人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん、アニリンクリームってご存知ですか?
革用のクリームってアニリンがあったり、デリケートがあったり、乳化性クリームがあったり、ローションなんて代物も存在します。
『何をどう使えば良いんじゃ~!?』ってなりませんか?
と言う訳で本日はクリームの使い分けの基本と、特に『何じゃこれ?』度の高いアニリンクリームの使い方のお話をしたいと思います。

b0365069_18293290.jpg
まずは乳化性クリームから。

b0365069_18295252.jpg

蓋に書いてある通り『靴用』のクリームです。
今回ご紹介するクリームの中で補色、保湿の効果が最も高いのがこちらです。
逆に言うと革小物、レザージャケットには刺激が強すぎます。

続いてはこちら。

b0365069_18302477.jpg
デリケートクリームです。
シープや山羊などその名の通りデリケートな素材に適しています。
婦人物のパンプスなんかにもOKです。
これ殆ど水分なんですね。
なので乾燥する時期に普通の靴に使っても効果的ありです。
ですが使いすぎると水分過多になるのでたまににして下さい。
あと中に入っている溶剤の効果を使って汚れ落しに使っている方なんかもいらっしゃいます。
ですが汚れ落しは専用のものを使った方がしっかり落ちるので、そっちの方が個人的にはお勧めです。
しっかり落として、しっかり栄養補給が宜しいかと。

続いては。。。

b0365069_18304762.jpg

今回の主役、アニリンクリームです。
『そもそもアニリンって何やねん!?』と言う話ですが、アニリンとは≪石油系の合成染料で仕上げた革のことで、銀面の表情を活かした透明感のある仕上げが特徴です。
BROSENTの靴もそうですが、海外の高級靴と言われている物は大体この仕上げが施してあります。
乳化性クリームに比べ油分やロウ分がやや少なく、染みになりにくいと言った特徴があります。
バランスが良いので、靴以外にも革小物などにもお使いいただけます。

最後に。。。

b0365069_18311662.jpg

ローションです。
これは薄めたアニリンクリームと思って大丈夫です。
その分効果はやや落ちますが、刺激が少なく伸びが良いので、レザージャケットや鞄など面の大きい物にお勧めです。

では最後にアニリンクリームの効果的な使用方法をご紹介しましょう。

b0365069_18314800.jpg

今回はコードヴァンを使ってやってみます。
まずは全体に薄く塗ります。

b0365069_18320614.jpg
塗った後すぐブラシをかけたくなりますが、ここは数十秒我慢して下さい。
実はこの我慢が大事なんです!
アニリンクリームに含まれたロウ分は乾きやすく、数十秒待つと表面が白っぽくなってきます。
そしたら!

b0365069_18322257.jpg
一気にブラッシングです!!
この時細かくブラシを動かすのではなく、大きくスライドさせるのがコツです。
シャシャシャシャ。。。とやると!!

b0365069_18323982.jpg

じゃ~ん!!
見事に光沢が出ます!!
誰でに簡単に光沢が出せるので、是非使ってみて下さい!!

では~!!




by brosent | 2019-08-25 18:32 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。

さて、少し前に本間先生がこちらのブログでレースアップブーツ≪Dorothy(ドロシー)≫を書いたおかげかちょっとお問合せが続いております。
そこで本日は『Dorothyってこんな感じで作れますよ~』と言う事を少し詳しくご案内しようと思います。


b0365069_18355774.jpg

まずは≪Dorothy(ドロシー)≫とはどんなモデルなのかご覧ください。


b0365069_18361516.jpg

b0365069_18362299.jpg

デザインは内羽根式のキャップトゥレースアップブーツです。
トゥキャップのパーフォレーション(パーツ淵の穴飾り)は最初から付いております。
内羽根式のレースアップブーツってレース部分のパターンを作るのが結構難しく、下から中間辺りまでは綺麗に羽根が開くのに、結ぶ部分が閉じちゃったりします。
これだとカッコ悪いんですが、≪Dorothy(ドロシー)≫は今の所そういったことが無く、履いた時に綺麗に見えます。

さてこちらの≪Dorothy(ドロシー)≫をオーダーして頂く際には決めなくてはいけないオプションがいくつもございます。
『お任せ!』でも良いんですが、仕様を決めるのもオーダーの醍醐味なので一緒に『あ~でもない、こうでもない』ってやりましょう!!

まずはラストを決めて頂きます。

b0365069_18364235.jpg
b0365069_18364857.jpg

上がドレッシーなセミスクエアトゥラストBR-1、下がトラディショナルなラウンドトゥラストBR-2です。
BR-2の方にはオプションでメダリオンを入れてあります。
カジュアルっぽくするなら入れても良いと思います。

続いてはソールです。

b0365069_18372745.jpg
b0365069_18374978.jpg
ドレッシーに見せたいならレザーソール、カジュアルに見せたいならラバーソールが良いでしょう。

b0365069_18400557.jpg

b0365069_18402066.jpg

カントリー調にするなら上のハーフミッドソールやダブルソール、下のスプリットウェルトなどもお勧めのディティールです。

続いて決めて頂きたいのがはと目です。

b0365069_18410849.jpg

b0365069_18411552.jpg

レースアップブーツの場合はこの意匠の持って行き方でかなり雰囲気が変わる重要なパーツです。

ドレッシーに見せたいなら上の内はと目、カジュアルに見せたいなら下の外はと目が良いでしょう。
外はと目は。。。

b0365069_18412509.jpg

色々なお色をご用意しているので、アッパーの色に合わせてお選びください。

あと≪Dorothy(ドロシー)≫は脱ぎ履きの事を考慮して、レースホールの上3つはホール1つ、フック2つで固定されています。

b0365069_18480016.jpg

b0365069_18480715.jpg

面倒なら一番上のホールは使わなくても問題ありません。
こちらもカラーを選べるようになっており、Black、Dark Brown、Silver、Antique Gold、Nickelからお選びいただけます。

どうですか?
かなり色々と遊べるでしょう?
男性のお客様だけでなく、本格的なブーツをお探しの女性のお客様も『ん~。。。欲しいなぁ。。。』と言う方がちらほらいらっしゃいます。

ぜひ実物をご覧になりにいらっしゃって下さい!!


by brosent | 2019-08-18 18:56 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さん靴とベルトの色って合わせてらっしゃいますか?
BROSENTならアンティーク加工でも、最近流行りのミュージアムカーフ風の仕上げでも靴と同じ色でベルトをお作り頂くことが可能です!!
先日はこんなオーダーを頂きました!


b0365069_18522085.jpg

まずは『ネイビーでアンティーク感強め』と言うご要望で靴のオーダーを頂きました。
で、お靴のディティールを決めている最中近くに置いてあったベルトにもご興味を持っていただき。。。
『このベルトも好きな色でオーダー出来るの?』
『もちろん出来ますよ』
『じゃあ靴と同じ色でお願いするわ』
となった訳です。


b0365069_18525186.jpg

出来たお靴がこちらです。
良い感じじゃないですか?
薄すぎるとちょっと軽薄な感じがしますし、濃すぎると面白味が欠ける。
絶妙なバランスです。


b0365069_18531187.jpg

木型の立体感とも相まって高級感のある仕上がりとなっております。


b0365069_18532615.jpg


因みにアッパーのエロカッコ良さとと異なり、噂の(?)走れるラバーソール、イタリア≪Vibram(ヴィブラム)≫社、≪Gumlite(ガムライト)≫シリーズの、≪Cape Town(ケープタウン)≫を採用しています。
このように見た目と実用を組み合わせることが出来るのもオーダーならではの強みです。

一方ベルトは。。。


b0365069_18534616.jpg

こんな感じで仕上がりました!
アンティーク加工を施したベルトなんてそうそうありませんよ!
某フランス靴メーカーが出してはいますが、このベルトの3~4倍のお値段が付いております!(@ ̄□ ̄@;)!!
因みにBROSENTなら2万円前後でお色は元よりバックルやサイズまで自由自在です。


b0365069_18542716.jpg

皆さんもお靴と一緒にベルトもセットで作ってみませんか?

by brosent | 2019-08-11 18:56 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
皆さんドッペルゲンガーってご存知ですか?
え?知らない?
では子供の頃雑誌『ムー』を愛読していた私がお教えしましょう!!
ドッペルゲンガーとはドイツを発祥とした古い都市伝説で、自分と瓜二つの人間を見た人間は死ぬ、と言うお話です。
本日はそのドッペルゲンガーのお話です!!


b0365069_18235568.jpg

さて違う意味でマニアックな話で始まった本日のブログ。
とは言え超常現象のお話ではございません。
もちろん靴のお話です。

ある日BROSENTに染替え依頼でとある靴が持ち込まれました。


b0365069_18305127.jpg


ご存知英国製の高級靴の代名詞≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫の≪Southwold(サウスウォルド)≫と言うモデルです。
結構珍しいモデルだと思います。
受けたのは本間君でした。
しばらく後、染替えの順番が来たので、本間君がマスキングテープを貼り始めました。
貼りながら本間君が。。。『これ≪Turner(ターナー)≫にそっくりですね。。。』
どれどれと私も見比べてみました。

。。。そっくりじゃん!!(@ ̄□ ̄@;)!!。。。

と言う訳で比べてみました。

まず全体像です。


b0365069_18313193.jpg

似、似てる。。。
デザイン、シルエット、バランス共にそっくりです!!
この角度から見た違いはウィングのバランスが若干と、ピンキングのあるなし位でしょうか。

あと実はフィット感が似ています。
ラスト、フィッティングを設定する際大きく分けて2つの考えがあります。
一つはバチっとフィットするラスト。
形が複雑になる為成型が難しく、大量生産のメーカーには不向きです。
合うと物凄く履き心地が良くなりますが、変わった足の方だと逆に履き心地が悪くなります。
もう一つがバチっとは来ないけど、特に合わない足もないというややルーズなラストです。
形は比較的単純なので、大量に作っているメーカーなどに多いタイプです。
もちろん高級靴と言われるメーカーにも存在しています。
どこがどっちだとはここでは書きませんが、少なくともBROSENTや≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫は前者と言えます。
証拠をお見せしましょう。


b0365069_18321130.jpg
b0365069_18322067.jpg


グイっと窪んだウェストです。
これが土踏まずをしっかりと支えます。
ただ≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫の場合幅が合わないと足長と異なるサイズを履くことになるので、このウェストの本当の良さを味わう事が出来ません。
BROSENTの場合は幅の補正で足長通りにお作りするので、確実にこのフィット感を味わうことが出来ます。


b0365069_18330169.jpg
b0365069_18330707.jpg
続いては後ろから見てみましょう。
共に小さくて丸みを帯びているのが特徴です。
この小ささと丸みがしっかりとした踵のホールド感を保証してくれます。

あと意匠で似ているのが。。。


b0365069_18332981.jpg
b0365069_18333533.jpg

パーフォレーションの穴の大きさです。
どちらもやや小ぶりにしてあります。
小ぶりにすることによって靴全体が華奢に見え、エレガントさがアップすると言う寸法です。

あ、ちょっと違うところを見つけました!!


b0365069_18340037.jpg
b0365069_18340882.jpg


違うっちゃ違うんですが。。。こういった所に遊び心を入れる辺りの考え方は似てますかね。。。(;^_^A

何から何までそっくりなこの2足。
まさにドッペルゲンガーです!!
何か起きなきゃ良いんですが。。。(;^_^A

因みに!!BROSENTならお値段は半額程度でお作りいただけます!!
残ったお金でジャケットでも買ってください!!(笑)

では。。。

by brosent | 2019-08-04 18:40 | ビジネスファッション