人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
本日はシューズボックスのお話です。

靴を買った時に付いてくる、と言うか持ち運ぶために付属している箱、皆さん家に着いたらどうしてますか?
よほどのシューズコレクターでない限り、靴は下駄箱にしまって箱は捨ててしまうんじゃないでしょうか?
一応私も前職時代は様々なメーカーを取り扱っていたため、マックスで150足近い靴を所有していました。
もちろん下駄箱には入りきれません。
と言う訳でラックを買って箱に入れてしまっていました。


b0365069_18373308.jpg

皆さんはどうされていますか?
BROSENTを作る際私たちは考えました。
どうせ捨てるなら安い箱にして、価格を少しでも抑えた方が良い。
どうせ箱に入れてしまうなら丈夫でカッコ良くて、インテリアとして使える物が良い。
で、採用したのが新潟にある国内屈指のファイバー加工メーカー安達紙器さんの商品でした。


b0365069_18381339.jpg

靴屋さん、と言うより靴コレクターが考えたただけあって、靴をしまう際に不便にならないよう工夫されています。
まずは形状。
通常の靴箱って蓋が付いてますよね?
これが邪魔!!
重ねてある場合、一番上以外はわざわざ引き抜いて出さないといけません。
面倒ですし、並び順が変わってしまって、次回探すのに苦戦したりします。。。
ですがこの箱は手前に引き出せるのでその煩わしさがありません。


b0365069_18395334.jpg

正面には引出しやすいように取っ手が付いています。
この取っ手がなかなかナイスです。
朝出かける時に『よし!今日はあの靴で行こう!』とバッチリ衣装に着替えた後、『あれ?どの箱にしまってあったんだっけ?』とオロオロ、イライラならないよう、メモが入れられる取っ手になっているんです!

b0365069_18401004.jpg

裏には重ねた時にずれにくいようゴムのストッパーが装着されています。

で、靴をオーダーするとこの箱が一つ付いて来る訳ですが、その際も全21色から選んで頂きます。


b0365069_18403566.jpg

靴の色に合わせても良し、お部屋のインテリアに合わせても良しです。
ちょっと皆様の自信作をご覧いただきましょう。


b0365069_18410161.jpg
b0365069_18410610.jpg
b0365069_18410979.jpg
b0365069_18411201.jpg
b0365069_18411582.jpg
b0365069_18411823.jpg
b0365069_18412129.jpg
b0365069_18412518.jpg
b0365069_18412931.jpg
b0365069_18413207.jpg

壮観ですね~!!
そして中にはお部屋のインテリアに合わせてまとめてオーダーされるお客様もいらっしゃいます。

b0365069_18421242.jpg

お色はグレーを中心に所々レッドを入れると言う拘りよう!!
更に写真をよく見ると分かるんですが、奥と手前ではサイズが違うの分かりますか?
奥の方はショートブーツを横にしないで入れたいと言うご要望の元、サイズオーダーまでしてあります!!
家に置いてあるところを見てみたいです!

因みに料金は通常サイズで4,200円+TAX、サイズオーダーは大きさにもよりますが、写真の大きさの場合5,500円+TAXとなります。
もちろん靴箱用でなく単純にインテリア用としても承ることが出来ますので、お気軽にご相談ください!!


最後に『箱は捨てるからいらない』と言う方は、オーダーの基本価格から箱代4,200円が差し引かれます!!
安心&良心設定のBROSENTのオーダー、ぜひご利用ください!!



by brosent | 2019-07-28 18:48 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



先日たまのお休みだったのでブラブラと色々なお店を見て回った時にとんでもない物を見ました。
あるお店で靴を販売しているところに出くわしました。
アメリカの某有名ブランド、価格は10万円は超えるお品物です。
若いお客様にこれまた若いスタッフが対応していました。


b0365069_18570905.jpg

パッと見た感じ明らかに『2サイズ、いや3サイズは大きいかな?』と思った次の瞬間!
スタッフが一言『紐で強く縛れば大丈夫ですよ』

『はぁぁぁぁ!?言っちゃったよ、この子。。。(@ ̄□ ̄@;)!!(心の声)』

『お客様が可哀そうだ!!』と言う声が聞こえそうですが、これ言っちゃったスタッフの子も可哀想なんです。
きちんと教えられてないんですね。
と言うより教えられる人がいない。。。(;^_^A


b0365069_18572787.jpg


靴を作る学校は数多くありますが、靴のフィッティングの学校と言うのは聞いたことがありません。
殆どが会社に入ってから店頭に出て個人が勝手に経験して学びなさい、と言う感じです。
靴が小さいと、また大きいとどう言うことが起きるのか?
そんなこと個人で勉強しなければ誰も教えてくれません。
若いスタッフの子も私を含めた先人たちの教育不行き届きの犠牲者なんです。


b0365069_18574240.jpg

因みに大きな靴を履くと『水虫になります』『足が臭くなります』。。。
10万円出して水虫と足クサを買いたくないですよね~!?
InstagramなどSNSにもよく靴の写真がアップされていますが、『あ~ぁ、可哀想~(T_T)』と言う方が沢山いらっしゃいます。
ご本人は気持ちよくアップしているのでしょうが。。。(T_T)

『そう言った人を一人でも減らせるように今後も頑張ろう!(T_T)/』と反省した本日でした。。。_| ̄|○


by brosent | 2019-07-21 19:03 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん、靴綺麗にしてますか?
ハイシャインやなんやらで『靴磨き』って難しい。。。と思っていらっしゃる方多いんじゃないでしょうか?
いえいえいえ。。。昔は子供がお小遣いの欲しさに父親の靴を磨いたりしたんですから、決して難しいものではありません。
そこで今回はこの道四半世紀超えの本間先生ではなく、私清水が『サルでも分かる靴磨きの超基本~特にクリームの量とブラシのかけ方!』と題して、『まぁこれさえやっとけば問題なし』と言う極めて簡単な方法をお教えいたします。
とは言え侮るなかれ、靴屋さんでも意外と知らない事も書いてあるかもしれませんよ~( ̄ー ̄)ニヤリ
では始めましょう!!

b0365069_18481457.jpg

まずご用意していたくのがブラシです。

b0365069_18483177.jpg

靴全体に付いた埃などを除去します。
この時は細かい部分に溜まった汚れが取りやすいので柔らかい馬毛のブラシがお勧めです。

続いては。。。

b0365069_18484869.jpg
汚れ落しです。
なぜ汚れ落しを使うかと言うと、『使用中に付着した汚れを取る』為でもあるのですが、『前回塗ったクリームの除去』する為でもあります。
革は素肌と一緒だと考えてください。
お化粧毎日落としますよね?
お化粧の上にお化粧しないですよね?
肌荒れ=乾燥の原因になるので、前回塗ったクリームは綺麗に落としてしまいましょう。

汚れ落しは水性=中性の物をお勧めします。
昔使われていたアルカリ性の汚れ落しだと強すぎますし、酸性(弱酸性ビオレ~♪)だとちょっと弱すぎます。
中性程度が通常使いにはベストです。

b0365069_18490693.jpg

で、使うのはややざらついたコットンなどが良いです。
TシャツやドレスシャツでもOKですが、良いシャツ=100~120双以上だと滑り過ぎて落とせないのでご注意ください。
ハイシャインなどに使う柔らかい布だと引っ掛かりが悪く汚れが落ちにくいです。

b0365069_18494027.jpg
この布に少量取って靴全体を拭っていきます。
ごしごしやる必要はないです。
軽く全体を2~3回やるのがコツです。
1回目で汚れを浮かせるので、2回目、3回目の方が良く汚れが取れます。

b0365069_18495696.jpg

これでスッピンに戻りました。
ちょっとマットな感じになっていると思います。

b0365069_18502053.jpg
続いては栄養補給を行うために乳化性の靴クリームを塗ります。
お化粧の場合クレンジングの後は化粧水、乳液となりますが、乳化性クリームにはその両方の成分が入っているので、一発で出来ちゃいます。

因みに横になる小さいブラシはクリーム塗布専用のブラシです。
布で塗っても良いのですが、『量の調整が難しかったり』『布がクリームを吸ってしまうので、減りが早くなってしまう』のでこちらを使うのがお勧めです。

b0365069_18504536.jpg

よく『クリームはどの位の量塗れば良いですか』聞かれるますが、少なくて良いです。
片足につき写真程度の量を2~3回塗れば十分です。
それ以上は浸透しないので無駄ですし、栄養過多はカビの原因にもなります。
想像して下さい顔面に思いっきり油を塗った状況を。。。


b0365069_18565219.jpg
少量のクリームを良く伸ばして全体に塗って下さい。

b0365069_18571142.jpg

その際靴のコバと言われるソールの側面にも塗ると良いです。
ここも革なので栄養を与えた方が良いですし、靴全体が綺麗に見える効果があります。


b0365069_18573028.jpg

全体がマットな感じになったらOKです。
ちょっと心配ですが、ここから一気に光沢が出てくるのでご安心ください。

ここで再びブラシの登場です。

b0365069_18574797.jpg

今回は『クリームを馴らすこと』『浸透しきらないクリームを除去すること』が目的となります。
ですからブラシは最初に行ったブラッシングと違い、ハリのある豚毛や化繊などがお勧めです。

で、問題がここから!

b0365069_18580593.jpg

b0365069_19005375.jpg

b0365069_19010116.jpg

よく高速で小さくシャカシャカとブラシをかけているのを見ます。
これ靴屋さんのスタッフさんなんかもやっていますが。。。これアウトです!!

さきほど今回のブラッシングの目的として『浸透しきらないクリームを除去すること』と書いたのを覚えていますでしょうか?
この小さくシャカシャカだと、折角ブラシが除去したクリームをまたすぐ革に戻しちゃうことになるんです。

ブラッシングをする際は。。。

b0365069_19012252.jpg

b0365069_19012987.jpg

b0365069_19013630.jpg

大きなストライドでシャッカシャッカとやって下さい。
本間先生曰く『早くやっても意味ないです。分かってないか、パフォーマンスです、あれは。。。』だそうです(;^_^A


b0365069_19020211.jpg

で、最後にグローブで残ったクリームを更に除去すると。。。

b0365069_19023413.jpg

こんな感じになりました!
普段使いとしては十分な光沢だと思います!!

この先はハイシャインやらハンドポリッシュやらと、お化粧で言うファンデーションや口紅に該当するものもありますが、まずは基礎化粧さえ出来ていればOKです。
出来る~~~~るだけ簡単に書いたんですが如何でしたでしょうか?
これでも分からない場合は!!BROSENTまでお持ち込みください(;^_^A
最近『何で僕が教えた子たちが2,000円とか3,000円取ってるのに、うちは1,000円なんですか?』と疑問を持ち始めている本間先生が綺麗に磨いてくれますよ!!(;^ω^)

※と言う事で可哀想なんで現在は1,500円にしてあげました。。。それでも安いんですが。。。(;^_^A

by brosent | 2019-07-14 19:12 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
今日の内容も雑誌などでは見たことが無い内容なので、『そうなの?』かもしれません。

靴で一番最初に減ってくるのが踵とつま先です。
特に速足で歩く方や、蹴り足の強い方はつま先が先に減る傾向があります。
減り過ぎてしまうとソールの交換が出来なくなってしまうかもしれません。
ですがつま先が減ってしまったくらいでソールの全交換をするのは、コスト的にも、また靴にとっても良くありません。
そんな時に行う修理がトゥチップです。

b0365069_19252180.jpg
トゥチップとはつま先に付ける補強用のパーツの事です。

b0365069_19254467.jpg

一般的にはラバーを貼ることが多いです。
コストも安く、減りもレザーより遅いのでお勧めです。

b0365069_19260369.jpg

『何より見た目が大事』と言う方にはレザーと言う手もあります。
減るスピードは元々の革と変わらないので、定期的に張り替える必要があります。

そしてもう一つが本編の主役、一部の靴好きの方に大変好まれているスティールトゥチップです。
BROSENTでは2種類ご用意しています。

一つは≪ヴィンテージスティール≫と言われるタイプです。

b0365069_19262917.jpg

スティールの中では最も一般的なタイプです。

そしてもう一つが。。。

b0365069_19264274.jpg

≪トライアンフ≫と言われるタイプです。
ゴールドが渋いですね~!

さてこのスティール、見た目とてもカッコ良いんですが、付けるタイミングを迷われる方が多いようです。
よくお客様に『どのタイミングで付けるのが良いですか?』と質問されます。
出来たら真新しい内、ないしソール交換直後に着けて下さい。
何故なら。。。

b0365069_19291566.jpg


革は上の写真の様になっています。
大部分が網状層と言われる層となっています。
このアミアミが新しい内はギュッと締まっているのですが、使用していく内に少し緩んで来ます。
革底が履いていく内に柔らかくなっていくのはその為です。
で、前出の写真をよく見てもらうと分かるんですが、これらのスティールはビスで革に固定して取り付けてあります。
柔らかくなった状態=アミアミが緩んだ状態で付けると、締まった時に付けた時よりネジが取れる確率が上がってしまうのです。
もちろん絶対に外れると言う事ではないのでトゥが減ってきても取り付け可能ですが、外れる確率は上がってしますのでその点予めご了承ください。

あと普段の生活の中で大理石などの床が多い方は床を傷つけてしまう可能性があるのでご注意ください!

生活スタイルや靴の特徴に合わせてスティール、ゴム、レザーとお勧めしますので、是非お気軽にご相談ください。




by brosent | 2019-07-07 19:30 | 革靴

こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTのSALEはいつも通りですが急に始まります!!(;^_^A
本日7月1日より恒例の≪SUMMER SALE≫を開催いたします!!
内容は!!!

b0365069_14493180.jpg

内容は前回1月のSALEで大好評だった。。。

b0365069_14500657.jpg
世界最高峰のタナリーの一つ、フランス≪Annoney(アノネイ社)≫の定番≪Vocalou(ボカルー)≫のブラックを使ったオーダーの20%オフです!!
題して≪黒の衝撃!再び!≫です!!
アッパー以外の仕様、ソールやヒール、ライニングに至るまで選択はもちろん自由!
もちろんデザインもお好みのものでお作りいただけます。
因みに前回は。。。

b0365069_14502996.jpg
b0365069_14503843.jpg
b0365069_14504335.jpg
b0365069_14504982.jpg
b0365069_14505437.jpg
絵的にはあまり面白みはありませんが、実に様々なお靴をご注文いただきました!

あと今回は入替予定の黒靴のレディメイドを大特価でお出しいたします。

まずはこちら!

b0365069_14511047.jpg
今の季節に活躍しそうなローファー≪Joan(ジョアン)≫が。。。

オーダーすると  69,500円+TAX ※シューズボックス無し65,300円+TAX
通常時      62,550円+TAX ※シューズボックス無し58,350円+TAX
SALE期間中  44,000円+TAX ※シューズボックス無し39,800円+TAX

それと。。。

b0365069_14512453.jpg
これからの季節に活躍しそうなチャッカブーツ≪Alice(アリス)≫が。。。

オーダーすると  76,000円+TAX ※シューズボックス無し71,800円+TAX
通常時      68,400円+TAX ※シューズボックス無し64,200円+TAX
SALE期間中  44,000円+TAX ※シューズボックス無し39,800円+TAX

となります。
数は少ないんですが大特価なので早い者勝ちです!!

黒靴、特に定番デザインは滅多にセールになりません。
気に入りないデザインで妥協したり、他の色を買うくらいなら。。。。

≪黒の衝撃!再び!≫皆さんお誘いあわせの上是非ご来店ください!!



【2019 SUMMER SALE~黒の衝撃!再び!】
店舗 BROSENTのみ
期間 2019/7/1(月)~2019/7/28(日)

by brosent | 2019-07-01 14:53 | 革靴