人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
長い事靴屋さんをやっているとどうしても人の足元に目が行ってしまいます。
完全に職業病ですね。。。(-_-;)
因みに革靴を履いている方の半分以上はサイズ合ってないと思います。
残念なことです。。。(T_T)
で、先日お仕事で外出していた先で、『そうなるよね~』というシーンを目撃してしまいました。

b0365069_18103854.jpg
さて、最近ちょっとショート丈のチェルシーブーツ=サイドゴアブーツが流行っているようです。
秋~冬~春と3シーズン履けちゃう便利さと、スリッポンのような脱ぎ履きの容易さが売りです。
私元々このデザインが好きで、過去にはC&Jでこんな靴も扱っていました。

b0365069_18111439.jpg
因みにこちらはデザインby私、ではありません。
木型は企画しましたが、その木型を使ってC&Jのパリ店の方が考えたモデルです。
これもカッコ良いですよね~!!
と言う事でBROSENTでもこれに負けないようなモデルを考えようと思って作ったのがこちら!


b0365069_18113729.jpg

チェルシーブーティ(!)の≪Victoria(ヴィクトリア)≫です。
今回こちらのモデルを作るにあたり、ちょっと一工夫凝らしました。

b0365069_18115538.jpg
チェルシーの命とも言える両サイドのゴムにデザインを入れてみました。
しかもこれ単なるデザインではありません。
カットを低くした分弱くなる抑えを補うため、敢えてゴムが細くなる部分を入れたのです。
これにより足首のホールド感が高めることが出来ています。
見た目と機能を両立させたBROSENTらしい仕様かと思います。

あと全てのショート丈ブーツに言えるんですが、パンツの納まりが良いんです。
で、最初の話に戻るんですが、先日ちょっと用事がありまして、外出していたのですが、駅のエスカレーターでこんな足元を見てしまいました。。。

b0365069_18120662.jpg


丈が長いとこうなりやすいんです。。。(T_T)
丈が長いとどうしても履き口が広がります。
これを克服しようと履き口を細くすると、今度は足が落ちづらくなります。
でも広いままだと写真の様にパンツの裾がかかっちゃんです。。。

と言う訳で長く履けて、脱ぎ履き楽々、足元スッキリなチェルシーブーティの≪ヴィクトリア≫。
要注目ですよ!!



by brosent | 2019-10-27 18:16 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
最近ですが私も初めて見た靴が染替え依頼でBROSENTにやってきました!
靴業界で働いて約四半世紀。
長年世界中の靴を見てきた私ですが、この靴は初めて見ました!!
ちょっと面白かったのでご紹介しますね。

b0365069_18200659.jpg
もちろんそういう靴があることは知っていたのですが、私自身がこの目で見るのは初めてでした。
『へ~、こんななんだ!』とまじまじと見てしまいました。
まぁスタイルはお作りになったご本人様の趣向ですからあまり気になりません。
一応靴屋さんなんで作りの方に興味津々です。
ふむふむ。。。如何にも『手作りでございます!』と言った作りです。
機械製より雑ですが、手のぬくもりを感じますね。

b0365069_18202820.jpg
皆さん、この靴どこの靴だか分かりますか?
ちょっと靴が好きな方なら知っているブランドだと思います。
答えは最後に書きますね。
ヒントはフランス靴です!


ちょっと話変わって、フランスと言えば。。。
私海外メーカーとの取引も20年ほどやっておりました。
扱ったことのある国はイギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、ルーマニア、アメリカと多岐にわたります。
当然外国の方のお知り合いが増える訳ですが、その中に当時スペインの≪CARMINA(カルミナ)≫のパリ店の店長をしていらっしゃった方がいました。

b0365069_18204792.jpg
以前もこちらのブログで何回かご紹介したパティーヌの達人ミゲールさんです。
当時フランスのビスポーク靴に興味があった私の為にミゲールさんが友人のビスポーク職人マルティネスさんと一緒に食事をする機会を作ってくれました。
マルティネスさんは≪B●●●●●●≫で15年ほどビスポーク担当を務めた後、≪●●●●●●Y≫に引き抜かれたと言うパリでも指折りの職人さんでした。
ビスポーク職人、パティーヌ職人、バイヤー(←一応私)が集まってお酒でも入ろうものなら話は当然靴談義となります。
そこで私聞いてみました。
『ピ~!』の連続となりますがご容赦ください。m(__)m

私『日本では≪●● ●●●●●N≫あたりがフランス靴では一番有名ですけど、実際パリでの評価とかってどうなんですか?
ミゲール『そうだね~。。。有名だよ、パリでも』
マルティネス『確かに有名だけど、靴好きが履く靴じゃないね。どちらかと言うと良家のボンボンが履く靴のイメージかな。お洒落じゃないよ。
私『(厳しいな~。。。(;^_^A))じゃあお洒落なパリの人が履く靴ってどこのブランドなんですか?
マルティネス『これは世界中どこ行ってもそうだと思うんだけど、やっぱりオーダーだね。』
ミゲール『≪B●●●●●●≫とか≪●●●●●●Y≫のシュールムジュール(=ビスポーク。靴の場合オートクチュールとは言わないんですね。。。)、最近だと≪C●●●●●●≫とかね。』
マルティネス『ただどこもビスポークは厳しいのが現状だね。ほら、どこもシュールムジュールが売れないからプレタポルテ(=既成品)実際僕も≪●●●●●●Y≫で働いてたけど、シュールムジュール部門を止めるかもしれないって言うんで、今は独立しようと思ってるんだ。これ試作品なんだけど。。。』

b0365069_18211677.jpg

私『やっぱりこのスタイル好きですよね、パリの人』
マルティネス『やっぱりパリのお洒落な人はこういうエレガントなやつが好きだね。私もそう。』
ミゲール『CARMINAのパリ店でもスペインの店舗と違ってエレガントなラストが人気だよ。前に日本に行った時に思ったんだけど、日本人が好むラストもパリのお客様と同じだよね。じゃあ何で≪●● ●●●●●N≫とかが人気なんだろう。。。?』
私『。。。雑誌。。。かな。。。???(;^_^A。』

何て会話をしたことを思い出しました。
いや実際に現地の人の話を聞いてみないと分からない事もありますね。

さて!話を戻しましょう!!
今回ご紹介した靴の正体は!!

b0365069_18213616.jpg

≪Berluti(ベルルッティ)≫のスールムジュール=ビスポークでした!!

いや、既製品からは想像も出来ないスタイルですね~!!
もっともシュールムジュールなのでお作りになられた方の希望ですから、スタイルは関係ないかもしれませんが。。。
最近の靴ではないので、もしかしたらマルティネスさんが作った靴かもしれないですね。

で、この靴が当店の本間先生の手にかかって生まれ変わりました!!
ご覧ください!!

b0365069_18220858.jpg

b0365069_18221514.jpg

色だけは既製品の≪Berluti(ベルルッティ)≫のみたいになりましたとさ。。。(;^_^A
ちゃんちゃん。。。

by brosent | 2019-10-20 18:27 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTの靴はお客様が気付かないようなところに結構拘っちゃったりしています。
靴好きの方なら『お~っ!』、そうでもない方なら『ふ~ん。。。』となる拘り!
以前書いたもの、書いて無い物まで含めて本日は何カ所かご紹介したいと思います。
『お~っ!』か!?『ふ~ん。。。』か!?貴方はどっち?

b0365069_18244018.jpg
まずはこちらの靴から!

b0365069_18250050.jpg

チャッカブーツの≪Alice(アリス)≫から。

b0365069_18252467.jpg

2アイレット、靴紐、シューレースを通す穴が2つですです。
最近は3アイレットが多いですが、英国の某デザイナーさんも『正当なブリティッシュトラッドのチャッカブーツは2アイレットです』と言っていました。
だからどうした?って話ですが、やっぱりチャッカは2穴だろうと。。。(-_-;)


続いては踵のホールド感です。
BROSENTの靴は後ろから見ると。。。

b0365069_18254394.jpg
丸くて小さいです。
インポート物って得てして踵が大きい物が多いです。
毒を吐くようですが、インポートの靴に拘っている方に限ってやたらと踵の抜けを気にします。。。(-_-;)
やはり日本人には日本人の足に近付けた木型が一番合うと思います。
因みにここにステッチが入らないシームレスバックと言う仕様があります。
物理的にはそれにすることも可能なんですが。。。やりません!
私たちが『この位が良いでしょう』と思っている価格にならないからです。
その内オプションで追加するかもしれませんが。。。
因みにブーツにするとちょっとエロい形になります。

b0365069_18255721.jpg
ね?
ナイスプロポーションでしょ?

続いては化粧釘
ヒールの底面に打ってある飾り釘の事です。

b0365069_18261241.jpg

飾りと言うだけあって完全に意匠なので、別に無くても良いのですが、無いとちょっと寂しいですよね?
ですが、『革底が滑る』と言うのの最大の原因がこいつなんです。
革と釘だと革の方が柔らかいですよね?
なので履いている内に釘の頭が出てしまう事があるんです。
それでツルっと行くわけです。
なのでBROSENTではレザー&ラバートップを選ばれた場合、特にご希望が無い場合はこの様に最低限に抑えた釘の打ち方をさせて頂いています。

最後にサイドゴアブーツのゴムの形状です。

b0365069_18264543.jpg


『見た目がカッコイイ!』と好評のこのゴムですが、実は機能を重視したための形状なんです。
このブーツ普通のサイドゴアよりカットが低く出来ています。
これ自体は脱ぎ履きを容易にするためです。
ですがこれだとゴムの部分が短いため抑えが効きにくくなります。
そこで幅を細い部分を作りテンションを高めているのです。
ね?よく考えられてるでしょ?

BROSENTの靴は世界各国の高級靴を扱ってきた中で、『この靴のここは良いね~』『この靴はここ工夫してるね~』と言うものを採用し、私たち独自のアイデアを盛り込んだ他に類を見ない靴となっています。
是非一度お試しになってみて下さい!!


by brosent | 2019-10-13 18:32 | ビジネスファッション

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTのオーダーではカーフやスエードと言った定番以外にも様々な素材をご用意、または捜索させて頂いています。
その中でも人気が高い素材に≪BELUGA(ベルーガ)≫と言う素材があります。
この度その≪ベルーガ≫に新色が加わりました!!
本日は過去の作例と一緒にその新色をご紹介しようと思います。

b0365069_18352503.jpg
≪ベルーガ≫は革靴の名産地でもあるイタリア・トスカーナ州にある≪Conceria 800(コンチェリア800)≫社が生産する型押しレザーです。
因みにベルーガという生物は2種類いらっしゃいまして。。。
まずは。。。

b0365069_18354218.jpg

シロイルカです。
可愛いですね~!

で、もう一つは。。。

b0365069_18355711.jpg
オオチョウザメです。
可愛くないですね~!

革のシボ感から推測するに残念(?)ながら後者に似せて作ったものだと思います。
この≪ベルーガ≫、BROSENTでも結構人気があり、全面使いを始め、部分使いにも良く使用されます。
ちょっと見てみましょう。

b0365069_18424042.jpg
BROWNの≪ベルーガ≫を使用したプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫です。
型押しを使うとカントリー調になりますね。
アッパーの見た目に合わせてウェルトもリバースウェルトにしましてあります。

型押しだからと言ってカントリー調だけではありません。

b0365069_18430331.jpg

今年の秋冬のニューモデル、エプロンダービー=ユーチップの≪Leila(レイラ)≫です。
こちらはBLACKの≪ベルーガ≫とスエードとのコンビにした例。
ね?エレガントな感じじゃないですか?

続いては。。。

b0365069_18431710.jpg

REDの≪ベルーガ≫を全体に使用したローファー≪Joan(ジョアン)≫です。
ポップと言うか可愛いと言うか。。。
赤好きの方にはたまらないのではないでしょうか!?

最後が。。。

b0365069_18433664.jpg

NAVYの≪ベルーガ≫とグレースエードを使ったショートウィング≪Turner(ターナー)≫です。
これは私好みです!!
テーラーを営んでいらっしゃるお客様のオーダーだけに、こなれた感じです!!
カッコイイ!!

BLACK、BROWN、RED、NAVYを使用したお靴の例をご覧いただきましたが、今回新たに新色が加わりました!
こちらです!

b0365069_18435103.jpg

ORANGEです!!
かなり綺麗な感じです!!
さてこちらをご注文したお客様!
一体どんなお靴をご注文されたのでしょうか?
それはまた別の機会に。

皆さんならどんなお靴を作りますか?



by brosent | 2019-10-06 18:48 | ビジネスファッション