人気ブログランキング |

タグ:目黒 オーダーメイド ( 62 ) タグの人気記事

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
短期連載『オーダーで選べるディティール』。前回のソールの素材に続いて、今回はソールの細かい仕様をご紹介していこうと思います。
前回の素材編をご覧になっていない方は、下記からご覧いただけるので是非ご覧ください。

⇒『オーダーで選べるディティール~ソール編1』

まず初めに前回同様BROSENTのオーダー方法について触れておきます。
前回も読んで頂いている方は飛ばしちゃってくださいね!

BROSENTのオーダーは基本オプション=ほぼフルオプション、となっています。
通常オーダーは基本価格があり、オプションを追加していく方法が一般的です。
これだと基本価格の安さに釣られてオプションを追加していく内にビックリするような価格になるなんてことも( ゚Д゚)。
BROSENTではお客様に安心してオプションを色々と選んで頂けるよう基本をフルオプションとし、その他のオプションを選ぶごとに価格が下がっていく方法を取り入れています。(一部追加料金のオプションもございます)
お財布を気にせずお好みのディティールをお選びください。


では本題に参りましょう!
ソールの素材が決まったら次に決めるのがソールのステッチの仕様です。
種類は2種類です。



b0365069_14310922.jpg
b0365069_14311398.jpg

左は出し抜いと言われる糸を隠したヒデュンチャネル仕上げです。
日本の職人さんたちはドブ伏せ呼ぶのでBROSENTの仕様書はこちらになっています。
右は糸が見える仕様でオープンチャネル仕上げです。
日本の職人さんたちはぶち縫い呼びます。
何となくワイルドです。。。(;^_^A
それぞれ価格は。。。

ヒデュンチャネル 0円 ※基本オプションとなっています
オープンチャネル -2,000円(税抜)

続いてはソールの色です。
種類は大きく分けて3種類です。


b0365069_14362616.jpg
b0365069_14362926.jpg
b0365069_14363280.jpg

まず上が基本のナチュラル仕上げ
賛否の分かれるところですがBROSENTの二人は『素材の良さが一番出ていて高そうに見える』と思っている為これが標準仕様となっています。
続いては真ん中は全カラスと呼ばれる仕様です。
黒か茶をお選びいただくことが出来ます。
最後に下が俗に半カラスと呼ばれる前がナチュラルでウェスト部分のみ色を入れた仕様です。
ウェスト部分をシャープに見せる効果があり、オーダー靴を初めとする高級靴で良く取り入れられる仕様です。
たまに前後の色が逆になっている物を見ることがありますが、前の方は削れてくるのでその内単色になります。。。(-_-;)。
『知らないでやってるのかな。。。』と。。。
価格は。。。

ナチュラル仕上 0円 ※基本オプションとなっています
全カラス    0円
半カラス    +3,500円(税抜)

半カラスで思い出しました!
最近登場したばかりの新仕様、半カラス風ハーフラバーもお付けする事が出来ます。


b0365069_14371920.jpg

滑るのが気になると言う方に早くも好評を頂いております。
価格は。。。

ハーフラバー +5,500円(税抜)


続いては底面、ウェストの仕様です。
こちらは2種類から選ぶことが出来ます。


b0365069_14375722.jpg
b0365069_14380043.jpg
左が標準仕様となっている立体的な形状のフィドルバック
フィドルとはバイオリンの事です。
バイオリンの背面も同じようになっており、そこから来た名称みたいですね。
ウェストを細く見せる効果があり、ドレッシーさがアップします。
因みに日本には今まであまりなかった仕様なのか、年配の職人さんたちは『もっこ○』という放送禁止的な呼び名で読んでいます。。。(-_-;)
b0365069_14383967.jpg
右が平らなフラットバックです。
フィドルバックに比べカジュアル度の高い仕様です。
どちらが良いと言うことはありません。
どういったテイストの靴を作りたいかで選んでください。
例えばスエード&ダブルソールを使ったカジュアルテイストの靴をフィドルバックにするとバランスが悪くかっこ悪いです。
因みにラバーソールはフラットバックとなります。
価格は。。。

フィドルバック 0円 ※基本オプションとなっています
フラットバック 0円

とソールに関する仕様は以上です!
次回はウェルト編です!
お楽しみに!




by brosent | 2017-05-28 14:39 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
BROSENTのオーダーには選択可能なディティールが、それこそ多種多様にございます。
そこで短期連載『オーダーで選べるディティール』として、これらをご紹介していこうと思います。
オーダーをお考えになっている方の参考になれば幸いです。
第1回目はソールの素材です!

b0365069_19023414.jpg

まずご説明しておかなければならないのが、BROSENTのオーダーの仕組みです。
BROSENTのオーダーは基本オプション=ほぼフルオプション、となっています。
通常オーダーは基本価格があり、オプションを追加していく方法が一般的です。
これだと基本価格の安さに釣られてオプションを追加していく内にビックリするような価格になるなんてことも( ゚Д゚)。
BROSENTではお客様に安心してオプションを色々と選んで頂けるよう基本をフルオプションとし、その他のオプションを選ぶごとに価格が下がっていく方法を取り入れています。(一部追加料金のオプションもございます)
お財布を気にせずお好みのディティールをお選びください。

では参りましょう!
ソールの素材は全部で5種類。レザー2種類とラバー2種類です。
まずはレザーからご紹介しましょう。


b0365069_19031352.jpg
b0365069_19031582.jpg
b0365069_19031819.jpg
上から基本オプションでもあるドイツのレンデンバッハ社製のオークバーク。
海外の一流メーカーも使用する高級素材です。
真ん中がローファーの返りを良くするために独自に開発したイタリアン・スーパー・ソフト。
もちろんその他の靴にも付けることが可能です。
最後に下がイタリアン・ソフト。
BROSENTの中では一番低価格の革底になりますが、ベルギー製やアルゼンチン製のレザーソールよりも高いので、決してチープな物ではありません。
価格はそれぞれ。。。

レンデンバッハ社製のオークバーク 0円 ※基本オプション
イタリアン・スーパー・ソフト      -1,500円(税抜)
イタリアン・ソフト           -2,300円(税抜)

因みにイタリアン・スーパー・ソフトはイタリアンソフトと比較するとこの位柔らかいです!

b0365069_19060607.jpg
続いてはラバーソールです。

b0365069_19064418.jpg
b0365069_19064876.jpg
上が英国ハルボロラバー社製のスタッズドソール、通称ダイナイトソールです。
因みにダイナイトと言うのはシリーズの名前で、正確にはスタッズドソールと言います。
高級靴ではドレスからカジュアルまで幅広く使用されているので見たことがある方も多いのではないでしょうか?
下がイタリア・ビブラム社のイートンソール。
スタッズドソールとパターンが似ていますが、より柔らかく、ゴム独特の粘りがありグリップ力が高いのが特徴です。
価格はそれぞれ。。。

スタッズドソール -2,300円(税抜)
イートンソール  -2,500円(税抜)

また各ソールはそれぞれ厚みを変更することが可能です。

b0365069_19085288.jpg
b0365069_19073971.jpg
b0365069_19074253.jpg

上が基本オプションのシングルです。
最もドレッシーな仕様なので、ビジネスに使用するならこれが一番です。
真ん中がダブルです。
シングルとは反対に最もカジュアル向きの仕様となります。
写真はラバーソールを用いたダブルになりますが、もちろんレザーで行うことも可能です。
下はシングルとダブルの中間にあたるハーフミッドと呼ばれる仕様です。
爪先前半部はダブルで屈曲部分周辺からうしろにかけてシングルになっています。
オンオフ兼用で使いたい靴などに用いると良いと思います。
価格はそれぞれ。。。

シングル    0円 ※基本オプション
ダブル     +800円 ※イタリアンソフト、スタッズド、イートンから選択可
ハーフミッド  +800円 ※イタリアンソフト、スタッズド、イートンから選択可

特別製にはなりますが、過去にはこんな靴をお作りしたことも!


b0365069_19073642.jpg
『結婚式用にどうしてもヒールを高くして欲しい』と言うご要望があり、ヒールを高くし、その分のバランスを取るようにトリプルのハーフミッドにしました。
メーカーの社長さんに『面倒臭ぇもの取るんじゃねぇ!( ゚Д゚)三3』と怒鳴られましたが、ご要望があればまたやります!( ̄ー ̄)
ただし金額は要相談になりますので、その辺りはご容赦くださいm(__)m

ソール編は以上となります。
次回はソール周りの細かいディティールをご紹介しようと思います。
では!
by brosent | 2017-05-22 19:09 | 革靴