こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは。。。BROSENTの清水です。。。
BROSENTのオーダーはフリーカラーシステムと言って黒や白以外の表革は全て店舗の職人さんによって1足1足手で染められています。
ですからお客様はお好きなデザインの靴をお好きな色で買える訳です。
そんなフリーカラーシステムを支えているのが良質の革たち。
しかしその革に現在大変な問題が生じています!
今回はそんなお話です。


b0365069_18282108.jpg

洋の東西を問わず現在世界中の靴屋さんが困っているのが革の不足と値段の高騰です。
以前英国クロケット&ジョーンズのジョナサン社長がこんな話をしていました。
『革の値段の高騰には本当に頭を悩ませています。高騰の理由は大きく分けて二つあります。一つはヨーロッパの食生活の変化です。以前は牛肉を大量に消費していましたが、現在はそれほど多く消費していません。(大抵の革は食牛を使います)もう一つは中〇の大量仕入れです。この先がとても心配ですね。』
これが本当の理由だとすると、革の値段はこの先下がらないかもしれないです。。。(T_T)

と、まぁ嘆いていも始まりません。
ある物の中からより良い物を使うしかありません。
現在BROSENTでメインで使用している表革は2種類です。

まず一つ目がフランス・ANNONEY(アノネイ)社のVOCALOU(ボカルー)と言う革の黒
しっかりと仕上げが施されており、光沢がしっかりしています。
厚みもあり耐久性も抜群です。

b0365069_18284361.jpg

もう一つは同じくANNONEY(アノネイ)社のVEGANO(ヴェガノ)と言う革のナチュラル=ヌメです。
仕上げが浅く、色の変化を付けるのに適した革です。
海外の有名メーカーも茶系などはVEGANOかイタリアのイルチェア社のBETISを使っている場合が多いです。


b0365069_18290797.jpg

これがまた高いんです!!(T_T)
ヌメはキズや血筋(血管の跡)が誤魔化せないため、本当に良い部分じゃないと出来ないんですね。
値段は黒の1.3~1.5倍します!
断言します!『海外の一流タンナーの良い革を使って3万円台とかは無理です(T_T)』
ですがこのヌメを使って靴の価格を黒と同じにしている辺りにBROSENTの甘さを感じますね(-_-;)


さて裏事情はここからです。(キ▼O▼)/
雑誌や店頭でよく『フランスの名門タナリー、アノネイ社のカーフを使用!』なんて書いてありますが、皆さん革にはランクがあるのをご存知でしたか?
革は天然ものです。人間の肌が一人一人異なるように、牛も1頭1頭皮が異なります。従って1枚たりともまったく同じ品質の革はありません。
その為革はランク付けがされて売られているのです。
いくら良いタナリーの革でもランクが下がれば、ちょっとランクが下がるタナリーの1番ランクが良い革の方が良い場合があるのです!

もちろんBROSENTでは基本的に1級と呼ばれる一番良い物を使用しています!
革屋さんからは『100枚に2~3枚』と言われている厳選された1枚です。
ほらほら!


b0365069_18292379.jpg

BROSENTに嘘はありません!
今現在手に入る最も良質の素材を使って、お好きなデザインの靴を、お好きな色でお作りする。
しかも幅などのサイズ調整も可!
このスタイルがいつまで続けられるか分かりませんが、出来るだけお客様のお洒落のサポートをし続けたい、そう思っています。




[PR]
by brosent | 2017-12-25 18:33 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
だいぶ暖かくなってきました。
もうすぐ春ですね。
暖かくなると洋服も軽い感じの物が増えてくると思います。
そうなると茶靴の出番です!
ご存知BROSENTのフリーカラーシステムを使えばどんな茶色でも出来ちゃいますよ!!


『デザインは良いんだけど、もう少し茶色が濃ければな~。。。』とか、『もう少し赤っぽいのがあれば良いのに。。。』という経験はありませんか?
BROSENTなら好みのデザインを好みの色でお作りすることが可能です。
雑誌の切り抜きや、ネットで見つけたものをプリントアウトして持って来ていただいてもOKです。
もちろん店頭には様々な色見本をご用意しているので、そちらから選んで頂いても構いません。
今回は店頭にある色見本、BROSENTのオリジナルカラーを茶系に絞り込んでご紹介致します。

まず茶系は赤が入っていないものと入っているものに分けられます。
前者は所謂ダークブラウンとかミディアムブラウンと呼ばれる仲間です。
比較的落ち着いた雰囲気が特徴です。

b0365069_19040478.jpg

一方後者はバーガンディとかボルドー、日本では赤茶と呼ばれています。
若干華やかな雰囲気となります。

b0365069_19050506.jpg

まず前者から見ていきましょう。

b0365069_19060322.jpg


その名もTraditional Brown(トラディショナルブラウン)。
所謂ダークブラウンです。
濃い茶色はどんな色の服にも合わせやすいので、最初の1足にお勧めです。


b0365069_19065137.jpg

色名はMarble Chocolate(マーブルチョコレート)。
ダークブラウンとミディアムブラウンの中間あたりでしょうか?
比較的古いオリジナルカラーですが、常に人気上位を保っているBROSENTの定番色です。


b0365069_19071571.jpg

色名はSunset Brown(サンセットブラウン)。
所謂ミディアムブラウンです。
ミディアムブラウンはそれこそ多種多様に有りますが、こちらはややオレンジがかった色味が特徴です。


b0365069_19073254.jpg

茶系の最後はライトブラウン、その名もHoney Masterd(ハニーマスタード)。
メンテナンス次第で経年変化を楽しめるカラーだと思います。

続いては赤茶系を見てみましょう。


b0365069_19080817.jpg

BROSENTの赤茶系で一番濃いのがこちらのDeep Purple(ディープパープル)です。
かなり濃いのであまり派手さはありません。
グレーなんかと合わせるとカッコ良いと思います。


b0365069_19082809.jpg

続いてはClassic Bordeaux(クラシックボルドー)。
『ALDEN(オールデン)のNo.8っぽい色が欲しい』と言うご要望から生まれた比較的新しいカラーです。
濃い目の赤茶で使いやすい色味です。


b0365069_19090005.jpg


ミディアムブラウンに赤を入れた感じのこちらはAmerican Cherry(アメリカンチェリー)と言います。
クラシック感は薄れますが、軽快な感じがするので春夏には重宝しそうです。


b0365069_19092991.jpg

もちろんズバリ赤も可能です。
色名はHot Red(ホットレッド)。
赤は茶系と同じ系統の色合わせが可能です。
意外と人気があるんですよ!
赤の良い靴って意外と無いので。。。


とBROSENTのオリジナルカラーを見ていただきましたが、このサンプルを見て『もう少し濃く(薄く)』とか、『もう少し赤みを強く(弱く)』といったご注文も可能です!

好みの靴を好みの色で!BROSENTのフリーカラーシステムを是非一度ご経験ください!!



[PR]
by brosent | 2017-12-07 19:09 | オーダー靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴にクリームを塗る時何を使っていらっしゃいますか?
靴クリームを塗る専用のブラシ、ペネトレイトブラシを使うと便利ですよ!

b0365069_18574248.jpg

靴クリームを塗る専用のブラシ、ペネトレイトブラシ。
『布じゃダメなの?』とよく聞かれますが、ダメではありません。
ただ布がクリームを吸ってしまうので、1回に使うクリームの量が増えてしまうと言う欠点があります。
少なくなって来たクリームを取る時にビンの淵に付いたクリームで手が汚れたりします。
そんな時このペネトレートブラシがあると大変便利です。

b0365069_18580635.jpg

従来の商品がこちら。
一般的に売られているペネトレイトブラシです。
ですがこれちょっとした弱点があります。
例えばモゥブレイのように浅い瓶のクリームなら問題ないのですが。。。

b0365069_19024102.jpg

イングリッシュギルドやサフィールのように深い瓶に入ったクリームだと。。。

b0365069_19030359.jpg

ヤバいです!ギリギリです!
これだとうっかり手に付いちゃう可能性も出てきます!
そこで登場するのが今回の主役、イングリッシュギルドのペネトレイトブラシ、その名もスプレッドブラシです!

b0365069_19032560.jpg

これなら瓶の深いクリームでも余裕です。
しかも見た目がカッコイイ!!

b0365069_19034854.jpg

通常のペネトレイトブラシは400円ですが、こちらは700円です。
300円の差で味わえるこの優越感。
お得です!!
是非一度味わってみて下さい!!

b0365069_19042294.jpg


[PR]
by brosent | 2017-12-01 19:04 | 靴磨き