人気ブログランキング |

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


こんにちは、BROSENTの清水です。
大きな靴のそれは恐ろしい弊害については以前ちょっとお話しました。
小さい靴は痛くなるのですぐに気づくことが多いですが、大きい靴は直ぐにはっきりと影響が出る訳ではないので気付かない人が殆どです。
SNSなどで足元の写真を載せている方を多く見かけますが、『多分大きいな~。。。高い靴なのにもったいないな~。。。』と言う方が結構いらっしゃいます。
今回は『ちょっと大きくて踵が抜けるんですけど。。。』についての対処法についてのお話です。

ご来店されたお客様の靴を見て『ちょっと大きそうだな~』と思い尋ねてみると、まず大概の方が『実はそうなんですよ。。。。』とお答えになられます。
『なら何故調整しない!!』とこちらとしては思うのですが、皆さん意外と調整できることをご存じないようです。
そこで改めて。。。

『靴は履いた後でもサイズの調整が可能です!!』

すっきりしました!
では詳細です。

昨日BROSENTではこんな物をご用意しています。

b0365069_15370524.jpg
真ん中のジンベイザメみたいな物がそれです。
実はこれヌメ革のインソール
価格の高騰や、品質安定の難しさから今では作っているところさえ少なくなった代物です。
では何故BROSENTではそんな面倒なものを別注してまで作ってもらっているのか?
それはサイズ調整を行うにあたり、加工、加工後の影響など全てにおいてベストな選択だと考えているからです。

まずこの形状。
とても靴のインソールには見えない不細工な形をしていますが、これはあらゆるインソールの形状に対応できるようにするためです。
ヌメ革のインソールは靴のインソールに合わせて切って使用することが出来ます。
最初からインソールっぽくしてしまうと、靴の形状によっては対応できなくなることがあるのです。
その為こんなジンベイザメのような形状でわざわざオーダーしているのです。

b0365069_15374517.jpg
続いては素材について。
わざわざヌメ革にしているのにも訳があります。
『吸湿性が良いからでしょ?』
それも理由の一つですが、最大の理由はそれではありません。
最大の理由は馴染みが出るからです。
特にグッドイヤー製法の場合、そのメリットとして『履いている内にインソールが自分の足型になってくる(=フットベットと呼びます)』というものがあります。
ブラスチックや化繊のインソールではこのフットベットが付かないのです。
革と言う素材とこの厚みがないとフットベットは付きません。
ですから敢えてヌメの中敷きを仕入れているのです。
またインソールが厚くなったような状態になるだけなので、履き心地もほぼ今まで通りの状態と保てることが出来ます!

b0365069_15390520.jpg
更にBROSENTの靴の場合インソールの型紙から抜いて加工するので、完璧にジャストサイズではめることが出来ます。
他メーカーの靴でも頑張って調整するので、ご安心ください!

b0365069_15392441.jpg
他にも踵やタン(甲部)にパットを入れて調整する方法などもあるので、お手持ちの靴で『ちょっと緩いんだよな~』と言うものがあったらぜひお持ちになられてください。
びっくりする位履き心地が改善されますよ!

b0365069_15400835.jpg
b0365069_15401275.jpg
≪大きな靴のサイズ調整のメニュー≫
インソール調整(両足)  1,500円+税 ※加工料サービス
腰裏パット入り革あて(片足) 3,000円+税
タンパット(片足)  3,000円+税

by brosent | 2017-04-10 15:44 | 革靴

こちらのエキサイトブログではサイトの過去のブログから厳選してお送りしています。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



こんにちは、BROSENTの清水です。
いよいよ秋本番!夏に大活躍したドライビングシューズもそろそろお役御免と言ったところでしょうか?
『ソールも減っちゃったし、そろそろ捨てるかな~』と言う貴方に朗報です!

ドライビングシューズ、今や春夏の大人カジュアルの定番となっています。
特にイタリア物のドライビングシューズは色合いも綺麗でかっこ良いですよね!
ですが意外と値段もかっこ良い(T_T)
履き潰すには惜しすぎます!

b0365069_11342704.jpg

それなら思い切ってソールごと変えちゃうっていうのは如何でしょうか?
BROSENTではこんなオールソールも承っています!

b0365069_11344019.jpg
b0365069_11344055.jpg
どうですか?
写真のポイントタイプのみのお修理となりますが、見事復活しました!
アッパーが綺麗なのにソールが減ってしまったドライビングシューズをこちらの修理で蘇らせてあげて下さい!


≪価格≫

16,000円+税

by brosent | 2017-03-11 11:35 | 革靴

BROSENT 本間です。

今回は商品では無く、「シューケア(靴磨き)」のご紹介です。

BROSENTでは当店で買った靴以外でも「靴磨き」「クリーニング」等のメンテナンスを
お受けしております。

通常の靴磨きでしたら10分程度でお渡し出来るので履いてる靴を
そのままお磨きなんて事も可能です。

下記の画像は「シューケア 1000円+税」と「ハイシャイン 500円+税」のメニューでの
before afterです。
b0365069_20425586.jpg
通常ケア(1000円+税)では
1、汚れ落とし
2、乳化性クリームで栄養&つや出し&補色

上記の内容で作業を行います。
ここまででもだいぶ靴はキレイになります。

さらにツマ先部分を鏡の様にピカピカにする「ハイシャイン 500円+税」
を行うとより美しい仕上げになります。

ハイシャイン30分程度の作業時間を頂きます。
※混雑時はお預かりになる事も御座います。
b0365069_20485171.jpg
「ちょっと靴が汚いからキレイにしたいな」とお気軽にお立ち寄り下さい。

b0365069_20515813.jpg
また、シューケア用品も充実のお取り扱いが御座います。
b0365069_20502012.jpg
是非ご来店お待ちしております。


詳しくはホームページをご覧ください
http://www.brosentshoes.com/

〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT

※水曜日が定休日になります





by brosent | 2016-04-23 12:30

BROSENTの本間です。

『BROSENTの靴の他のデザインも見たい!!』

と言う声が有りましたので今回は一気に2つのデザインをご紹介します☆

まずはこちら

『Turner(ターナー)74000円+税』

b0365069_21151431.jpg
こちらも少し変わったデザインで個人的には好きなモデルです♪

正面から見るとツマ先の形状「ウイングチップ」をやや短めにデザインしました。
b0365069_21172772.jpg
「ショートウィングチップ」や「ソフトウィングチップ」とも呼ばれるデザインです。
画像左の黒ベースに羽回り(紐回り)をグレーのスエード素材に変えたパターンだと
シックなイメージになりビジネスシーンでも活躍しそう☆

右のブラウン×ブラックのコンビ色にする事でカジュアルダウンなイメージに。
ジーンズ何かでも合わせられるので
「普段あまりスーツは着ない!」と言う方にもおススメのパターンですね♪

続いてはこちらのモデルのご紹介です♪

『Stella(ステラ)74000円+税
b0365069_21231717.jpg
外羽プレーンのスッキリしたモデルです。
一般的に「ダービー」と言われるモデルです。

こちらも画像は同じ靴ですが素材を変えるだけで随分印象が変わります。
特に画像左側のスエード素材のパターンに注目
b0365069_21262264.jpg
ウェルト(コバ)部分が「RIVERSE(リバース」(※オプション2300円+税)と呼ばれる仕様になっています。
「ストームウェルト」と呼ばれる事も御座います。

この仕様は、雨水や汚れがコバの隙間に入りにくくする為の仕様です。
「雨用に1足」とお考えの方はオススメです。

少々コバ回りが厚く見える分、ボリューム感を出したい方にも良いかもしれませんね♪

以上
b0365069_21321362.jpg
b0365069_21322378.jpg
今回は『Turner』&『Stella』の2つのモデルをご紹介しました。
同じデザインの靴でも「色」や「素材」「仕様」を変えるだけで全く違う印象になるのが
何となく解って頂けたでしょうか。

パターンオーダーの楽しみはまさにここに有ります。

限りなく理想に近い1足をお作り頂ける様に全力でサポートさせて頂きますので
初めての方も心配御座いません♪
楽しみながら、あなただけの1足を作りましょう(*´▽`*)


詳しくはホームページをご覧ください
http://www.brosentshoes.com/

〒153-0063
東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT  

※水曜日が定休日になります


by brosent | 2016-04-22 11:00

BROSENT SHOES 『VicKEy』

こんにちは。BROSENTの本間です。

少しずつですがブログを始めてみようと思います♪

それでは、記念すべき初回にご紹介する商品はこちらです。

「BROSENT オリジナルシューズ 『Vickey』です。

BROSENTの靴には一つずつモデル名が付いています。

このモデル名は、イギリス女性の名前をモチーフに付けられました♪
少しずつ紹介していきますのでお楽しみに☆

それでは「Vickey」とはどんなモデルなのか?

こちらで御座います。
b0365069_13523806.jpg
「ん?クォーターブローグ・・・かな(・・?」と思われますが正面から見てみましょう♪
b0365069_13552768.jpg
如何でしょうか♪お気付きですか?

そうです!キャップ(つま先デザイ)が斜めに入っている珍しいモデルです♪

日本でもチラホラと見かける程度なのでは(・・?

BROSENTではこの様な少し変わったデザインの靴も取り揃えています♪

そして、カラーリングに関しても画像の左「ヌメ革」から1足ずつ手染めで仕上げていきます。

他の『Vickey』のカラーリングパターンもお見せいたします♪
b0365069_14003966.jpg
如何でしょうか♪

こんな感じで皆様のお好みの色になるべく近づけてお渡し致します☆

すべてパターンオーダーシステム方式の受注となりますが、気になるお値段は(・・?
b0365069_14030230.jpg
少し高い(・・? いやいや!実はそうでもありません!!

と、言うのは

1、レザー アノネイ
2、レザーソール レンデンバッハ
3、手染め セット料金に含まれます

上記の高級部材&フリーカラー(手染め)でこの価格ならご納得頂けますでしょうか?

他のモデルも是非見て頂きたいので是非BROSENTにご来店下さいね☆


〒153-0063
東京都 目黒区 目黒3-12-3 松田ビルB1F
03-6886-1660
BROSENT




by brosent | 2016-04-18 14:08