こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
今日は紳士靴のシルエットのお話です。

靴を購入するにあたり人それぞれ見るポイントがあると思います。
まずは色、デザイン辺りが一番に見られるポイントでしょう。
もしかするとその上に履き心地が来るかもしれません。
次に来るのがシルエットではないでしょうか?
デザインバリエーションの少ないメンズシューズの場合、シルエットはその位重要なファクターなのです。

b0365069_18522648.jpg
このシルエットには流行があり、数年毎に変化します。
私がこの業界で働く20数年間にも大なり小なりの流れがありました。
私がこの業界に入った90年代前半はスニーカーやワークブーツが隆盛の頃で、残念ながら革靴は脇役でしかありませんでした。
悪いタイミングで業界に入ったものです。。。(-_-;)

そんな中クラシコイタリアと呼ばれるスタイルが大爆発します!
靴に関して言えば若干間違えた感じでノルベジェーゼ製法などのスクエアの靴が大流行しました。

b0365069_18534012.jpg

実際クラシコイタリアと言われるメーカーの社長さんたちは英国メーカーのオーソドックスな靴を履いている人が殆どでした。
バブル期の【アルマーニ日本人解釈版ブカブカスーツ】と同じですね(;^_^A
ファッションは時として強引に金儲けに走る時があるんです。
英米靴を売りにしていた私が働いていた店でさえ、このような靴を売っていましたから。。。
一応買いましたが、全く履きませんでした。。。

ともわれこのスクエアの流行が革靴業界を救います。
続いて出てきたのが、スクエア短い版です。

b0365069_18540824.jpg
クラシックな靴が好きな私は販売しながら『ガンダムみてぇだ。。。』と思っていたものです。
で、これが次第に丸くなってきます。

b0365069_18543257.jpg
終いには左右非対称のオブリークに変化していきました。

b0365069_18545420.jpg

この頃インポートではシルバノ・マッツァ、ドメスティックではタケオキクチが大ブレイクしました。

ここまでの流れは前の流行に変化を付ける形で発展しましたが、ここで一気に流れが変わります。
ロングノーズの登場です。

b0365069_18552502.jpg

黒服のお兄さんだけではなく、街はこの様な靴で溢れかえっていました。
一般的に景気の良い時はトゥの長さが長くなる傾向にあると言われています。
中世の華やかし頃のヨーロッパではこんな異常事態があったほどです。

b0365069_18555085.jpg
もうこうなると下品にしか見えませんが、当時の方たちは競って長い靴を履いていたわけです。

しかし靴の大きな流行も2007年のリーマンショックを境に止まってしまいます。
もちろん小さな流れはありましたが、爆発的な流れは現在でも止まったままです。
景気が悪くなると流行り物に手を出す元気が無くなって来るんですね。
流行に左右されやすいイタリア靴は売れなくなり、オーセンティックなタイプを履く方が多くなっています。


とまぁ、軽く靴の近代史を語って見た訳ですが、肝心の私たちBROSENTの靴はどんなでしょう?
BROSENTのオーダーでは2種類のシルエットをご用意しています。
一つはクラシック&エレガントなセミスクエアトゥのBR-1

b0365069_18562521.jpg

b0365069_18563322.jpg

今ちょっと流行りつつあるソフトなスクエアトゥです。
イタリア的な派手なタイプではなく、イギリスやフランス的なエレガントタイプです。

もう一つはクラシック&コンサバティブなラウンドトゥを持つBR-2

b0365069_18570049.jpg
b0365069_18570925.jpg
長くも短くもないオーソドックスなラウンドトゥです。
私あまり短いラウンドは好きではありません。
海外ではトゥの長さはある種のセックスアピールとも言われています。
要するに短い靴は色気に欠け、長すぎる靴は下品、と言う事です。
節度を保った絶妙な色気が一番良い訳ですね。
BROSENTの靴のシルエットはその辺りを踏まえて長さを考えているのです!

と言う訳で、節度のある色気を持ったBROSENTの靴で大人の魅力をアップさせてみませんか!?

若干グダグダになりましたが、本日はこれにて。。。


[PR]
by brosent | 2018-01-28 19:03 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
お陰様で今年に入って靴のオーダーの件数が劇的に増加しております。
BROSENTの靴の最大の売りは【ラストや芯材から開発した抜群のフィット感】と【1足1足の手染めが可能とする好きな色を選べるフリーカラーシステム】の2つです。
ですが他にもお客様が好みの1足を作ることが出来る工夫が多数存在します。
今回はそんな工夫の中からラスト(木型)とメダリオンに注目したいと思います。

b0365069_19061085.jpg
まず基本のラストから。
BROSENTではラウンドとセミスクエアの2つのラストをご用意しています。
ラウンドはド定番のクラシックな印象です。
一方のセミスクエアですが一般的なモダンイタリア~ンな雰囲気ではありません。
イギリスのビスポークやフランスのスールムジュールに使われるようなクラシックなイメージのセミスクエアです。
ラストを企画した本人がそう言っているのでそう言う事にしておいてくださいm(__)m
見てみましょう。

b0365069_19072912.jpg

ね?色は別として、どちらも非常にクラシックな雰囲気です。
こちらも。

b0365069_19074941.jpg

カラフルなサンプルなので分かりにくいかもしれませんが、シルエットはどちらも落ち着いた大人仕様となっています。

更にこれにメダリオンを追加する事でまたガラッと変わった雰囲気にする事が可能です。

b0365069_19081576.jpg
左はラウンドのメダリオン無し、右がセミスクエアのメダリオン有りです。
ね?同じ靴には見えないでしょう?
このメダリオンは全部で4種類ご用意しています。

b0365069_19084404.jpg
入れるメダリオンによってまた雰囲気が変わります。

b0365069_19090827.jpg
これらを駆使すればお堅い会社にお勤めの方からミュージシャンな方まで幅広くご利用頂くことが出来ます。
例えばお堅い会社にお勤めの貴方には。。。


b0365069_19094730.jpg
こんな感じは如何でしょうか?
ブラックのキャップトゥクウォーターブローグです。
これならどんな場に出ても恥ずかしい思いはしないはずです。

一方ミュージシャンな貴方には。。。

b0365069_19101203.jpg
こんな感じは如何でしょうか?
ブラック×ホワイトのコンビにスカルのメダリオンを配したフルブローグと、スカル柄のスワロフスキーメダリオン入りのフルブローグです。
どちらも超個性的な1足です。
ミックジャガーやスティーブンタイラーに是非履いて欲しいロックな仕上がりです。

と言う訳でBROSENTの靴の守備範囲、まさにイチローの如しです。
レフトからライトまで縦横無尽にカバーしちゃいます!!
『良く分からないや』と言う方も、私清水が使用環境に合わせたバッチリな仕様をお勧めしますので安心して買いに来てください!!
一緒にカッコ良い靴作りましょう!!


※2017年4月21日掲載

[PR]
by brosent | 2018-01-14 19:12 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
先日ストレッチ(大きくする調整)とインソール加工(小さくする調整)を1足ずつ持って来られたお客様がいらっしゃいました。
ん?どういうことだ?
この方は足が広いのか!?それとも狭いのか!?どっちだ!?
そこにはとんだ悲劇が隠されていたのです!!


まずはストレッチのお靴から見ていきましょう。

b0365069_18580678.jpg
重点的に伸ばす場所に●シールが貼ってあります。
これを見て靴屋さんなら『あれ?』と思うはずです。
通常は幅伸ばしは足の一番広い場所が当たって痛いから伸ばすものです。

b0365069_18582896.jpg
では何故その前方周辺を伸ばさなければならないのか?
答えはずばり『靴の長さが足りていない』のです!
この靴サイズを拝見した所、6.5でした。
その後お客様のお足を測定したところ適正サイズは何と8.0~8.5でした!!
店員さんに『このサイズです』と言われたらしいのですが、なぜこのような事が起こるのでしょう?
実はこのお客様お足が細く薄いのです。
靴屋をしていて最もフィッティングが難しいお足です。
恐らく接客した方は幅(一番広い所)だけを見てこのサイズを勧めたのでしょう。
その為本来足が入ってはいけない部分に指先が突入し、今回のようなことになったのだと思われます。
靴のフィッティングはまず『長さの確保』が大前提です!
この長さの確保をやっていない靴屋さんが如何に多いか。。。(T_T)
で、その次に幅の確認、調整です。
それでもダメな場合は売らない、これが理想のフィッティングなのではないでしょうか?

これで同時にインソール調整を持って来られた理由も分かりますね?
そう、もう1足はちゃんと長さは合ってるんです。
ですが、これだともうガバガバです。

b0365069_18594854.jpg

と言う訳でまずはヌメ革を使ったダブルインソールを作成しました。
ヌメ革のインソールは『履き込む内にインソールが足の形状に変化してくる』というグッドイヤーのメリットを邪魔することがありません。
インソール自体も変形して来てくれるからです。
ただプラスチックやナイロンのインソールだとそうはなりません。
最近では加工の面倒くささと、値段の高騰で使うところが減ってきてしまっています。

b0365069_19002075.jpg
更にトゥが圧迫されないよう、先の方だけ1枚になるように加工します。

b0365069_19003966.jpg

更に更に今回はタンパットも投入しました!!

b0365069_19010147.jpg
『人生で初めて羽根が開いた!』と喜んで頂けました(^。^)y-.。o○

b0365069_19012618.jpg

よくお客様が仰られる『幅が広いから大体小指が痛くなる』という台詞。
上のような理由でなっている場合も結構多いです。
このようなお足の場合ビスポークで木型から作るのがベストだとは思いますが、1足数十万するお靴を買える方はそうそういらっしゃいませんよね?
出来るだけ既製品で、且つ安価に履けるようにして差し上げたい、と私たちはそう考えています。
靴を売るだけではなく、今あるものを履ける状態に持って行くのも私たちの大事な仕事なのです。
もしサイズの事でお悩みがありましたら、ぜひ一度私たちにご相談ください。

因みにこちらのお客様、当店の靴+スペシャル3段インソール加工をお試し頂いたところ、今まで履いた中で一番合ってる!と言うことでレディーメイドをご購入いただきました。
お客様も私たちも万々歳でした!
チャンチャン(;^_^A


[PR]
by brosent | 2018-01-08 19:05 | 靴修理