こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
オーダーする際はお客様とデザインやサイズ、色、など様々な仕様を決めていきます。
一番楽しそうにお決めになるのがデザインや色などです。
そして一番真剣にお決めになるのがサイズです。
やはりお足の大きさや形状については皆さん大なり小なりお悩みがあるようです。
今回は足が大きかったり小さかったり、また幅広だったり狭かったりなどのお悩みがある際どのようなデザインやお色をお選び頂いた方良いのか?と言う話です。


『足が小さくてかっこ悪いんですよね~。。。』とか『幅が広くてみっともないんだよ。。。』と言うお足のお悩み、オーダーを承る際は出来るだけカバーできるよう考慮して接客させていただいています。
まず長さに関してですが、これはやはりお足に合った長さの靴が一番良いと思います。
BROSENTのお靴もそうですが、良い靴はしっかりと土踏まずをサポートするようにできています。

b0365069_18252279.jpg
お足の長さに合わない靴を履くと土踏まずと関係ない所を下から支えることにってしまうので履き心地が極端に悪くなってしまいます。
幅の狭い方や広い方が幅のフィッティングだけ確認されて長さの合わない靴を履かされてしまっているのをよく見ます。
販売する側のフィッティングに関する知識の無さが生む悲劇です。
BROSENTではまずは長さありきで、その後幅の調整をしてお作りさせて頂いています。
では小さいサイズの方はどうすれば良いのか?
まずはデザイン選びから見てみましょう。

b0365069_18284566.png
左がキャップトゥ=ストレートチップで、右がプレーントゥオックスフォードです。
写真では分かりづらいかもしれませんが、実はキャップトゥの方が足が小さく見えます。

b0365069_18310424.png
理由は靴を見た時キャップトゥは一度キャップのラインで視線が止まるためです。
一方プレーンの場合一気に視線が止まらず一気にトゥ全体が見えるため大きく見えるのです。

ですので足が小さいのがお悩みの方はトゥがなるべくシンプルなプレーントゥやモンクなどをお選びになることをお勧めします。
あとユーチップやウィングなど前から後へ視線が流れるデザインもお勧めです。
トゥの形状も出来るだけシャープな物を選ぶと良いでしょう。

b0365069_18334285.png
実際に長いものは小僧っぽく見えてしまうのでお勧めできません。。。(;^_^A

次に色です。

b0365069_18355722.png
どちらも同じ同じモデルですが、どちらが大きく見えますか?
左の方が小さく見えませんか?
黒などの濃い色は締まって見えるので小さく見えるのです。
一方ライトブラウンなど明るい色眼は膨張して見えるので大きく見えます。

見た目はサイズだけでなくデザインや色などでもカバーできるので、お悩みがありましたらお気軽にご相談くださいね!!


※2017年9月23日掲載

[PR]
by brosent | 2018-05-27 18:39 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
履き心地の良い靴は曲線で出来ている!
何故なら足は曲線で出来ているから!
とまぁいきなり本題に入りましたが、皆さんやっぱり靴は履き心地が良い方が良いですよね~?
と言うお話です。

皆さんミロのヴィーナスはご存知ですね?

b0365069_18465957.jpg
b0365069_18470723.jpg
古代ギリシャの芸術は『絶対的な美の基本』を重点に置いたものが多く、女神アフロディーテを模ったと言われているミロのヴィーナスも古今東西絶対的な美として多くの人々を魅了し続けています。
その絶対的な美の特徴としてシルエットの美しさが挙げられると思います。
そしてそのシルエットの多くは曲線で描かれています。
究極の美しさは曲線に宿る、と言う訳です。

そしてこの曲線こそ履き心地が良い靴を作る最大のポイントでもあるのです!
『やや強引か。。。』と思った貴方!
確かにやや強引は否めませんが(-_-;)、事実ではあるんです。

b0365069_18490438.jpg
例えば土踏まず。
曲線は土踏まずをしっかりとサポートします。

b0365069_18493299.jpg
b0365069_18493634.jpg

例えば踵。
曲線は丸みのある踵をしっかり固定します。

ブーツだともっとはっきり違いが出ます。
かかとは丸みを帯びて、アキレス腱部は細くなっています。
後から見た足と同じ形をしています。

b0365069_18501175.jpg

例えばインソール。
黒線がBROSENTの靴、赤線が英国の某有名メーカーの靴です。
ウエスト部はより細く、前方部が内側に振っているのが分かると思います。
曲線はよりスムーズな足入れを生みます。

b0365069_18504844.jpg
例えばアッパー。
BROSENTの靴は真正面から見た時に左右非対称です。
足を正面から見ると分かりますが、足の甲で最も高い位置はやや内側にあります。
二等辺三角形みたいな感じです。
曲線は甲全体を無理なく包みます。

お分かりいただけましたか?
曲線って大事でしょう?
でも実は曲線的な靴って作るの大変なんです!!

b0365069_18512904.jpg
靴って革で出来てますよね?
で、それをラストと言う元型を包んで作る訳です。
このラストが。。。

b0365069_18515790.jpg
こんな形だったら誰にでも作れそうですよね?
でも履き心地はどうでしょう?
ただの箱ですから言わずもがなでしょう。

ですが実際は。。。

b0365069_18521605.jpg

こんなです。
更にBROSENTのラストは曲線を非常に多く用いています。
革でこれを包んで再現するその難しさは半端じゃありません。
機械でやったのではこの曲線はまず出ません。
浮いちゃうんですね。
ただ全部手でやっちゃうとコストが嵩むんで値段が高くなっちゃいます。
ではどうするか?


b0365069_18524892.jpg

答えはセミハンドです。
基本は機械でやりますが、機械では再現できない土踏まずなどは手で成形します。
こうすることで適切な値段で、曲線的な靴が出来る訳です。

曲線の大切さ、お分かりいただけましたか?
是非一度BROSENTのヴィーナスをお試しになりにいらっしゃって下さい!!

[PR]
by brosent | 2018-05-20 18:55 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
『機能美』と言う言葉、ご存知ですよね?
因みに意味はご存知ですか?
見た目に拘ることなく、機能を追求した結果自然に表れる美しさ、の事を言います。
今回はシューレース=靴ひもの通し方に見る機能美のお話です。

b0365069_18430787.jpg

上の写真をご覧ください。
BROSENTの紐靴は基本的に上記の画像のように紐を通してお渡しさせて頂いております。
平行に通っていたり、クロスして通っていたりとちょっと複雑に見えますよね?
『この目立ちたがり屋が!!』と言われそうですが、実は違うんです。
お客様が靴を脱ぎ履きする際にやりやすくなるよう考え抜いた末に至った形、すなわち機能美なんです!

ちょっと解説していきましょう。

b0365069_18435013.jpg
脱ぎ履きをする時片側の紐だけ長くなって調節するのが面倒なことってありますよね?
通常レースはタンと言われる革のパーツの下を通っている為見えづらく、『この紐どこと連動してるんだ!?。。。うぉぉぉ!!(@ ̄□ ̄@;)!!』ってなことになりがちです。

でもBROSENTの通し方だと単純なルールを守れば簡単に緩めたり、締めたりすることが出来ます
もう一度この画像を見て下さい。

b0365069_18430787.jpg

基本のルールは【1+2+2+1】です。
最初の1と最後の1はそれぞれ、『結ぶ所』と『ベース』です。
緩める(絞める)場合は間の2と2をそれぞれ動かします。

b0365069_18452512.jpg
緩める場合まず上段の2を緩めます。
するとそれと連動してる1が同時に緩んでいきます。

b0365069_18460168.jpg
更に緩めたい場合が下段の2(=クロス)を緩めます。
するとそれを連動している上段の2が同時に、且つ均等に緩んで来ます。

これだけです!!
簡単でしょ!!

b0365069_18463029.jpg

戻す時はその逆、上段の2を締めると、連動して下段の2が締まります。
この時だけ一番上の1を抑えないとこっちも締まっちゃうので、軽く抑えるなどのコツが必要です。


b0365069_18470308.jpg
最後に一番上の1を締めて完成です。


下段の2をわざとクロスにしたのは上段の2とはっきり見た目で区別するためだったんです。
これならどこがどこと連動しているかなんて面倒なことを覚える必要がありません
どうですか?
これなら脱ぎ履きの際まごつくことが無く、非常にスマートに脱ぎ履きすることが出来ます。
カッコ良い靴を履いてスマートにふるまえば男前度が上がる事間違いなしです!!
ぜひ覚えておいて下さい!!



※2017年9月5日掲載

[PR]
by brosent | 2018-05-06 18:50 | 革靴