こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
長年既成靴屋をやっていた私がオーダー屋に転向して分かったことがあります。
本日はそんなお話です。


b0365069_18143685.jpg

BROSENTは靴屋さんです。
一部既成靴(黒のみ。常時10%オフで販売しております!)の取扱いもありますが、基本はオーダーです。
BROSENTを始めるにあたり、まずは木型の作成から行いました。
オーダー屋なのに何で最初から木型を作るかと言うと、基本の木型を作り、それをベースにすることで、販売価格を大幅に落とす事が出来るからです。

話を戻しましょう。
通常木型って履き心地に影響する後半部分はあり物を利用し、つま先の形状だけ変えて作る場合が殆どです。
何故なら後半部分の設計は難しいからです。
ですが今回は徹底して履き心地に拘りたかったので、一から設計しました。
メチャメチャ面倒がられましたが。。。(;^_^A
で、出来たのが現在のラストです。


b0365069_18153464.jpg

先にも書きましたが、私は長年インポートの靴に携わってきました。
Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)でも、Tricker's(トリッカーズ)でも、CARMINA(カルミナ)でも、Riccardo Bestetti(リカルド・ベステッティ)を初め数々のメーカーでオリジナルの木型を作ってきました。
その私が『この位の幅でちょうど良いだろう!!』と思って作ったのがこのラストでした。
結構自信あったんですよ、本当は。
ですが!ですが!
今現在で200足以上(お陰様で2018年11月25日現在400足を超えました!!)のオーダーを頂いていますが、約3~4割の方に幅補正を行っているんです!!
お客様一人一人の足幅に合わせるオーダーなので、それはそれで良いのですが、これは私が想像していた以上でした。

と言う事は、既成靴を買っている方の3~4割の方はレングス、長さが合っていない、と言う事になります。
既成靴の場合大概ウィズ、幅で強引に合わせるので、レングス、長さは二の次にされてしまっているのです。
なので既成靴やさんをやっていた時代はなるべくシルエットやウィズを揃えないで、色々試せるMDを組んでいたんですが、お客様はやはり『このブランド!』と言う買い方をされる方が圧倒的に多く、やはりウィズで合わせるしか方法がありませんでした(T_T)
本当はレングスが合ってないと土踏まずの位置がずれてくるので履き心地が悪くなるんです。

b0365069_18160346.jpg

上の写真のように変な皺が入っている場合がそうです。
接客をしていても残念ながら半数近くの方のレングスは合っていません。
そう言えば友人でもあるスペイン・カルミナの社長トニーが言っていたことがあります。
『日本人って人により幅が結構違うよね。ヨーロッパの人はそれほど大差ないよ』って。
既成靴では限界があるのかもしれません。。。

BROSENTでは縦と横がばっちり合った靴をお好みの色で、しかも既成靴を大きな差無い金額で購入可能です。
是非一度お試しになってみて下さい!!



2018年5月7日掲載

[PR]
by brosent | 2018-11-25 18:35 | オーダー靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




世の中には絶対に組み合わせてはならない物があります。
例えばハブとマングースとか、ワインに納豆とか。。。
靴の仕様にも同じようなことがあります。
BROSENTの靴は自分の好みで好きな仕様を組み合わせることが出来ますが、ただ好きと言うだけで組み合わせていくととんでもない物が出来てしまう可能性もあります。
実際オーダー時には私たちの方でも『それとこれは合いませんね~』とアドバイスしながら決めていくので、安心して頂いて良いのですが、知識はあるに越したことはありません。
そこで今回はテイスト別の仕様についてお話したいと思います。

b0365069_18082599.jpg

まずはこの2足の靴をご覧下さい。

b0365069_18094785.jpg

b0365069_18095410.jpg

ウェルト部分とソール部分に注目して下さい。
アップにしてみましょう。

b0365069_18102031.jpg

b0365069_18102899.jpg
上は≪フラットウェルト&シングルソール≫と言う仕様です。
革靴の基本的な仕様で、ドレスにもカジュアルにも対応する便利な仕様です。
下は≪スプリットウェルト&ハーフミッドソール≫と言う仕様です。
スプリットウェルトはストームウェルトなどとも呼ばれますが、基本的にカジュアルの仕様です。
写真のハーフミッドソールやダブルソールなどカジュアル仕様の厚いソールとの相性は抜群ですが、シングルソールとの相性はあまり良くありません。

視線をもう少し後ろにずらして見てみましょう。

b0365069_18142896.jpg

b0365069_18143571.jpg

どちらもウェスト、土踏まず周辺ですが、≪フラットウェルト&シングルソール≫のコバは丸めてあります。
俗に丸コバと言われる仕様です。
一方≪スプリットウェルト&ハーフミッドソール≫の方は平らのままになっています。
これを平コバと言います。
ボリューム感のあるソールには平コバの方が相性が良いです。

続いて底面の形状です。

b0365069_18150503.jpg

b0365069_18151359.jpg

はフィドルバックと言う底面を盛り上げた仕様で、下はフラットバックと言う仕様です。
何故盛り上げるかと言うと、底面に立体感を出してグラマラスに見せるためです。
つまりドレッシーに見せるために行います。
と言う事は≪スプリットウェルト&ハーフミッドソール≫の靴にこの仕様を持ってくると変、と言う事です。
≪スプリットウェルト&ハーフミッドソール≫の場合はやはりフラットバックの方がバランスが良いです。

アッパーも見てみましょうか。

b0365069_18160474.jpg

b0365069_18161474.jpg

違い分かりますか?
シューレースを通す穴の部分が異なります。
上は補強の金具が見えない様に革の裏側に付けてあります。
裏ハトメと言う仕様です。
一方下は表に付けてあり、表ハトメと言います。
すっきりとした裏ハトメは基本的にはドレス仕様です。
ただカジュアルっぽい靴にも合わせることが出来る比較的マルチな仕様です。
表ハトメは完全にカジュアルとなります。
例えば最もドレッシーな靴の一つ、黒のキャップトゥを表ハトメにしたら。。。やっぱり変です。。。

手の込んだ仕様や、珍しい仕様はあるとついつい選びたくなりがちです。
ですが靴によっては選ばない方が良い場合もございます。
お客様がその靴を履いてどこかで『変な靴』と思われない様に、一応ご説明はさせていただいています。
ですが私たちがお伝えするのはあくまでもセオリーです。
たまに私たちでも『それは思いつかなかった!!』と言う事もありますので、一緒にカッコ良い靴を作りましょう!!

[PR]
by brosent | 2018-11-18 18:22 | オーダー靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
短期連載『失敗しない靴選び』。
前回、前々回と『ソール』と『バランス)についてお話ししました。




さて、今回は最終回となります。
今回のお題は『成型』です。

b0365069_18491172.jpg
『え?素材は?』とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
メンズシューズの場合デザイナーものでない限り素材は価格に応じて良くなると考えて頂いておおよそOKです。
ですのである程度のお値段を出せばそれなりの素材を使った靴が買える、と言う事です。
ま、中には酷いのもありますが。。。(;^_^A
なので素材に関してはメーカーの善意を信用してここでは触れないでおきます。

と言う訳で参りましょう。

皆さんご存知通り靴は革を木型と言われる型を使って成型することで作られます。

b0365069_18512357.jpg

b0365069_18513203.jpg

平らな革を、立体的にしていくわけですから簡単には参りません。
この作業を『釣り込み』を言うのですが、悩ましいのが履きやすさを追求してより足の形状に近い複雑な形の木型を作ると、釣り込みが非常に困難になります。
逆に釣込みやすいように凸凹の少ない木型を作ると、履き心地が悪くなります。
上の写真のように上手な職人さんが手で釣込めばかなり複雑な木型にも対応できるのですが、作業効率が悪く、値段もかなり高額なってしまいます。
そこでBROSENTの靴を生産するセントラル靴さんでは、機械をメインに、必要に応じて手作業を加えると言うセミハンド的なやり方でこれを克服してくれています。

では店頭でより複雑な木型を使い、より上手に釣込み=成形が行われているかを判断するにはどうすれば良いか?
この3カ所をチェックしてみましょう。

まず靴を正面から見てみます。

b0365069_18561572.jpg
b0365069_18562341.jpg
足って正面から見ると左右非対称です。
更に外側はなだらかにカーブを描いています。

b0365069_18565850.jpg
ここに綺麗にアッパーが沿うようになっているとベストです。
正面から見てコッペパンのように丸く、左右対称な靴は履き心地も良くありません

続いてはから見てみましょう。

b0365069_18572673.jpg

b0365069_18573401.jpg

土踏まず部分が丸く立体的な物が理想です。
靴の中でも様々なカーブが集中する最も複雑な形状をした部分の一つです。
よってここをうまく成形するのは非常に難易度が高く、逆にここが立体的に出来ていればかなり技術の高いメーカーが作ったものだと判断できます。
比べてみましょう。
上がBROSENTの靴です。
違いは一目瞭然ですね。
この立体感がアーチをしっかりとサポートしてくれます。

続いてはです。
こちらは後ろからと横から見てみます。
まずは後ろから。

b0365069_19014364.jpg

b0365069_19014910.jpg

上がBROSENTの靴ですが、丸みがあり、しかも上に向かってすぼまっています。
この形状が踵をしっかりとホールドし、歩行時の踵の抜けを防いでくれます。
また比較はしづらいですがより小さい方が日本人の足には適しています。
下の靴も名前を聞けば誰でも分かる有名メーカーの靴なんですが、細かくディティールを見ていくと差がハッキリと分かると思います。
この丸みは横から見ても分かります。

b0365069_19023628.jpg
b0365069_19024249.jpg
と言う訳で大体この3ヵ所を見れば、その靴がしっかり成型できているか=履き心地が良いか判断がつきます。


以上で短期連載『失敗しない靴の購入方法』は終了です。
お買い物の際に是非お役立て頂けると幸いです。
そして最後にもう一度。
店頭でジロジロ見ると店員さんに怪しまれます。
そっとやりましょう。
そして怪しまれても責任は持てませんのでご容赦ください(笑)


[PR]
by brosent | 2018-11-11 19:18 | オーダー靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
前回の『失敗しない靴の購入方法~ソール編』如何でしたでしょうか?
まだご覧になっていらっしゃらない方は是非ご覧になってみてください。
今回は誰でも簡単に見ることが出来る靴のバランスについてのお話です。


b0365069_18073722.jpg


靴でもっとも大事なのがバランスです。
木型の設計や、それを基に生産する職人さんの技術、全てが影響してきます。
どんなに良い素材を使ってもバランスが悪ければ意味がありません。
見分け方は簡単です。
板の角など真っすぐなものにアウトソールをぴったりと合わせるだけです。

b0365069_18083829.jpg

こんな感じです。

では実際良いバランスと悪いバランスをどうやって見分けるのか?
下の写真で説明してみましょう。

b0365069_18092375.jpg
まず良い例から。
ヒール下の超小さい黄色の矢印の部分に注目してください。
良い靴は靴を並行に置いた時にヒールの最後部がちょっとだけ浮いた状態、ないしピッタリ付いています。
真新しい状態ではちょっと浮きが在って構いません。
この程度の浮きは店頭に置いてあるだけで自重で潰れてピッタリになります。
因みにこの靴はBROSENTの靴です(;^_^A

b0365069_18094332.jpg
続いて悪い例を。
悪い靴は、全体的にがたつきがあります。
特にヒールの最後部に大きな隙間が出来てしまっているものは良くありません。

つま先の青い矢印に関しては靴の特徴と言うか、目的によって差が生じるのでバランスにはあまり関係がありません。
例えばトレッキングブーツなど歩くことを主眼に置いた靴なら隙間が大きく開いていますし、大金持ちが履くようなあまり歩くことを前提としない靴なら隙間はほぼありません。
通常のドレスシューズの場合は5mmから1cm程度が標準となります。

如何でしたでしょうか?
前回も書きましたが店頭でジロジロ見ると店員さんに怪しまれます。
そっとやりましょう。
そして怪しまれても責任は持てませんのでご容赦ください(笑)

[PR]
by brosent | 2018-11-04 18:12 | 革靴