた!

[PR]
by brosent | 2016-12-24 15:38 | 革靴

こんにちは、BROSENTの清水です。。。

今回は前回に引き続き『アイレット』のお話です。
前回は『内羽根式』についてお話ししましたが、今回は『外羽根式』の靴についてです。
まだ『内羽根式』をご覧になっていない方は是非ご覧になってみて下さいね。

さて、『外羽根式』の『アイレット』を語る場合、『外羽根式』が大きく分けて2つのスタイルに分かれることを話さなければなりません。
2つのスタイルとは『アメリカンタイプ』と『英仏ビスポークタイプ』(今思いついたネーミングです。。。)です。
まずは『アメリカンタイプ』です。

b0365069_18120511.jpg
こちらは日本でも定番のタイプで、私が子供のころはこのタイプしか見たことがなかったと記憶しています。
国産メーカーも外羽根と言えばこのタイプでした。
羽根が大きく、『5(ファイブ)アイレット』が定番です。
現在でもALDENやAllen Edmondsなどアメリカメーカーでは主力靴の1つとなっています。
一方『英仏ビスポークタイプ』はもう少し羽根が小さくなります。
b0365069_18123058.jpg
b0365069_18124850.jpg
何故私が『英仏ビスポークタイプ』と名付けたかと言うと、その名前が示す通りイギリスやフランスのビスポーク(フルオーダー)のお店で良く見かけることが出来るタイプだからです。
このタイプはヴァンプ(甲部)が長く美しく見えるメリットがありますが、羽根が小さく靴ひもでの抑えがやや弱くなるため、靴自体である程度足を抑えなくてはならないといった弱点があります。
ビスポークメーカーであれば個人個人の足から作った木型を使うわけですから抑えは完璧です。
技術が進歩し、より立体的な木型でも靴を作れるようになった今では既成靴でも見られるようになってきていますが、釣込み(靴の成型)が上手で、且つ拘った木型を使ったメーカーの物でないとやはりフィット感を得られません。
BROSENTは日本屈指のメーカーであるセントラル靴謹製ですからその点問題なしですよ!(広告でした(-_-;))

そしてこの『英仏ビスポークタイプ』も2つのタイプに分類できると私は考えています。
一つは『Vフロント』と呼ばれるタイプ。
b0365069_18131923.jpg
羽根が小さく、V字になっていることがそう呼ばれ、英国のメーカーによく見られるタイプです。
数年前にちょっとブームになり、今では定番のデザインとなっています。

もう一つがこちら。。。

b0365069_18134445.jpg
日本ではまだお目にかかることの少ないスタイルで、私が『スクエアフロント』と呼んでいるタイプです。
パリなどフランスのビスポークメーカーが得意としているスタイルで、Vフロントより更にエレガントに見えるスタイルです。
BROSENTのプレーントゥは現在こちらのモデルを採用しています。

ご覧いただいた通りVフロントは『3(スリー)アイレット』、スクエアフロントは『2(ツー)アイレット』が基本です。
Vフロントは『2(ツー)アイレット』も見ることが出来ます。
どちらも羽根が小さく、ヴァンプ(甲部)が長く見えるので、特に足が小さくてお悩みの方にはお勧めです。

と言う訳で、『外羽根式に関してはアイレットの数が少なくなるほどエレガント』、覚えておいてください!


[PR]
by brosent | 2016-12-23 18:14 | 革靴

こんにちは、BROSENTの清水です。。。

皆さん『アイレット』と言う言葉はご存知ですか?
日本では『鳩目』と呼ばれるパーツで、正確には靴の紐を通す小さな穴に付ける金具の事を言いますが、通常は穴自体の事もそう呼びます。
この『アイレット』靴によって様々な数があるのですが、一体いくつが正当なのでしょうか?
皆さん考えたことありますか?
今回は『内羽根式』と『外羽根式』の2回に分けて『アイレット』について少しお話したいと思います。 
まずは『内羽根』式の靴、『オックスフォード』から。。。

まず『アイレット』は『クウォーター』とか『フェイシング』とか『レースステイ』と呼ばれるパーツに付いています。
金具が内側に付いているものを『内はと目』、外側に付いているものを『外はと目』と呼びます。
一般的には前者がドレッシーで、後者がカジュアルとなります。


b0365069_15441550.jpg
BROSENTでは『内はと目』の場合“ゴールド”?シルバー”?ガンメタル”の3色から、『外はと目』の場合は計11色の中からお好みのお色を選ぶことが出来ます。

b0365069_15450350.jpg
さて本題に戻りましょう。
この『アイレット』ですが、靴によって数が違うのを気にしたことがありますか?
実は靴によってその数は異なるんです。


現在最も多く見られるのが5つ穴の『5(ファイブ)アイレット』。
特にイギリスメーカーではこの5アイレットを採用しているところがほとんどです。
b0365069_15453003.jpg
イタリアやラテン系の国ではデザインとして『3(スリー)アイレット』と極端に少ない物も存在します。
レース間が浮いたりしてやや抑えが弱く、個人的にはあまり好きではありません。。。
b0365069_15455371.jpg
60年代のアメリカでは『7(セブン)アイレット』なんて靴も存在していました。
ややコスプレチックになってしまう感も否めませんが、クラシカルな印象で個人的には結構好きなタイプです。
b0365069_15462443.jpg
ではBROSENTの靴はどうでしょう?
じゃじゃん!
b0365069_15464569.jpg
『6(シックス)アイレット』です!
現代的な『5アイレット』とオールドアメリカン的な『7アイレット』の中間となる訳ですが、実は更に昔『6アイレット』が主流だった時代が存在します!
時は1940年代、フレッドアステアやハンフリーボガードたちが銀幕を飾っていたあの時代は『6アイレット』がごく一般的に履かれていたのです!
どうですか!?クラシックでかっこ良いでしょう!!

小さな小さな拘りではありますが、貴方の足元を往年の銀幕スターのように飾ってくれるBROSENTの靴、是非一度お試しください!!

[PR]
by brosent | 2016-12-20 15:47 | 革靴

こんにちは。BROSENTの清水です。。。

ビジネスやカジュアルで皆さんが何気なく履いている革靴ですが、シューレース(靴ひも)部分のデザインが2種類あるのをご存知でしたか?
今回はこの2つのデザインについて少しお話したいと思います。

革靴は大きく分けて短靴とブーツの2種類に分けられます。
ブーツの歴史は古く『古代ギリシャ』だとか『中世のドイツ』、はたまたネイティブアメリカンや寒冷地に住むエスキモーが最初だとか言われており、要は古すぎて実際のところは良く分かっていません。
恐らくはどこが元祖と言うよりは寒い地域の人たちが防寒の為にそれぞれが工夫して出来た多発的なものだと個人的には思っています。
幕末に初めて日本に入ってきた革靴もブーツでした。
坂本龍馬がチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)を履いて写っているいる写真が有名です。
b0365069_18141494.jpg
ちょっと話がそれましたが、今回はもう一方の革靴、短靴の話に戻しましょう。
革靴は短靴とブーツに分けられ、短靴は更に紐靴とストラップ(ベルトで止めるタイプ)、スリッポンの3つに分けられます。
更に紐靴は『内羽根式』と『外羽根式』の2つに分けられます。
この『内羽根式』と『外羽根式』皆さん、気にして履いてらっしゃいますか?
店頭でお話を聞いてみると気にしていなかったり、好き嫌いで履いてらっしゃる方が結構いらっしゃいます。
ではこの2つ、どう使い分ければ良いのでしょう?

皆さんが今日履かれている短靴の歴史は意外にもブーツよりも浅く、17世紀英国オックスフォード大学の学生が、ブーツに反対して履き始めたのが最初と言われています。
b0365069_18151831.jpg
この時履かれていた靴が『内羽根式』だったと言われ、現在でも『オックスフォード』と呼ばれています。
『内羽根式』とはシューレースを通す穴のある羽根部分の前方がヴァンプ(爪先革)に直接縫い付けられており、履き口がV字に開いて紐で絞めるタイプを言います。
文章で見ても分かりにくいでしょうから、写真をご覧ください。
b0365069_18184197.jpg
こちらです。
キャップトゥ(ストレートチップ)系に良く見られるデザインですね。
ドレスシューズの基本のデザインなので皆さんきっとお持ちでらっしゃると思います。
あ!先に答えを言ってしまいました。。。(-_-;)
そう、『内羽根式』はドレッシーなんです。
以前こちらのコラムでも触れたフォーマル度話を覚えていらっしゃいますか? ※まだご覧になっていない方はこちらをご覧ください。
フォーマルからタイドアップに合う靴のデザインは全てと言って良いくらいこの『内羽根式』なのです。

V字で開く羽根は爪先革が開かないため、調整幅が狭く、足回りが極端に広い足の方にはあまり向きません。
製法にもよりますが、履き始めはV字のトップが1cm前後開いているのが良いと言われています。

一方『外羽根式』はシューレースを通す穴がある羽根の部分が、ヴァンプ(爪先革)の上に縫い付けられており、中央部で開いて紐で絞めるタイプを言います。
またまた文章で呼んでも良く分かりにくいでしょうから、写真をご覧ください。
b0365069_18191508.jpg
その起源は1700年代後半にイギリスのダービー伯爵が競馬などの社交場に履いて行ったという説や、1800年代にプロシア(今のポーランドやロシアの周辺にあった国)の将軍が考案したハーフブーツが狩猟用として普及し、後に短靴にも採用されたとする説などがあります。
その為『外羽根式』は現在でも『ダービー』と呼ばれています。 ※馬の鞍に見た目が似ているからと言う説もあります。
さて、もう答えは分かりましたね?
どちらの説を取ったとしても、使用方法はカジュアルです!
『外羽根式』はカジュアル向きのデザインなんです。
その為スエードやコードヴァンなどカジュアル向きな素材との相性は抜群です。
コードヴァンがカジュアル?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、コードヴァンはカジュアル素材です。
欧米の方はスーツには履きません。ジャケットスタイルなど、少しスポーティな装いに合わせる素材なんです。
スーツに合わせてるのは日本人位でしょうか。。。
b0365069_18195066.jpg
羽根が上下ともに広がるので、甲部に大分ゆとりを取ることが出来ます。
その為足幅の広い方でも履きやすいデザインと言えます。
『内羽根式』同様製法にもよりますが、1cm程度は開いていた方が良いでしょう。

と、『内羽根式』=ドレス、『外羽根式』=カジュアル、と書いてきましたが、これはあくまでも基本です。
BROSENTでは合わないものを『合いますよ』とは言いません。『これこれこうだから、基本は合わないですよ。ただこれこれこうすれば合いますよ』と言うような、基本を踏まえたアドバイスをさせていただきます。
靴に関する様々なご相談もお受けしますので、是非お立ち寄りください。


[PR]
by brosent | 2016-12-13 18:20 | 革靴

こんにちは、BROSENT(ブロセント)の清水です。

全国のコンビ靴ファンの皆さま!
お気に入りの靴を探すのに苦労されていると思います。。。私もそうなので。。。
そんな皆さんに朗報です!!
気軽にコンビ靴が作れるお店BROSENTが登場いたしました!!
コンビ靴ファンの皆さん、括目です!!

ファッションや古い映画などに興味のない方だとただのコスプレにしか見えないコンビ靴。。。
でも私たちコンビ靴が大好きなんです!
そこで今回はコンビ靴について少し触れてみたいと思います。

コンビ靴、正確にはスペクテーター・シューズ、コレスポンデント・シューズと呼びます。
コレスポンデントは特派員とかそういった意味で、スペクテーターは観覧者と言う意味です。
前者がなぜ靴の名前になったかは良く解りませんが、後者は解ります。
スペクテーター、主にスポーツ観戦に行く人達が履いた靴なのです。
1910~1930年代、競馬やテニスの観戦は紳士淑女にとってスポーツを観戦する為だけでなく、ある種の社交場のような存在でした。
社交場へ赴くにはやはりある程度きとんとした装いをしていかなければなりません。
そこで登場したのが華やか、かつスポーティに見える2色使いのコンビ靴、スペクテーター・シューズでした。

b0365069_12070190.jpg
デザインは主にフルブローグ(ウィングチップ)か、セミブローグ(トゥに穴飾りが付いたキャップトゥ)と言ったスポーティなデザインが選ばれました。カラーはBlack&Whiteか、Brown&Whiteが主流だったようです。

b0365069_12074657.jpg
英国国王エドワード8世(後のウィンザー公)やダンサーであり歌手でもあったフレッド・アステアなど当時のファッションリーダー達が好んで履いた靴でもありました。
b0365069_12090816.jpg
時代は下り、1950~1960年代に入るとアメリカ東部の名門私立大学の生徒たちの間でコンビのサドルシューズが大流行します。ご存知アイビーブームです。
こうしてコンビシューズは一般大衆の中にも溶け込んでいきました。

b0365069_12105566.jpg
そして現在では。。。いちマニアックシューズに格下げとなっています。。。(T_T)
『派手だ』『履き方が分からない』といった声をよく聞きます。。。
いやいや、ちょい待ちです!
まずこちらをご覧下さい!

b0365069_12112071.jpg
スニーカーです。。。これを見て何か気付かれませんが?そう、多色なんです!
スニーカーではむしろ単色の方が少ないはずです。なのに何で革靴になると分からなくなるんでしょう!?
履いちゃえば良いんですよ、普通に!
例えば。。。ジーンズに!
b0365069_12115143.jpg
例えば。。。チノーズに!
。。。手持ちに青しかなくてすいません。。。(-_-;)
b0365069_12121282.jpg
バキバキに決めないと履いちゃいけないというルールは無いんです!
もちろんバキバキに決めても最高にかっこ良いですが。。。

世界の人たちもこんなリラックスした感じでコンビ靴を履きこなしています!
b0365069_12125201.jpg
BROSENTの靴はパターンオーダーですからお好みのコンビシューズが簡単に作れちゃいます!
コンビシューズをお探しの貴方!是非一度BROSENTを覗いてみてください!

[PR]
by brosent | 2016-12-12 12:13 | 革靴

こんにちは、BROSENTの清水です。

こんにちは、BROSENTの清水です。

今回は靴の寿命についてちょっとお話したいと思います。。。

靴屋をやっておりますと時々お客様から、「この靴ってどの位もちますか?」と聞かれることがあります。
これがまた非常に難しい質問です!
持っている足数、履く頻度、ご本人の体重、体質、履く環境などによって大きく異なってくるからです。
ではこれらの条件を無視して考えた場合はどうでしょう?
年数では言えませんが、製法によって靴の寿命が異なるのは間違いありません。

では靴の製法ってどんなものがあるのでしょうか?
靴の主な製法は大きく分けると3つに分かれます。
1.セメンテッド製法-アッパーとアウトソールを接着剤で付ける製法。
2.マッケイ製法-アウトソールを、インソールに縫い付ける製法
3.グッドイヤー製法-インソールとアッパーをウェルト(アウトソールを着ける為のパーツ)に縫い付け、アウトソールをウェルトに縫い付ける製法。

b0365069_16490582.jpg
これを靴の寿命と言う観点から特徴を見ていくと。。。

セメンテッド製法
・ソールの張替がほぼ出来ない。(やろうとすれば出来るのですが、ソールを剥がした際に接着面が傷んでしまうため、変えてもすぐに剥がれる可能性が高いのでお勧めしません)

マッケイ製法
・アウトソールは縫い付けなので、縫ってある糸を切ればソールの張替が可能です。ただしインソールに直接縫い付けてあるため縫い穴の問題で交換しても1~2回程度。

グッドイヤー製法
・ソール交換の際アッパーやインソールには触れないので、2回、3回、多いと4回程度までソールの張替が可能。生産したメーカーなら木型があるので、ウェルト交換まで可能。

ここまででグッドイヤー製法がダントツで寿命が長いのは分かりましたね?もちろん一番手が込んでいるので価格的には。。。ですが(-_-;)


続いてはお手入れ方法による寿命の伸ばし方です。
そしてそのグッドイヤー製法の靴を更に長持ちさせるのが、以下の方法です。

前述したとおりグッドイヤー製法はウェルト、日本ではコバと言われるパーツにアウトソールを縫い付けています。
つまり。。。ウェルトを長持ちさせる=ソールの交換可能な回数を増やす=靴が長持ちする、と言うことになる訳です。
物を大事になさっている方や靴好きの方、きれい好きの方、お洒落な方ならアッパー(甲部)にはクリームを縫ってお手入れをなさっていると思います。
その際ウェルトにもクリームを塗っている方は意外と少ないです。
大概のウェルトは革で出来ているので、ほっておくと乾燥して硬くなり、終いには割れてしまいます。
アッパーに塗るクリームで栄養を与えることでそれを回避することが出来るので。

b0365069_16504573.jpg
更に!つま先などを光らせるポリッシュを薄く塗ることで水を弾く効果が得られるのでこれもお勧めです!
b0365069_16514668.jpg
b0365069_16514520.jpg

コバを磨くことで靴全体がきれいに見えるようになるので、是非やってみて下さい。
b0365069_16530000.jpg
b0365069_16525986.jpg
最後に底面に【ソールモイスチャライザー】を塗ってアウトソール本体にも栄養を与えましょう。
乾燥によるひび割れ防止だけではなく、減りを抑えることが出来る優れものです。
水分、養分を含んだ生のカツオは鰹節削りで削れませんが、乾燥した鰹節は削れる、と言う私の表現で分かるでしょうか。。。(-_-;)

ぜひ実践して大切なお靴を長く履いて下さいね!



[PR]
by brosent | 2016-12-06 16:56 | 革靴