人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
先日ご来店して頂いたお客様に『ブログ毎日読んでます!』と言われました。
こんなマニアックなブログを毎日楽しみにして頂いているとは!!
ありがたい限りです!!(T_T)
では本日も行ってみましょう!!
本日はアッパーの亀裂補修、パッチ修理=通称チャールズパッチのお話です。

b0365069_18434588.jpg

きっかけは今年の1月でした。
BROSENTではもうどうにも手の施しようの無くなった靴を新しいテイストで生まれ変わらせる≪Transform≫と言う修理をご提案しています。

b0365069_18442520.jpg
b0365069_18443565.jpg

こんな感じで破けたり、切れたりしてしまった靴を。。。

b0365069_18450107.jpg

b0365069_18450989.jpg

こんな感じでパッチをデザインに見立てて直しちゃおう!!と言うお修理です。
これ元々は私がロンドンのジョージクレバリーのショップで見た修理靴をヒントに考え出した方法です。
因みにクレバリーで見た修理は黒革の靴に黒革のパッチを貼ったものでした。

サイトでこのページを読んだお客様が『靴と近い素材で同じこと出来ますか?』、つまりクレバリーで見た修理と同じ修理が出来ないかと靴をお持ちになられたのです。
その記事を掲載したのが今年の1月でした。



そうしたら『俺のもやって欲しい!』と、同じ修理がちょくちょく持ち込まれるようになってきました。

そして新たに持ち込まれてきましたこちら!

b0365069_18483821.jpg
b0365069_18485717.jpg
≪Paul Harnden(ポールハーデン)≫です。
若い頃流行りましたね~!
今は靴だけじゃなく総合アパレルになっているようですが。
クラックが入り、だいぶ傷んでいるご様子です。
お客様とも『普通の黒だと面白くなさそうですね~』なんて話しながらゴソゴソと探していたら。。。ありました!

b0365069_18492501.jpg
黒のクロコ型押し! ※写真撮り忘れたんで白載せておきました(;^_^A
これの方が絶対カッコ良くなるだろう!とやってみました!!

完成したのがこちら!

b0365069_18495778.jpg

b0365069_18500607.jpg
b0365069_18502427.jpg

どうですか!?
元々こんなデザインだったかの様な出来栄えじゃないですか?
通常のパッチ修理にもう一捻りを加える事でカッコ良くなった好例のご紹介でした。
ご興味のある方はご相談に乗りますのでお気軽にご来店ください!!



by brosent | 2019-06-23 18:55 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
今日はちょっと業界向けの話かもしれません。
スーツのオーダーでは一般的にフルハンドメイド、セミハンドメイド、マシーンメイドの3つの作り方があり、フルビスポーク、イージーオーダー、パーンオーダーの3つのオーダー方法があります。
随分と色々な種類があるものです。
一方私たち靴業界はどうでしょう?。。。と言うお話です。

b0365069_19015730.jpg
靴の場合作り方はフルハンド=ハンドソーン(十分仕立て、九分仕立て)かマシーンメイドになると思います。
中国での大量生産は話がややこしくなるので、今回は国産のハンドソーン、グッドイヤーに限定してお話しますね。
前者がオーダーで20万~40万、既成靴で10万~15万と言ったところでしょうか?
一方後者がオーダーで6万~12万程度、既成靴で2~3万から7~8万辺りだと思います。

ではオーダー方法はどうでしょう?
フルビスポーク(一般的に九分仕立て)か、パターンオーダー(グッドイヤーほか)に分かれるのではないでしょうか?
前者は足型から木型を作り、好きなデザインでオーダー出来ます。
きちんとやっている所だと25万~40万位が相場です。
一方パターンオーダーとは既製品のアッパーやソールを違う素材に変えるオーダーです。
価格は既製品のグッドイヤーの価格に10~20%乗せて作る場合が多いと思います。

b0365069_19030736.jpg

それぞれメリット、デメリットがあります。

≪フルビスポーク≫
メ:選択肢は無限大
メ:成功したら履き心地抜群
デ:とにかく高い。全ての靴をこれにするには相当稼がないと。。。(-_-;)
デ:失敗した時の心と財布のダメージが特大

≪パターンオーダー≫
メ:とにかく気軽にオーダー感覚が楽しめる
メ:価格が手ごろ
デ:選択肢が少ない
デ:サイズは既成靴と同じなので、合わない事も。。。

b0365069_19032753.jpg
ここで最初の話を思い出して頂きたいんですが、スーツはその間に作り方では≪セミハンド≫、オーダー方法では≪イージーオーダー≫と言うのがありました。
≪セミハンド≫とは基本はマシーンで作りますが、要所要所にハンドを入れる事で、着心地や見た目のグレードを上げていく生産方法です。
≪イージーオーダー≫とはベースとなる型はありますが、そこからお客様それぞれの体形に合わせ補正をかけていくオーダー方法です。
この2つ、靴業界ではほとんどありません。
何故か!?
私が考える理由は2つです。

一つは『作るのが面倒だから』です。
こういったオーダーを受ける店舗が多くなれば、メーカーさんとしても沢山オーダーが入る訳ですから、やりがいもありますが、現状あまり無いのでメーカーさんが面倒がって受けてくれないのです。

そしてもう1つが、こういったオーダーを受ける店舗が少ない理由となるのですが『補正が出来る販売員が少ない』です。
補正はベテランの販売員さんが長年の経験を元に『ここを出そう』とかやらなければなりません。
このようなベテラン販売員さんを持った店舗が少ないのです。
『そこを何とかしたい!』と考えたのがBROSENTのオーダーシステムです。

ルールを設けたフィッティングサンプルを利用し、実際にお客様に履いて頂き、補正後の感じを確認して頂きながら補正を決められるので、フィッティングを見る事が出来れば大概のスタッフがオーダー、補正を受ける事が可能となっています。
BROSENTの靴を販売してい頂いているお取引様の多くがテーラー様なのもこの方法があるからです。

b0365069_19040913.jpg

更に生産はグッドイヤーも出来るがハンドソーンも出来るセントラル靴さんに依頼。
グッドイヤーをベースに釣り込み等要所に手仕事を入れてより履きやすい靴に仕上げてもらっています。

『これから靴を始めてみたい』『今扱っている靴に今一つ満足できない』と言うお店様がありましたら、是非一度BROSENTにご相談ください!!

以上広告でした!!(;^_^A




by brosent | 2019-06-16 19:10 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTではこの秋冬新作としてレースアップブーツ≪Dorothy(ドロシー)≫を発表しました。
オックスフォードブーツ所謂内羽根式のブーツです。
『普通レースアップって言ったら外羽根じゃない?』と思った方!
正解です!
でも私好きなんです!!
内羽根の方が!!


b0365069_18560545.jpg

内羽根と外羽根、紐の革靴は大きく分けるとこの2つに分かれます。
違い分かりますか?


b0365069_18563348.jpg
b0365069_18564252.jpg

まずは外羽根から。
シューレースを通す羽根が馬の鞍の様に甲部の上に被っているタイプのものを言います。

続いて内羽根です。

b0365069_18570094.jpg

b0365069_18570707.jpg


羽根が甲部と一体化したこのタイプを内羽根と言います。

内羽根と外羽根の使い分けですが、一般的に内羽根の方がドレッシー、フォーマルだと言われています。
え?そんなこと知ってる?
では何で内羽根の方がドレッシーなんでしょうか?
理由はその発祥の歴史にあります。

まずは外羽根から外羽根式は海外ではダービーとかブラッチャーと呼びます。
ダービーは有名なイギリスで行われるダービー競馬から来ています。
18世紀後半に当時紳士淑女の社交場であった競馬場に履いて行く靴として流行ったと言われています。


b0365069_18581697.jpg
ブラッチャーは19世紀前半ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルと言うドイツの軍人がワーテルローの戦いで使用したのが起源と言う説があります。
ブリュッヘルの英語読みがブラッチャーだそうです。

b0365069_18591985.jpg
どちらにしてもオフ靴や軍靴ですからやはりフォーマルではないんですね。

一方内羽根式は海外でオックスフォードとかバルモラルと呼びます。
オックスフォードは17世紀英国の名門オックスフォード大学で当時主流だったブーツに変わり新しいファッションとして誕生したと言う説があります。

b0365069_18595409.jpg
バルモラルはヴィクトリア女王の王配アルバート公が考案した室内履きとが起源と言われ、彼が好んだスコットランドのバルモラル城からその名が付いたと言われています。
方や富裕層のお坊ちゃん、方や英国王室の室内履きですから、まさにフォーマル、エレガントと言う訳です。


b0365069_19004244.jpg

私、自身がエレガントか、ドレッシーかは別として、趣向としてエレガントな物が好きなんです!
と言う訳で初のレースアップブーツは内羽根にさせて頂きました。

内羽根のレースアップブーツってあまり多くはありませんが、カッコ良いんですよ!!
最後にノーサンプトンの博物館で撮影したカッコ良いオックスフォードブーツをご覧いただいて本日は終了です!!

b0365069_19011979.jpg

b0365069_19012545.jpg
やっぱりカッコ良い~!!(゚Д゚;)






by brosent | 2019-06-09 19:08 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



ここ数年大人気のダブルモンク。
甲を抑えるストラップについて二つのバックルが最大の特徴です。
BROSENTのオーダーではシルバーとゴールドのどちらかを選択することが可能です。
さぁ貴方はどっちのバックルを選びますか!?

b0365069_18313015.jpg
一般的に現在市販されているダブルモンクのバックルはほぼほぼシルバーです。
レディーメイドで販売しているBROSENTのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のブラックもやはりシルバーです。

b0365069_18331035.jpg
b0365069_18332393.jpg
ごくたまにゴールドバックのダブルモンクを見る事がありますが。。。

b0365069_18334495.jpg

物凄くクラシックな靴の場合が多いようです。
『クラシックにしたい場合はゴールドなんですね?』
違います!
確かにクラシックになってしまう場合もありますが、使い方によって雰囲気がガラリと変わるところにゴールドバックルの面白さがあります。
幾つか例を見てみましょう。


b0365069_18353345.jpg
b0365069_18354048.jpg
例えばこちらは≪ゴージャス感≫≪アバンドギャルド感≫を出すためにゴールドバックルを使った例です。
大江戸線六本木駅を彷彿させる下品とゴージャスのギリギリのラインを見事に演出しています(笑)
≪クラシック感≫など微塵も感じさせません!!

続いてはこちら。。。

b0365069_18355650.jpg

b0365069_18360279.jpg

同色系のミディアムブラウン≪Sunset Brown(サンセットブラウン)≫に合わせた例です。
綺麗にまとまってますね~。
とっても≪エレガント≫です。
茶系に合わせるとこんなに綺麗な靴に仕上がります。

最後はこちら。。。

b0365069_18380061.jpg

b0365069_18381734.jpg

こちらは濃い目のグリーン≪Deep Green≫に合わせた例です。
シルバーでも合いますが、≪ちょっと拘ってます感≫が出てると思いませんか?

b0365069_18385058.jpg

見る人が見れば『あれ?ちょっと変わってるな?』と思うはずです。
別にシルバーでもおかしくはないんですが、ちょっとした差に拘るならゴールドはお勧めです。
是非BROSENTで頭を悩ませてみてください!!



by brosent | 2019-06-02 18:43 | 革靴