人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTの人気メニュー≪染替え≫。
最近では遠方にお住いのお客様や、同業者様からの依頼も増えております!
本日はお客様がどんな理由で染め替えを依頼するのか?と言うお話です。

b0365069_18240389.jpg
染め替える理由は人それぞれ、まさに十人十色です。
最も多いのがこのパターン。

b0365069_18242362.jpg
b0365069_18243054.jpg
店頭に置いてあるとライトブラウンの靴ってカッコ良く見えます。
が!いざ履いてみると足元だけ浮いちゃうケースが多いんです。
若い方が結構履いていますが、良い大人がダーク系の服の足元がこれではちょっと恥ずかしいですね。
と言う訳でダークブラウンやブラックに染め替えたいと言うお客様が非常に多いです。

続いて多いのが。。。

b0365069_18245490.jpg

b0365069_18250182.jpg

色褪せです。
特にイタリア物の手染めは染め自体が薄いため、色褪せが結構多いようです。
色焼けで左右の色が変わっちゃった!と言うケースも濃い色に染めればOKです。

続いては!

b0365069_18251876.jpg
b0365069_18252523.jpg
結構履いてボロくなっちゃった(T_T)、と言うパターンです。
こちらのお靴もつま先が擦れちゃったり、だいぶダメージがありました。
ですがブラックに染める事で見事に復活しました。

似たようなケースだと。。。

b0365069_18254445.jpg

b0365069_18255165.jpg

やっちゃいました!
染みです!
しかも靴が高い!!
ですが元の色さえ諦めて頂ければ、染みの色より濃く染める事でごまかすことが可能です!!
みっともないから履けないや。。。捨てるか。。。と言う靴も染め替える事でまだまだ現役でお使いいただくことが出来ます!!

最後に。。。

b0365069_18260605.jpg

b0365069_18261309.jpg


実はこちらのお客様がそうだったかどうかは記憶にないんですが、たまにいらっしゃるのが『黒が欲しかったんだけど、セールになってるのがコンビだったから染めること前提で買ってみた』と言う方。
確かに黒って型自体を廃番にしたり、コレクション、木型自体を廃番にしないとセールにならない事が多いんです。
染め代を足しても定価よりは安いと言う裏技です。
賢いですね~!!


と皆さま様々な理由で染替えていらっしゃいます。
『もうダメかな~』と諦めて捨ててしまう前に是非一度BROSENTにご相談ください!!

by brosent | 2019-09-15 18:29 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
『軽い』『柔らかい』『傷つかない』『水に強い』と天然素材最強の一つと思われるサメ革のお靴のご紹介をさせていただいたのが9月。
その最強のあいつが更に強くなって帰ってきました!!
ってこの前本間君が既に書いちゃいましたね。。。
いやいや僕が先に書いてたんだすよ!!
上げてないだけで。。。このコミュニケーションの悪さ。。。(;^_^A
もう少し細かく書くんでぜひお読みになって下さい!!

b0365069_18372115.jpg
9月のブログはご覧頂けましたでしょうか?
まだご覧になられていない方はぜひお読みになってみて下さい。




前回も書きましたがサメ革に使われる革は主にヨシキリザメと言って日本近海にも結構いるサメだそうです。

b0365069_18383058.jpg
大型で成長すると4m位になります。
でも革は幅が30数センチしかないんですよね~。。。小さいやつなのか、使える部分が少ないのかは謎です。。。
肉は練物として、ヒレはご存知フカヒレとして重宝されているので、皆さん一度は口にした事も有るかと思います。
基本的には遠洋に居るので滅多に人間が出会う事は無いみたいですが、どう猛らしく会った場合は襲われる危険も十分にあるそうです。

日本刀の柄や、宮大工さんがヤスリとして使っていたりとその歴史は古いそうですが、これらはヨシキリザメでは無く、カスザメなどのエイに近いサメの革です。

b0365069_18384851.jpg
さて、ジョーズ2の話に戻しましょう。
こちらのブログを見て、オーダー常連のお客様から『サメ私も出張用で欲しいんですが、カジュアル用の茶色で作れないでしょうか?』とのご依頼が舞い込みました。
で、探してみたんです、茶色。
これがまた無い!!んです。
知りませんでした。
サメ革って殆ど黒なんですね。
方々に電話して、ネットで探して、ついにある革屋さんで発見しました!!
こちらです!!

b0365069_18390603.jpg
これがまた手が込んでまして、実はツートーンなんです。
アップで見てみましょう。

b0365069_18392189.jpg
ベースが薄い茶色で、でこぼこした部分が濃い茶色になってるんです。
これはカッコ良いのが出来そうです!!

と言う事で完成したのがこちら!!

b0365069_18393787.jpg

カジュアルからジャケットスタイルまで対応できる大人カジュアル靴です。
アッパーは前述したように『軽い』『柔らかい』『傷つかない』『水に強い』ですから、出張のお供としては最強と言えるのではないでしょうか?

b0365069_18400848.jpg
今回はBR-2というラウンドトゥのラストを使用しました。
こちらの方がドレッシーさを抑えられる為と言う選択です。

b0365069_18452660.jpg
ウェルト(アッパーとソールをつなぐパーツ)はスプリットウェルトを採用しました。
グッドイヤーウェルトの靴で内部が濡れる場合、大概はアッパーとソールの境目から水が浸透します。
ですから本当はレザーとかラバーとか関係ないんですね。
大雨でずっと外を歩くのでなければ。。。
ですがこのスプリットウェルトならその隙間を埋めるようにパーツが立っているので、その心配がありません。
出張中の急な天候悪化も何のそのです!

そして最後がソールです。
今回タイトルに『さらに強くなって。。。』と書いたのはこいつを搭載しているからです!!

b0365069_18453603.jpg
イタリア≪Vibram(ヴィブラム)≫社の≪Gumlite(ガムライト)≫と言うシリーズの一つ、≪Cape Town(ケープタウン)≫と言うソールです。
こちらもアッパーの最強度に負けない性能を持っています。
『軽い』『減らない』『クッション性が高い』と言う特徴を持っています。

b0365069_18455466.jpg
上から押すとこの通り!
グニャリと曲がるこのクッション性!!
まさに走れる革靴となっております!!

最強アッパー+最強ソール=最強出張靴です。
出張族の皆様、1足如何でしょうか?

by brosent | 2019-09-08 18:49 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
日本海側、北海道。。。雪大変ですね。。。お気を付けてお過ごしください。
東京も今日は比較的暖かな様ですが、そろそろ雪が降る頃でしょうか。。。
ところで皆さん雨や雪用の革靴ってお持ちですか?
雪の日はぶっちゃけ革靴じゃなくて長靴を履いた方が良いんですが、お仕事をされているとそういう訳にはいきません。
本日は水に強い靴のお話をしましょう。

b0365069_19200864.jpg
水に強い!と言う事でまず皆さんが思いつくのはラバーソール、所謂ゴム底ではないでしょうか?
では何故ラバーソールが良いのか?
そもそも本当に良いのでしょうか?
正解は。。。『悪くはないけど、別に完ぺきではない』です。
ん~。。。なんとも解りずらい表現ですが、でもそうなんです。

雨や雪の日、あなたはラバーソールを選びますね?
何故ですか?
靴の中が濡れないためではないでしょうか?
確かにラバーソールなら水が染みる事はありません。
でも靴の中が濡れるのって大概は底面から入って来ているんじゃない、って言ったら信じますか?
にわかに信じられませんか?
ではあまり見る機会はないかもしれません、靴の断面を見ながら説明しましょう。

b0365069_19203557.jpg

これグッドイヤー製法の靴の断面です。
分かりやす用にMONO消しゴムを置いたんで、大よその厚みは分かると思います。
写真の靴はダブルレザーですが、MONO消しが約1.1cmあるので、それ以上あるのがお分かりになると思います。
これだけの厚みがあるんです!!
更にグッドイヤー製法の場合アウトソールとインソールの間に中物と言われるパーツが挟まっています。
多くの場合松脂やボンドで練ったコルクなどが使われています。
松脂やボンド。。。水通しません!
ですから余程の長時間でないと水が真下から侵入してくることってないんです。
では、なぜちょっと歩いただけで靴下が濡れる事があるのか!?
どこから入って来やがっているんでしょう!?

b0365069_19205892.jpg
ここです!!
アッパーとソールを縫い付けたここから侵入して来てるんです!!
ですからレザーソールだろうとラバーソールだろうとあまり関係ないんです。。。(T_T)
先ほど『悪くはないけど、別に完ぺきではない』と言った意味がお分かりになったでしょうか?
ではこれを克服する方法は無いのでしょうか?
例えば最初からこの縫い目の裏側にゴアテックスなどの防水機能を持った部材を張り付けた物もありますが、そんなものはアウトドアシューズ位で革靴ではごく稀です。
では革靴の場合は。。。

b0365069_19212681.jpg
これです!
縫い目から侵入してくるわけですから、その部分に防御壁を付けちゃうって言う手です!
スプリットウェルトとかストームウェルトと呼ばれます。
こうすることにより水の侵入をある程度防ぐことが出来ます。

b0365069_19215295.jpg
あとダブルソールをお勧めします。
侵入口であるアッパーとソールの縫い目を地面から少しでも離す為です。

b0365069_19221577.jpg

あとはやはりと言っては何ですが、ラバーソールです。
これは下からの浸水を防ぐためと言うよりは、濡れたタイルなどでなるべく滑らない様にと言う配慮です。

b0365069_19231987.jpg
b0365069_19232605.jpg
最後にアッパーですが、出来たらスエードやグレインが良いでしょう。
靴好きの間ではだいぶ認知されてきた【スエード=雨強い】ですが、一般的にはまだまだ認知されておりません。
何故強いかについては過去のブログをご覧ください。



グレインも水や傷に強くするため表面をプレスしているのでやはり強いです。
『ジャケット着れるならスエードが良いけど、うちの会社は無理かなぁ』と言う方は、やはり防水スプレーが良いでしょう。
出かける30分前くらいにかけると効果的ですよ!!


ブロセントならこれらの靴を最初からお作りすることが可能です!!
ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください!!


by brosent | 2019-09-01 19:28 | ビジネスファッション