こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
短期連載『オーダーで選べるディティール』。前回のソールの素材に続いて、今回はソールの細かい仕様をご紹介していこうと思います。
前回の素材編をご覧になっていない方は、下記からご覧いただけるので是非ご覧ください。

⇒『オーダーで選べるディティール~ソール編1』

まず初めに前回同様BROSENTのオーダー方法について触れておきます。
前回も読んで頂いている方は飛ばしちゃってくださいね!

BROSENTのオーダーは基本オプション=ほぼフルオプション、となっています。
通常オーダーは基本価格があり、オプションを追加していく方法が一般的です。
これだと基本価格の安さに釣られてオプションを追加していく内にビックリするような価格になるなんてことも( ゚Д゚)。
BROSENTではお客様に安心してオプションを色々と選んで頂けるよう基本をフルオプションとし、その他のオプションを選ぶごとに価格が下がっていく方法を取り入れています。(一部追加料金のオプションもございます)
お財布を気にせずお好みのディティールをお選びください。


では本題に参りましょう!
ソールの素材が決まったら次に決めるのがソールのステッチの仕様です。
種類は2種類です。



b0365069_14310922.jpg
b0365069_14311398.jpg

左は出し抜いと言われる糸を隠したヒデュンチャネル仕上げです。
日本の職人さんたちはドブ伏せ呼ぶのでBROSENTの仕様書はこちらになっています。
右は糸が見える仕様でオープンチャネル仕上げです。
日本の職人さんたちはぶち縫い呼びます。
何となくワイルドです。。。(;^_^A
それぞれ価格は。。。

ヒデュンチャネル 0円 ※基本オプションとなっています
オープンチャネル -2,000円(税抜)

続いてはソールの色です。
種類は大きく分けて3種類です。


b0365069_14362616.jpg
b0365069_14362926.jpg
b0365069_14363280.jpg

まず上が基本のナチュラル仕上げ
賛否の分かれるところですがBROSENTの二人は『素材の良さが一番出ていて高そうに見える』と思っている為これが標準仕様となっています。
続いては真ん中は全カラスと呼ばれる仕様です。
黒か茶をお選びいただくことが出来ます。
最後に下が俗に半カラスと呼ばれる前がナチュラルでウェスト部分のみ色を入れた仕様です。
ウェスト部分をシャープに見せる効果があり、オーダー靴を初めとする高級靴で良く取り入れられる仕様です。
たまに前後の色が逆になっている物を見ることがありますが、前の方は削れてくるのでその内単色になります。。。(-_-;)。
『知らないでやってるのかな。。。』と。。。
価格は。。。

ナチュラル仕上 0円 ※基本オプションとなっています
全カラス    0円
半カラス    +3,500円(税抜)

半カラスで思い出しました!
最近登場したばかりの新仕様、半カラス風ハーフラバーもお付けする事が出来ます。


b0365069_14371920.jpg

滑るのが気になると言う方に早くも好評を頂いております。
価格は。。。

ハーフラバー +5,500円(税抜)


続いては底面、ウェストの仕様です。
こちらは2種類から選ぶことが出来ます。


b0365069_14375722.jpg
b0365069_14380043.jpg
左が標準仕様となっている立体的な形状のフィドルバック
フィドルとはバイオリンの事です。
バイオリンの背面も同じようになっており、そこから来た名称みたいですね。
ウェストを細く見せる効果があり、ドレッシーさがアップします。
因みに日本には今まであまりなかった仕様なのか、年配の職人さんたちは『もっこ○』という放送禁止的な呼び名で読んでいます。。。(-_-;)
b0365069_14383967.jpg
右が平らなフラットバックです。
フィドルバックに比べカジュアル度の高い仕様です。
どちらが良いと言うことはありません。
どういったテイストの靴を作りたいかで選んでください。
例えばスエード&ダブルソールを使ったカジュアルテイストの靴をフィドルバックにするとバランスが悪くかっこ悪いです。
因みにラバーソールはフラットバックとなります。
価格は。。。

フィドルバック 0円 ※基本オプションとなっています
フラットバック 0円

とソールに関する仕様は以上です!
次回はウェルト編です!
お楽しみに!




[PR]
by brosent | 2017-05-28 14:39 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTのオーダーには選択可能なディティールが、それこそ多種多様にございます。
そこで短期連載『オーダーで選べるディティール』として、これらをご紹介していこうと思います。
オーダーをお考えになっている方の参考になれば幸いです。
第1回目はソールの素材です!

b0365069_19023414.jpg

まずご説明しておかなければならないのが、BROSENTのオーダーの仕組みです。
BROSENTのオーダーは基本オプション=ほぼフルオプション、となっています。
通常オーダーは基本価格があり、オプションを追加していく方法が一般的です。
これだと基本価格の安さに釣られてオプションを追加していく内にビックリするような価格になるなんてことも( ゚Д゚)。
BROSENTではお客様に安心してオプションを色々と選んで頂けるよう基本をフルオプションとし、その他のオプションを選ぶごとに価格が下がっていく方法を取り入れています。(一部追加料金のオプションもございます)
お財布を気にせずお好みのディティールをお選びください。

では参りましょう!
ソールの素材は全部で5種類。レザー2種類とラバー2種類です。
まずはレザーからご紹介しましょう。


b0365069_19031352.jpg
b0365069_19031582.jpg
b0365069_19031819.jpg
上から基本オプションでもあるドイツのレンデンバッハ社製のオークバーク。
海外の一流メーカーも使用する高級素材です。
真ん中がローファーの返りを良くするために独自に開発したイタリアン・スーパー・ソフト。
もちろんその他の靴にも付けることが可能です。
最後に下がイタリアン・ソフト。
BROSENTの中では一番低価格の革底になりますが、ベルギー製やアルゼンチン製のレザーソールよりも高いので、決してチープな物ではありません。
価格はそれぞれ。。。

レンデンバッハ社製のオークバーク 0円 ※基本オプション
イタリアン・スーパー・ソフト      -1,500円(税抜)
イタリアン・ソフト           -2,300円(税抜)

因みにイタリアン・スーパー・ソフトはイタリアンソフトと比較するとこの位柔らかいです!

b0365069_19060607.jpg
続いてはラバーソールです。

b0365069_19064418.jpg
b0365069_19064876.jpg
上が英国ハルボロラバー社製のスタッズドソール、通称ダイナイトソールです。
因みにダイナイトと言うのはシリーズの名前で、正確にはスタッズドソールと言います。
高級靴ではドレスからカジュアルまで幅広く使用されているので見たことがある方も多いのではないでしょうか?
下がイタリア・ビブラム社のイートンソール。
スタッズドソールとパターンが似ていますが、より柔らかく、ゴム独特の粘りがありグリップ力が高いのが特徴です。
価格はそれぞれ。。。

スタッズドソール -2,300円(税抜)
イートンソール  -2,500円(税抜)

また各ソールはそれぞれ厚みを変更することが可能です。

b0365069_19085288.jpg
b0365069_19073971.jpg
b0365069_19074253.jpg

上が基本オプションのシングルです。
最もドレッシーな仕様なので、ビジネスに使用するならこれが一番です。
真ん中がダブルです。
シングルとは反対に最もカジュアル向きの仕様となります。
写真はラバーソールを用いたダブルになりますが、もちろんレザーで行うことも可能です。
下はシングルとダブルの中間にあたるハーフミッドと呼ばれる仕様です。
爪先前半部はダブルで屈曲部分周辺からうしろにかけてシングルになっています。
オンオフ兼用で使いたい靴などに用いると良いと思います。
価格はそれぞれ。。。

シングル    0円 ※基本オプション
ダブル     +800円 ※イタリアンソフト、スタッズド、イートンから選択可
ハーフミッド  +800円 ※イタリアンソフト、スタッズド、イートンから選択可

特別製にはなりますが、過去にはこんな靴をお作りしたことも!


b0365069_19073642.jpg
『結婚式用にどうしてもヒールを高くして欲しい』と言うご要望があり、ヒールを高くし、その分のバランスを取るようにトリプルのハーフミッドにしました。
メーカーの社長さんに『面倒臭ぇもの取るんじゃねぇ!( ゚Д゚)三3』と怒鳴られましたが、ご要望があればまたやります!( ̄ー ̄)
ただし金額は要相談になりますので、その辺りはご容赦くださいm(__)m

ソール編は以上となります。
次回はソール周りの細かいディティールをご紹介しようと思います。
では!
[PR]
by brosent | 2017-05-22 19:09 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
世界には色々な靴メーカーが有ります。
イギリス、イタリアだけではありません。
イギリスは有名ですが生産量だけで言ったらヨーロッパのベスト3にも入らないんですよ!
その点2位のスペイン、3位のポルトガルは安い靴も大量に作ってはいますが、一部のメーカーはイギリスの技術とラテンのセンスを融合させた良い靴を作るメーカーがあったりします。
また物価が安いため工賃も安く、これらの国の靴は同クウォリティならイギリス靴より断然お得です。
今回はそんなハイコストパフォーマンスの国ポルトガルのカルロス・サントスのお話です。
興味があったらお付き合いください。


清水『スペインとポルトガルって俺ら日本人からすると何かほぼ一緒、みたいなイメージない?』
本間『ありますね~』
清水『中世の頃はライバル国だったけど、今は規模的にやっぱりスペインだよね?観光もあるし、サッカー強いし。俺バルサファンだし』
本間『あんまりそれは関係ないと思いますけど確かにメジャーですよね、スペインの方が』
清水『でも現地の日本人に聞いた話だけどポルトガル人の方がスペイン人より真面目だって。彼等自分たちが小さい国だってことを理解してるから、一生懸命やるって仕事とか。英語が話せる人の割合もスペインよりポルトガルの方が多いんだって。まぁ皆が皆って訳じゃないんだろうけどね』
本間『へ~。で、そのポルトガルを代表する靴メーカーがカルロス・サントスって訳ですね?』
清水『そういう事』

b0365069_18191228.jpg
清水『どの位代表してるかって言うと。。。社長がサー位』
本間『サー?愛ちゃん?』
清水『サーだよ、サー。サー何とかって言うだろ?ナイトだねつまり』
本間『偉いじゃないですか、社長!』
清水『そうなんだよ。地元の名士だな』
本間『で、また行っちゃったんですか、工場?』
清水『もちろん!工場見ないと始まらないだろ』
本間『ポルトガルって言うと、リスボンとポルト位しか知らないんですけど。。。』
清水『俺も。。。でも正解。ポルトです。ここからはWikiだけど、ポルトの歴史は古代ローマまで遡るんだって。ポルトゥス・カレ(カレの港)って言う町だったのが、カレが取れて港を意味するポルトだけが残ったと。で、この辺りから王国が起こってポルトガルって名前になったそうです』
本間『勉強になりますね~』

b0365069_18200493.jpg
b0365069_18202681.jpg
清水『旧市街地自体が世界遺産になってて、聖グレゴリオ教会とか、ドン・ルイス1世橋とか歴史的建造物があってとてもきれいな街だったな~。特に気に入ったのがドン・ルイス1世橋。かのエッフェル塔をデザインしたエッフェルのお弟子さんが設計した2階建ての橋で。。。』
本間『早く工場行きましょうよ~』
清水『。。。すまん。。。では行こう』

b0365069_18210860.jpg
本間『立派な工場ですね!』
清水『この当時移転したばかりだって言ってたから綺麗だったね~。デカイし!』

b0365069_18213831.jpg
本間『ホントだ!体育館みたいですね』
清水『そうだな(^。^)y-.。o○』

b0365069_18225073.jpg
b0365069_18223758.jpg
清水『ここんちの凄いのはグッドイヤーとマッケイが両方できるところ』
本間『無いんですか?あんまり』
清水『意外とないね~。マッケイとMG(イタリアでいうブラックラピッド)が出来るメーカーは結構多いんだけど、グッドイヤーとマッケイは珍しいわ。ちょっと専門的だけど、グッドイヤーの掬い縫いがネックなんだろうな。因みに上の写真の左がマッケイ用のミシンで、右がグッドイヤーの出し縫い用のミシンだ』
本間『へ~』
清水『だからここんちは昔ジョンロブがやってたみたいな、前がグッドイヤーで、なるべく細く絞り込みたいウェスト周辺をマッケイにするっていう特殊な製法も出来ちゃったりする』
本間『それは凄いですね!』
清水『優秀なんだよ、ここんち。実際俺が見た中では最も革靴文化のレベルが高いパリで売れてるって言ってたからな』
本間『パリってそうなんですか?』
清水『あくまで俺の主観だけど、街を歩く一般人の革靴のレベルが総じて高いような気がするんだよ、パリは。新しいものバンバン開発するのもフランスメーカーが多いし』
本間『そう言えなそうですね。そこで売れてるって事は本物って事ですね』
清水『だと思うよ、俺は』

本間『如何でしたか?ポルトガルのカルロス・サントス。有名じゃなくても良いものは沢山有るんですね。そんな世界の靴を見て来た清水が「楽勝!」と言って憚らないBROSENTの靴、是非一度足入れをしにお店にいらっしゃってください!』
清水『俺はそこまで言ってねぇ』
本間『自信ないんですか?』
清水『いや。。。え~。。。無くは無い。。。』
本間『では、また!』

[PR]
by brosent | 2017-05-18 18:24 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴下ってどうやって選ばれていますか?
靴の色や服の色に合わせて靴下を変えるだけで随分とお洒落に見えますよ!


街中の階段やエスカレーターに乗っているとついつい見てしまう前の人の足元。。。(-_-;)
完全に職業病ですが、気付くこともたくさんあります。
例えば如何にサイズの合わない靴を履いている方が多いかってこと。
恐らく半分以上だと思います。
これってご本人じゃなくて、靴を売っている販売側に責任があるんだよな~。。。と思います。
他にも踵がメチャメチャ減っていたり、この人シューホーン(靴ベラ)使ってないんだろうな~とか。。。
あとはやはり目につくのが靴下です。
パンツに隠れてしまうので脇役的な存在ではある靴下ではありますが、そこに気を使っている人を見ると『お洒落さんだな~』と感心してしまいます。
今回は靴と靴下の色の簡単な合わせ方のお話をしたいと思います。


まずはパンツがグレーの場合を見てみましょう。
基本は『靴下は靴かパンツの色に合わせるべし!』です。

b0365069_19243257.jpg
b0365069_19244197.jpg
b0365069_19250508.jpg
b0365069_19251438.jpg
グレーのパンツに黒靴を合わせる場合は定番的にはグレーか黒が高相性です。
一方茶系はやはり相性が悪いようです。。。
そして個人的にお勧めなのが明るい同系色!
これ一つでお洒落に見える必殺合わせです。


続いてグレーパンツに茶靴を合わせる場合です。

b0365069_19275157.jpg
b0365069_19280639.jpg
b0365069_19281711.jpg
これも定石茶系とグレーは相性が良いようです。
黒は靴下だけ重く見えてしまい相性は良くありません。


ではネイビーのパンツはどうでしょう?
基本はグレーのパンツの時と一緒です。

b0365069_19294353.jpg
b0365069_19294966.jpg
b0365069_19295700.jpg
b0365069_19300861.jpg
黒とネイビーは上手くまとまって見えます。
写真はオレンジですが、茶系は難しそうです。
一件派手なので洒落て見えるかもしれませんが、やはり履く人や仕事を選ぶかもしれませんね。


最後にネイビーパンツに茶靴を合わせてみましょう。

b0365069_19313250.jpg
b0365069_19314272.jpg
b0365069_19314989.jpg
b0365069_19320778.jpg
茶靴の場合は茶系がお勧めです。
ネイビーでも落ち着いて見えますが、お洒落に見えるのは茶系です。
あとお勧めなのがボルドー系。
イタリア人がネービー&茶靴の時に良く履く組み合わせなのですが、華やかに見えます。
これグレーのパンツの時もいけるので、茶靴が好きな方には是非真似して欲しい合わせです。


如何でしたか?『靴下は黒!無地!』と言わないで色々と試してみて下さい。
靴下一つで『○○さんってお洒落ですよね!』なんて言われちゃうかもしれないですよ!

[PR]
by brosent | 2017-05-14 19:32 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTではブラックのカーフはレディーメイドでの取り扱いとなっていますが、オーダーが基本となっています。
オーダーと言うと『物凄く高い』『知識が無いと難しいのでは?』とお思いの方も多いと思います。
ですがご安心ください。
20万、30万する木型から作るオーダーと比べても格段に安く、且つサイズの微調整や素材や色の選択、様々な仕様の選択などかなりの自由度があります。
この自由度こそがオーダーの何よりの醍醐味です。
今回はその醍醐味の一部をご紹介したいと思います。


まずは素材と色。
素材の基本はカーフとスエードです。
それぞれインポートの有名タナリーのS、A級ランク(有名タナリーの物でもB級、C級があったりするので名前だけで買うと騙されますよ(;^_^A。と、国産の高級素材の2種類をご用意しています。
ご予算に応じてお選びいただけます。
因みにカーフの場合インポートが基本オプションとなっているので無料、国産だと10,000円ほど安くなります。

b0365069_16491816.jpg
色はBROSENT独自のシステムであるフリーカラーシステムとなっています。
ここがBROSENTがただの靴屋と違う所で、靴屋でありながら染め替えやクリーニングの名人が常駐しているので、その技術を用いてカラーはご自由に選択する事が出来るのです。
靴は最初ヌメ革で生産されます。
それをお好みの色で染めてからお客様のお手元にお渡しいたします。
良く分からない場合も店頭のサンプルや雑誌などから『この感じでもう少しだけ濃く』などのご要望が可能です。

b0365069_16495549.jpg
b0365069_16495901.jpg
もちろんスペクテーター、コレスポンデントなどと呼ばれるコンビ靴も得意中の得意です。
『こう言ったコンビの靴を探してるんだけど、なかなか無いんだよね~。あってもちゃちくてさ~。。。』というお客様に大好評です。

b0365069_16504124.jpg
b0365069_16505607.jpg
   
続いては意匠です。
意匠の選択で靴の顔つきは大きく変わってきます。
例えばウェルトと呼ばれるパーツですが、フラットとスプリットという2種類から選ぶことが出来ます。
ドレスっぽい靴もスプリットを選べばあっという間にカントリー調のカジュアル靴に早変わりします!

b0365069_16522353.jpg
b0365069_16522672.jpg

メダリオン(=つま先に入る穴飾り)や、パーフォレーション(=縁取りの穴飾り)と言った衣装も付けたり取ったりすることで、とても同じ靴とは思えないほど見た目が変化します。
はと目と言われる靴ひもを通す穴も内側から外側へ持ってくることでグンとカジュアル感を増すことが出来ます。

b0365069_16555423.jpg
b0365069_16555799.jpg
どうですか?
楽しくなってきましたか?
他にもソールの見た目、バックルの色などなどなどなど、殆どの仕様が無料で選択が出来ます。
何故ならBROSENTの靴は基本仕様がほぼマックス仕様なので、大抵の場合選ぶことで安くなる事の方が多いのです!

b0365069_16565754.jpg
b0365069_16570644.jpg
b0365069_16570244.jpg
b0365069_16570892.jpg

b0365069_16575023.jpg
b0365069_16575501.jpg
最後は肝心のサイズの話です。
折角作った靴もサイズが合わなければただの拷問道具です。
良くある幅を合わせる為にサイズと上げたり下げたりするなんてことはBROSENTでは致しません!
長さはしっかりキープした上で、幅や高さの調整をしっかりとやらせて頂きます!

でないとBROSENTの靴最大の魅力フィット感を味わってもらえないからです!
高いインポートの靴を買うなら同じ程度の価格でここまで楽しめる方が良くないですか?


見た目から履き心地まで貴方の為に作る1足、是非一度挑戦してみて下さい!
オーダー初心者さんも大歓迎ですよ!

[PR]
by brosent | 2017-05-08 17:01 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
今回は超絶技巧、稀代の名職人ディミトリー・ゴメス氏のお話です。
興味があったらぜひお付き合いください。


本間『清水さん、今日本に海外の靴ブランドいくつ入って来てるか知ってますか?』
清水『お前知ってるのか( ゚Д゚)!?』
本間『いや、知りません。。。』
清水『何だよ!俺は「凄ぇ!」っていう準備完璧だったぞ!』
本間『でもかなりの数ですよね?』
清水『確かにな。既成靴からビスポークまで。世界でこれだけ集まってる国も無いんじゃないか?』
本間『やっぱりそうですよね~。そう言えば何とかゴメスって靴やってましたよね?』
清水『ディミトリー・ゴメスな』
本間『そうそれ。あれめちゃくちゃ高かったですよね?』
清水『高かったな~、あれは!当時カーフの既成靴じゃ日本一高かったんじゃないか?』
本間『あれ、何であんなに高かったんですか?』
清水『良い質問だ。じゃあ今回はゴメスの話にしよう』

b0365069_18581557.jpg
清水『彼がディミトリー・ゴメスさん。C&Jがパリに店を出す時に、ある有名人の紹介でショップの中に工房を構える事になったビスポーク職人さんだ』
本間『C&Jのショップの中?』
清水『そう。ショップの一角を小さな工房してそこで靴を作ってるんだ』

b0365069_19022789.jpg

清水『工房の壁は彼のコレクションが所狭しと、埃まみれで並んでます』
本間『汚っ( ゚Д゚)!ホントに埃まみれですね!』
清水『外人さんは大概そんなもんだ。前にカルミナ時に話したろ?』
本間『そう言えばそうでしたね。。。』

b0365069_19043869.jpg

清水『ディミトリー・ゴメスさんと言えば』
本間『知ってます!C&Jのラスト337を作った人ですよね?』
清水『ブブ~!って雑誌に書いてあったんだろ?』
本間『はい。。。』
清水『正確にはアドバイスをしただけらしいぞ。監修っていうのか?雑誌に書いてあることを鵜吞みにするな』
本間『はい~。。。』
清水『ま、とにかく関わっていた事には変わりない。社長のジョナサンの信頼度も高くラスト337以外の事も色々とアドバイスを受けてたみたいだな』
本間『へ~』
清水『まぁ、彼が作る靴はエレガントの一言に尽きるよ』

b0365069_19051918.jpg
b0365069_19052460.jpg
清水『スクエアと言えばイタリアを想像する人が多いと思うんだけど、やっぱり元祖はイギリスなのな。クレバリーとかガジアーノとかそうだろ?』
本間『そう言えばそうですね』
清水『ゴメスのスクエアはイギリスのスクエアとも、イタリアのスクエアとも雰囲気が違うんだよ。やっぱりフランスっぽい、パリっぽいとしか言いようがないかな』
本間『そうですね。クレバリーとかに比べるとカクカクしてないですし、イタリアのに比べるとよりエレガントと言うか。。。』
清水『だろ!?でも最初の頃はこんなの作ってたらしいけどな( ̄ー ̄)ニヤリ』

b0365069_19055100.jpg
本間『。。。ちょ、ちょっと野暮ったいですね。。。』
清水『(笑)』

清水『あ、そうだ。何で高いかだったな?』
本間『そうでした』
清水『あれは俺が当時働いてた店がフルスペックで複数足ビスポークした靴だからだよ』
本間『良く分かりませんが。。。』
清水『オリジナルで木型を各サイズ作って、手作業で全て作ってもらった。つまりビスポークと同じ手間でやってもらった訳だ』
本間『なるほど!だからビスポークみたいな値段なんですね?』
清水『そういうこと。でも一つ勘違いするな。ビスポーク=高い、凄い、っていう認識は間違えてるぞ』
本間『違うんですか?』
清水『一人のお客様に対して一つの物を、靴でいえば木型から作るのがビスポークだろ。だからハンドで作ろうがマシーンで作ろうがビスポークはビスポークだ。雑誌に書いてある「ビスポーク級の。。。」とか「ビスポークレベルの。。。」って言うのは表現がおかしいんだよ。「ハンドメイドならではの。。。」とかなら分かるけど』
本間『そういう事か』
清水『そういう事。だからあの靴はハンドメイドのビスポークと同じ手間がかかってる=高い、と言う事なんだ』
本間『解決しました!』
清水『そりゃ良かった』

本間『しかしうるさいお人だ。そんなうるさい清水が作ったBROSENTの靴。多分良いんでしょう!是非一度足入れしにお店にいらっしゃってください!』

[PR]
by brosent | 2017-05-04 19:06 | 革靴